三島市観光PRキャンペーンブログ

  アイラブみしまキャンペーンのナビゲーター   topページ > スタッフ日記  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成!】ラーメンマップが出来上がりました!

2013 - 03/29 [Fri] - 18:00

お別れの挨拶が済んだ後で恐縮ですが・・・


皆様お待たせいたしました!

ついに我々2012年度アイラブみしまスタッフが精神誠意つぎ込んだ意欲作。

アイラブみしまラーメンマップ『みしまラーメン戦国時代』がとうとう完成致しました!!!

ラーメンマップ

当初は3月初旬の配布を目指していたのですが、より良いものをお届けしたいという思いから、
制作に時間をかけてしまいました。

しかし!!!

肝心の内容の方は、一切の妥協はありません!

世に出回っているラーメン雑誌のクオリティに加え、より地域に密着したお店のご紹介、そして簡単ではありますが、市内の観光マップの機能も兼ね備えた自慢の一冊となっております。

実際に配布が行われるのはあと一週間程度お時間を頂きますが、ひとまずお先に、ダウンロード版の配布を開始しようと思います。
下記のリンクを「右クリック⇒保存」でダウンロードが可能です。

みしまラーメン戦国時代    ←クリック!

アイラブみしまによる、渾身の一冊!

是非お手に取ってご覧になっていただければ幸いです。


配布先は・・・

三島市役所商工観光課:静岡県三島市北田町4-47

三島市観光協会:静岡県三島市一番町17-1

三島商工会議所:静岡県三島市一番町2−29

を予定しております。

詳しいお問い合わせは

三島市役所商工観光課
    〒411-8666
          三島市北田町4-47<三島市役所大社町別館>
    電話 055-983-2656
    http://www.city.mishima.shizuoka.jp/sosiki_shousai05046020000.html

までお願いいたします。

それでは、皆様が楽しいラーメンライフを送られますように・・・

また逢う日まで、さようなら!



スポンサーサイト

それではみなさま…

2013 - 03/29 [Fri] - 17:10

皆さんこんにちは

三嶋大社の桜は、4月を待つことなく満開を迎え、ハラハラと可憐に舞い始めました。


CIMG7847_web.jpg  
CIMG7852_web.jpg CIMG7841_web.jpg CIMG7835_web.jpg


今日はいよいよ、平成24年度の最終日。
私たち今年度のアイラブスタッフがブログを更新するのも、今日が最後となりました。

4日間に渡りお届けした「総集編」はお楽しみいただけましたでしょうか。

ブログ記事でお伝えしましたとおり、この1年間、本当に充実した活動をさせていただくことができました。
活動期間中にお世話になりました皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです
心よりお礼申し上げます。

また同じく、今日、区切りの日を迎える方も多いかと思います。
皆さんにとっても、素敵な門出になりますように



それでは…、
アイラブみしまキャンペーンは、明日からしばらくの間お休みさせていただきます。
そして、準備が出来次第、新生アイラブみしまから新しい情報をお届けします


お別れは寂しい…ですが、新たな出会いを楽しみに…


1年間、どうもありがとうございました


CIMG7858_web.jpg



2012年度アイラブみしま総集編 ~ 冬 ~

2013 - 03/28 [Thu] - 14:28

と振り返ってきた、この2012年度アイラブみしま総集編、いよいよ最後のシーズン冬編となります。
これを書き終えたらいよいよ我々も卒業・・・となると寂しい思いがしてきましたが、最後まで明るく元気よくいきましょう!!!
それでは、冬編スタート

2013年1月、新年を迎え、気持ちも新たに事業のラストスパートを迎えた我々。
柱となる事業は『みしまラーメンマップの制作』『三島ブランド特集』の二つ。

mbrand_title.jpg mbrand_title.jpg

『みしまラーメンマップの制作』に関しては、昨年行った市内ラーメン店に関する聞き取り調査の結果に基づいて、人気店舗20店を選出し、取材を行いました。
一日に最大6店舗、さすがに胃袋がおかしくなるのではないかと思った時もありましたが(汗)、市内のラーメン店の味の豊富さと、ラーメン店を経営する方々の熱い思いに押され、無事に滞りなく取材を終えることができました。

mbrand_title.jpgmbrand_title.jpgmbrand_title.jpgmbrand_title.jpg
mbrand_title.jpgmbrand_title.jpgmbrand_title.jpgmbrand_title.jpg
mbrand_title.jpgmbrand_title.jpgmbrand_title.jpgmbrand_title.jpg
mbrand_title.jpgmbrand_title.jpgmbrand_title.jpgmbrand_title.jpg
mbrand_title.jpgmbrand_title.jpgmbrand_title.jpgmbrand_title.jpg


取材終了後は集まった資料をもとに、ラーメンマップの制作と並行して『市内ラーメン食べ歩きブログ』を立ち上げました。↓クリック!

mbrand.jpg

こちらのブログでは、ラーメンマップ冊子に載せきれなかった、オススメのメニューやラーメンにかける思い、お店の歴史などを詳しく掲載させていただきました。
今まで知らなかったお店の情報を知ることで、今までそのラーメン店を知らなかった方には興味を、知っている方にはより一層愛着を持ってもらえたのではないかと思います。

ご協力していただきました店舗の皆様には厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました!


ブログが完成すると、今度は告知のための準備!
これまでにもお歳暮セット販売促進のため新聞に登場したり、テレビに登場したりと、様々なメディアを通してアイラブみしまのアピールを務めさせていただきましたが、ラーメンマップに関しては、なんとテレビCMまで放映されました!
そして、さらにはFM77.7 VOICE CUE「ぴたっと。みしま」にも出演!
voicecue.jpg
IMG_1269.jpg CIMG1090_web.jpg
MCままさちこさん、三島市の人気キャラクターひさぴょんとの共演も果たしました。

さらには修善寺~三嶋大社間のハーフマラソンの大会である、『伊豆マラソン』にも告知のため出展。
IMG_1217.jpgIMG_1193.jpg

ラーメンマップ完成告知のチラシと合わせて、アイラブみしまオリジナルの美濃焼ラーメン丼とレンゲが当たるスクラッチカードキャンペーンを実施しました。
ドンブリ・レンゲ スクラッチ1
こちらのキャンペーンも驚くほど大盛況を頂きまして、一時は対応が全く追いつかないほどに...
たくさんの皆様のご来場ありがとうございました。

肝心のラーメンマップ完成時期ですが・・・大変お待たせして申し訳ありません!
3月中には完成し、4月から皆さんの手に取ってもらえるかと思います。
その代わり、内容は無料配布とは思えない大変充実したものになっていると自負しております。
今しばらく、首を長くしてお待ちください!



『三島ブランド特集』では、昨年末に「三島ブランド」とタイアップして行った「アイラブみしまオリジナルお歳暮セット販売」にて取り扱った商品を中心に、三島ブランド認定品をアイラブみしま目線で取材・紹介させていただきました。↓クリック!
mbrand.jpg

三島ブランドとは・・・

 三島における「特産品」や地域素材・技術を活かした「隠れた逸品」、
 魅力ある「観光資源」など全国に誇り得る三島の優れた資源を発掘し、
 それらを地域ブランドとして三島商工会議所が認定したもの。


我々アイラブスタッフも、日頃、三島ブランド認定品を目にしたり、食したりする機会はありましたが、実際に取材に出向き、どんな環境で、どのように作られているのか、どんな思いが込められているのかを知ることで、より商品に対する愛着や理解も深まりましたし、三島の素晴らしさを再認識する良いきっかけにもなりました。

自分で食べているものがどんなものであるのか、また、人に贈る際にも、どういったものを贈っているのか、知っていただくことで皆さんの三島に対する思いも深まることと思います。

ぜひ、こちらの特集ページをご覧になっていただき、我が三島が世界に誇る商品を知っていただければ幸いです。

また、当キャンペーンのお歳暮セット販売は終了しておりますが、今後は三島市商工会議所から発行されている『三島ブランド紹介カタログ』にて同様の商品を
"お中元"受付期間:5月1日~6月15日,発送時期:7月上旬
"お歳暮"受付期間:10月1日~11月15日,発送時期:12月上旬
の時期に受付・販売されることとなりました。

詳しくは
三島市商工会議所
 TEL 055-975-4441
  http://www.mishima-cci.or.jp/

にて、下記のカタログをお手に取ってごらんになってください。
IMG_2052.jpg



それでは、日々の活動も振り返っていきましょう~

まずは1月

lovemishima2013.jpg

新年2013年を迎え、三嶋大社に初詣に行きました。
毎年約60万人を数える参拝者が訪れる県内有数の神社として知られる、三嶋大社。
今年もたくさんの人たちで賑わっていました。
IMG_0017.jpg IMG_0022_20130107175114.jpg CIMG0003.jpg CIMG0023_web.jpg

三島の観光名所は三嶋大社だけではありません!
新しい名所が次々に生まれてきて、新しい風を舞い込んでくれています。
二つの新しい目玉観光スポットに取材に行きました。

まずは塚原新田『伊豆フルーツパーク』のオープン。
観光農園だけでなく、ドライブインの機能も兼ね備えた複合施設は、環状線の連結に伴って、三島の観光に力を発揮してくれることでしょう。
IMG_0427_web.jpg IMG_0497_web.jpg IMG_0555_web.jpg DSC_0151_web.jpg
IMG_0473_web.jpg IMG_0560_web.jpg CIMG0639_web.jpg IMG_0579_web.jpg

そして2015年完成予定の『箱根西麓三島大吊橋』
変換 ~ 吊橋イメージ図
人道大吊橋日本最長となるこのビッグプロジェクトを打ち上げた『フジコー』開発事業部の皆さんに取材を敢行しましたよ。この記事はPart1~Part4までの大型特集となりました。
完成予想図 変換 ~ 吊橋外観 IMG_0101_2.jpg IMG_0140.jpg


また、上記の通り三島ブランド認定品の紹介に力を入れていたアイラブみしま。
田村商店から発売された「箱根西麓牛」や「三島馬鈴薯」をはじめとした三島西麓野菜をふんだんに取り入れた特製プレミアムカレー『箱根西麓三島野菜カレー』の取材にも伺いました。
プレミアムカレーパッケージ2 

パッケージのデザインから、箱根西麓牛の牧場まで、様々な現場を体験させていただきました。
CIMG9272_web.jpg DSCF3563.jpg DSCF3555.jpg DSCF3552_20121214154141.jpg

また、楽しく記事を読ませていただいてる「しずふぁん!!運営事務局」のKANAさんともお会いすることができました。
CIMG9298_web.jpg

ブラジル家庭料理『レカント』、自家農園の野菜を使った野菜ダイニング『あぐり』にも行きました。
『レカント』で食べる初めてのブラジル料理は今まで食べたことのない新鮮な味わいで、一気に好きになってしまいました!
IMG_0184_20130110161737.jpg IMG_0187.jpg
『あぐり』の食材はどれも採れたてで輝いており、その優しい味わいに感動を覚えました。
IMG_0747.jpg IMG_0770.jpg

食べてばかりじゃいられない!芸術にも触れますよ~
さんしんギャラリー善にて開催していた『中畝常雄・治子~二人展~』の鑑賞にも行きました。
IMG_0070_R.jpg IMG_0081_R.jpg
共に日本画を学んできた中畝夫妻。ベースは同じでも、常雄氏は郷愁感の漂うやさしい風景画を、治子氏は人物のしぐさに着目した可愛らしい作品を描かれており、その対比がとても印象に残りました。

そして、新年と言えば成人式
今年も多くの若者が晴れ着を纏い、新成人の門出の日を喜び合っていました。
またこの日、スタッフのらんなーM「三島成人式記念駅伝大会」にも参加していました!
IMG_0051_20130115160110.jpg IMG_0057_20130115160125.jpg IMG_0022_web1.jpg IMG_0018_web.jpg



続いては2月

三島駅南口が生まれ変わりましたね。
三嶋大社をモチーフとしたデザインも新たなものに生まれ変わり、耐震補強と混雑回避のための改良がおこなわれました。
new station IMG_0385_20130205172722.jpg IMG_0386.jpg

新しくなるものがあれば、無くなっていくものもある・・・諸行無常の悲しさですね。
2月末日をもって、せせらぎ一服処源兵衛川店が休業となりました。いつもお世話になっていた場所なので、寂しさもひとしおです。今まで本当にありがとうございました。
6-6 039

そしてお勤めが終わったものには、感謝の意を表し、奉るのが日本人。
2月8日針供養の日。三嶋大社にて、折れ・曲がり・錆びなどによって使えなくなった古い縫い針を供養し、近くの神社に納める行事、針感謝祭が行われましたよ。
DSCF4640.jpg DSCF4641.jpg DSCF4655.jpg

寒い時期には体調も崩しがち・・・
アイラブみしま事務局のある事業所内はインフルエンザが蔓延!
スタッフらんなーMも人生初のインフルエンザに掛かってしまいました。
しかしそこから立ち上がって『伊豆マラソン』出場、世代別3位入賞を果たしました!
おめでとう~おめでとう~
IMG_0626_web.jpg IMG_0629.jpg P2170206_web.jpg IMG_1224_web.jpg

運動の後にはお腹が減る~!!!
2月もたくさんおいしいものに巡り合いました。

まずは販売計画当初から取材をさせてもらっていた『箱根西麓三島野菜カレー』の試食会に参加してきました!ごろっと大きく入った具材に市長も舌鼓♪
DSCF4584.jpg DSCF4721.jpg DSCF4589.jpg

市内のお店では・・・
リバーサイドガーデン・フォーシーズンにて、フルーツたっぷりのソースとさっくり食感のワッフルを。
IMG_0457_20130212110407.jpg IMG_0922.jpg IMG_0925.jpg IMG_0908.jpg

Restaurant Jun[レストラン・ジュン]では、丁寧な仕事が垣間見える洗練された洋食を。
1-IMG_1312_R.jpg CIMG1055_R.jpg 1-IMG_1308_R.jpg 1-IMG_1281_R.jpg

味彩 たまるやでは、心と体に"ほっ"とやさしい和食を。
DSCF4821_web.jpg CIMG1079_web.jpg IMG_1379_web.jpg IMG_1388_web.jpg

フランスのごはん Creamでは、毎日楽しく気軽に食べられるフレンチを。
IMG_0676_R.jpg IMG_1450_R.jpg IMG_1460_R.jpg IMG_1413_R.jpg

どこのお店も素敵で美味しかったなぁ・・・ご馳走様でした



厳しい寒さを乗り越え、小春日和の続く3月を迎えました
市内各所で梅・桃・桜が花開き、春の喜びを色鮮やかに彩ってくれていますね。
我々アイラブスタッフも上岩崎公園三嶋大社・妙法華寺をはじめとした寺社など、お花見スポットを回り、開花状況をお伝えしてきました。
変換 ~ JPEG Image (51078) 変換 ~ JPEG Image (52048) IMG_0735.jpg
IMG_1844_web.jpg IMG_0882_web.jpg 変換 ~ JPEG Image (59520)

現在は市内各所満開となっていますね!
直近の市内各地の開花状況は
市内桜の便り:三嶋大社 昼
市内桜の便り:三嶋大社 夜
市内桜の便り:長伏公園
市内桜の便り:遺伝学研究所
をご覧になってくださいね!

美しい桜並木を歩いていると、、、そう。
そうなりますよね。
アイラブスタッフなら、なおさら。

より団子

ということで、お団子の美味しいかわい米やでお団子をたくさん買った日もありました。
IMG_1636_20130305174715.jpg IMG_1638.jpg IMG_1624.jpg IMG_0798.jpg

春はイチゴがおいしい季節!今しか食べられないおやつを!
ということで、甘味茶屋 水月ではいちご大福をたくさん買った日もありました。
IMG_1724_R.jpg IMG_1731_R_20130308170904.jpg IMG_1733_R.jpg IMG_1735_R.jpg

大場川沿いの春の陽気な眺めを楽しみながらスッキリした味わいの蕎麦を食べられる、この時期には最高のお店夏梅木にもお邪魔しました。
変換 ~ IMG_1769 変換 ~ IMG_1776 変換 ~ IMG_1748 変換 ~ IMG_1751

お手軽な価格で本格インド料理が食べられるJEETにもお邪魔しました。ナンを焼いているところも見学させてもらいました。
IMG_1808_R.jpg IMG_1816_R.jpg IMG_1802_R_20130314145840.jpg IMG_1793_R.jpg


こんなに美しい場所や美味しいものがたくさんあることを、世界の皆さんにも知ってほしい!!!
ということで、台湾の旅行会社や旅行雑誌などのメディアの方々をお招きして、三島のことを案内した日もありました。
変換 ~ IMG_1640 変換 ~ IMG_1645 変換 ~ IMG_1655 変換 ~ IMG_1667
変換 ~ IMG_1696 変換 ~ IMG_1711 変換 ~ IMG_1706 変換 ~ IMG_1718

三嶋大社・楽寿園・源兵衛川・めんりすと、全ての場所で台湾メディアの皆さんは楽しんでおられたように見えましたが、どうだったでしょうか?
きっと、この小さな範囲の中でも多様な面白さを発見できる三島のことを好きになってくれたと信じています。



駆け足で今年の一年を振り返ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

私たちアイラブみしまスタッフは、今年度一年間、本当に様々なことにチャレンジし、それぞれの強い思いを持った方々と出会い、実にいろいろな場所に行き、身も心も常に三島を飛び回っていたように思います。

人生においてこの一年間はとても貴重な時間でした。

文化・街・そして、人。

すべてが脈々と繋がっていて『今』があるということを、これほど意識させられた時間は、今までの人生にはありませんでした。
非常に貴重な時間を、三島市民の皆様、三島を愛する全ての方々と共有させて頂いたことに感謝いたします。

本当にどうもありがとうございました。

こんなにも大好き三島のことを考えて記事を書いているのですが、明日でこの任も最後となります。

明日はスタッフ一同元気よくお別れのご挨拶をさせていただこうと思っている次第ですので、最後までお付き合いくださいね。



2012年度アイラブみしま総集編~秋~

2013 - 03/27 [Wed] - 17:03

春、夏と続き、巡ってくる季節といえば
皆さんは、どんな秋を過ごされたのでしょうか?
スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋などなど。
様々な顔を見せては私たちを楽しませてくれる秋。

アイラブみしまにとってのは秋といえば、寂しい別れが一つありました。
今まで共にアイラブみしまを盛り上げてきたスタッフの一人であるmahalohaの卒業。
2011年度から加算すると約1年間、本当にお疲れ様でした。

そんな名残惜しい別れに気持ちも沈みそうになりましたが…。
別れがあれば出会いもある!
新メンバーみつりんが加わり、気持ちを新たに残り半年も激走です

ということで、今回は秋(10月~12月)を振り返りたいと思います。


・・・・・・・・・・

さて、残暑が薄れ、秋の訪れを少しずつ感じ始めた10月。
現在、完成に向けて作業中のラーメンマップですが、この月に作成の発表をしました。
あわせて、様々な場所でアンケートも実施。
ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

CIMG7866_web.jpg IMG_6632_web.jpg CIMG7867_web.jpg
DSC_1555_web.jpg CIMG7927_web.jpg CIMG7929_web.jpg

10月から11月にかけてフリーマーケットみどりまつり大通りまつりなどのイベントの他に、市役所や企業、教育関係機関にもご協力いただき、たくさんの情報と意見を得ることができました。
あとは完成だけです…楽しみですね


・・・・・・・・・・

ラーメンのお話をしていたら、お腹が空いてきましたね
食欲の秋とも言われる季節ですから、次は私たちが取材してきたみしまの美味しいグルメについて振り返りたいと思います

IMG_0092_20121001153749.jpg CIMG7565.jpg CIMG7718.jpg IMG_6684_web.jpg
IMG_7031.jpg IMG_7088.jpg CIMG8671.jpg DSCF3387.jpg
変換 ~ IMG_7690 DSCF3780.jpg CIMG9885_web.jpg IMG_8171_web.jpg
クリックすると各々店舗の記事に飛びます。)

嬉しいことに、「アイラブみしまの記事を見てお店に来ました」、なんておっしゃる方もいらしたそうです。
拙い文章なりに、各々の店の良さや私たちが味った美味しい!という感動が伝われば幸いです
どうぞ、ご参考にしてください。


・・・・・・・・・・

この他にも、三島市にはまだまだ素敵なお店がたくさんあります。
紹介しきれないことが悔やまれてならないのですが、三島市はお店だけじゃない!と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
三島市といえば、水、うなぎ、三嶋大社…そう大社です!
三嶋大社も勿論のことですが、三島市には歴史ある神社仏閣が多く存在します。
ブログの中でも、その一部を取材しご紹介させていただきました!

CIMG7756_20121015134233.jpg DSCF2901_20130323163634.jpg DSCF2908.jpg

たとえば、大社に負けぬ深い歴史がある沢地 龍澤寺や悲しい言い伝えが残る言成地蔵尊鼻取り地蔵が鎮座していらっしゃる光安寺パート1パート2と続く長編となりました。
長い歴史を紐解き、ご紹介するにはブログの文面だけでは足りないのかもしれませんね。


神社仏閣に見ても、歴史あるまち三島。
しかし、のどかで風流のあるまちであったとしても、過去の栄光が光るだけのまちではありません。
新しい開拓も続々とされています。

皆さんの記憶にも新しい、今年1月19日にオープンした伊豆フルーツパーク
皆さんはもう行かれましたか?昨年の11月頃はこんな感じだったんですよ~。

CIMG8115.jpg CIMG8097.jpg CIMG8093.jpg

ほかにも真新しい出来事といえば、三島青果市場の移転がありましたね~。
富士山が見える眺望のきいた場所に移転し、さらなる三島市の発展に一役買うのではないかと期待されています。

IMG_0630.jpg IMG_0619.jpg IMG_0617.jpg



・・・・・・・・・・

新しいことへの試みといえば、私たちアイラブみしまでもこの秋実施しました。

お歳暮表

三島市の特産品、三島ブランドのみを使用したアイラブみしまオリジナルお歳暮セットの発売!
市外の方、県外の方に三島市を知ってもらえる良い機会ということで、三島市民の方はもちろんのこと、市外の方からも多く注文も承りました。


DSCF2629_R.jpg 写真

メディアにもたくさん取り上げていただき、そのかいもあってオリジナルお歳暮セットは無事完売
さらに予想以上に好評をいただきまして、当初の販売数250セットを上回る353セットという結果となりました!!
大きなトラブルもなく、「美味しかったから、また食べたい。どこで買えるの?」という嬉しい問い合わせなんかもありました
贈られた方、頂いた方双方が気持ちの良い贈り物になったのではないでしょうか?
三島市にはこんな美味しいものがあったのか!と思ってくだされば、私たちスタッフだけではなく生産者の方、販売者の方々もこの上ない幸せだと思います。
ご協力いただいた皆さま、またご注文いただいた皆さま、誠にありがとうございました。


そして、オリジナルお歳暮販売と発送が一息ついた12月下旬。
お歳暮で三島ブランドを知ったという方もいらっしゃったようで、これを機会にたくさんの方々に知ってほしいと思い立った私たちアイラブみしまスタッフは、オリジナルお歳暮セットで縁があった方々を中心に取材し、ご紹介することにしました!

IMG_5924.jpg CIMG9208.jpg DSCF3419.jpg CIMG7488.jpg

特設ページも出来上がり、随時情報を更新しております。
気になる方はチェックしてみてくださいね。


三島ブランド』と言われてもピンとこない方でも、『みしまコロッケ』と言われればひらめく方はいらっしゃるのではないでしょうか。
今ではテレビでも引っ張りだこのみしまコロッケ
こちらも三島ブランドに認定されているものの一つですが、メディア露出はもちろんのことながら、販売促進もされてきました。
認定を受けたお店以外にも、昨年10月下旬から静岡県東部のセブンイレブンで販売されていましたよ~。

DSCF2876.jpg DSCF2875.jpg CIMG7963.jpg

みしまコロッケ以外にも、忘れてならないのが『みしま甘藷』!!
11月24日には、7回目となる「甘藷まつり」が催されました。

甘藷祭り 101015205734jdm2.jpg IMG_0458.jpg

伊豆箱根鉄道では、『三島ブランド列車』が発車していましたよ~。

CIMG8131_R.jpg CIMG8156_R.jpg DSCF3045.jpg

めざましく三島ブランドのPRがなされ、たくさんの方の笑顔が垣間見えた昨年度秋。
しかし、ここで三島通の方は思うかもしれません…。
どこにも秋らしい三島ないじゃない!!」と!!
そんな方へ、彩り豊かな秋の三島市を振り返りたいと思います。


まず最初に、秋に花を咲かして皆さんの目を楽しませてくれる、あの祭りから。

IMG_6893.jpg IMG_6951.jpg CIMG8443.jpg

楽寿園で10月30日~11月30日まで催されていた『菊まつり』です!!
フライングをして、まだ菊の花が咲く前に訪れるアクシデントもありましたが、後日再度訪問して綺麗咲き誇る菊の花を激写することができました。
その模様を記した記事がコチラ
毎年菊まつりを大いに盛り上げてくれる大型盆景は圧巻の一言でした。


学生の秋と言えば学園祭
三島市内でも「日本大学国際関係学部」で、『富桜祭』が催されました!!

IMG_6721.jpg IMG_0313.jpg DSCF3011.jpg IMG_6842.jpg

今年は地域に密着した大学祭を目指したそうで、出店の中には「みしまプリン」なども販売されていました
国際関係学部らしく様々な国の料理を扱う出店が多く立ち並び、気持ち良いほどに活気に溢れていましたよ。


この他にも、様々な場所に取材に赴き、秋を激写
特に三嶋大社にはたくさん取材させていただきました。
で賑わう三嶋大社の様子や新嘗祭、年末には注連縄を作る様設置に至るまでお伝えしました。

CIMG8551.jpg IMG_7359_R.jpg IMG_0906_R.jpg IMG_7954.jpg

最後に、三島市の秋と言えばコレ!といったもので締めくくりたいと思います。

image_20121126174716.jpg image1_20121126174715.jpg IMG_7430.jpg

秋の風物詩のイチョウ並木と、おまけに冬の風物詩である大根干しも!


やはり最後は三島市内でもっとも秋を感じることができるイチョウ並木ですね。
私たちアイラブみしまがこの秋の10月~12月にかけて印象的だったのは、オリジナルお歳暮セットの販売でしたが、皆さんはいかがだったでしょうか?

さて、残すところは『』だけとなってしまいました。
とっても寂しいですね…
そんなしんみりとした雰囲気に負けず、最後までアイラブみしまらしく元気にいきたいと思います!!

次回は『2012年度アイラブみしま総集編~~』
お見逃しなく

2012年度アイラブみしま総集編~夏~

2013 - 03/26 [Tue] - 14:25

2012年度アイラブみしま総集編、です!
アイラブみしまにとっては、本当に熱い夏となりました

この頃になると、お陰さまで取材に慣れてきまして
いろいろなところに出向き、三島の情報をお伝えしてます。


そろそろ暑さも本番
大人たちが飲みたくなるのは…ビールです
楽寿の森ビアガーデンのオープニングレセプションに出席し、
楽しいビアガーデンの様子をお届けしました。
農兵節_web 農兵節_web
楽寿園の緑の中での気持ちいい空気と、冷たいビールが最高でした!

『三島フードフェスティバル』も、とっても賑やかでしたね
この記事は超大作、3部構成〈Part1Part2Part3〉でお届けしました。
農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web
三島には美味しい食べ物がたくさんある!と実感したイベントでした。

そんなこんなのうちに、『同窓会応援キャンペーン』の受付が終了。
どんな方に当たるのかな…?
お楽しみに

三島の伝統技術を学んだりもしました。
『遠州屋染店』さんの、粋な職人技!
農兵節_web 
三島の夏に欠かせないアイテムです。

御神輿を見られる!と聞いて、
『八坂大神町内安全疫病消除祈願祭』にも出向きました。
農兵節_web 農兵節_web
荘厳な雰囲気の神事と、活気あふれる御神輿が対照的で、目に焼きついてます。

グルメ情報もたくさんお届けしましたね
『キッチン ピコちゃん』 『味処 麦』
そして、三島の夏を語るために忘れてならなグルメは、鰻です
『山本実生商店』で鰻の生産について学び、
『鰻工房 竹屋』で美味しくいただきました
農兵節_web 農兵節_web


夏まつりの取材が本格化してきたのも、7月でしたね
『三島夏まつり応援ぶろぐ』で、
たくさんの団体をご紹介させていただきました。
アイラブみしま 三島夏祭り応援ブログ 
農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web
農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web
三島っ子の熱い心意気を感じ、スタッフも負けじと取材を続けましたよ!
取材にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました


8月に入ると、スタッフの冒険欲が急増!
『山中城跡 散策』は超大作の3部構成〈Part1Part2Part3
農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web
私たちの住む三島に、こんな壮大な歴史を感じられる場所があったとは…
改めて感動しました。

『中郷温水地』のレポートもお届けしました。
農兵節_web 農兵節_web
今ではすっかり元のようにステキな場所に戻り、市民の憩いの場としても親しまれています


そしてそして、三島の夏はなんと言っても『三島夏まつり』でしょう!
アイラブスタッフ、「暑中見舞いはがき抽選会」「夏まつり取材」で燃え尽きました~
農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web
三島夏まつりの様子は、「公式ブログ」「三島夏まつり応援ぶろぐ」でお伝えしてます。

また、夏まつり期間中には『同窓会応援キャンペーン』に応募してくださったかたがたの同窓会も開催され…、当選者の皆さまから続々とご報告メールをいただきました
農兵節_web
いくつになっても…同級生っていいものですよね

夏まつりで燃え尽きたかと思いきや…
スタッフの冒険心はとどまることを知りませんでした
静かで涼しくて気持ちの良い時間を過ごせる場所を求め、
『市内周辺納涼巡り(番外編)』へ。
さらには、『まだ見ぬ三島を探して』三島の郊外へGOGO
農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web
三島って…ひ、広い
山道に打ちのめされたスタッフでした。


そして、そんなやんちゃなスタッフを支えてくれた真夏のグルメはこちら
『甘味茶屋 水月』 『キッチン ピコちゃんパート2』
『中華DINING 天鳳』 『キッチン ピコちゃんパート3』
『blueberry』
農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web
ピコちゃんの大ファンになってしまったスタッフ、通いつめました
激辛麻婆豆腐も美味、暑い季節に熱いものを食べる!サイコーです!


9月に入ると…まだまだ気温は高いのですが、なんとなく気分は
芸術や文化に親しみたくなります。

三島は文学の宝庫でもあります。
『三島 水辺の文学碑』をご紹介しました。
農兵節_web 農兵節_web
様々な作品が、三島の歴史を感じさせますね。

ふとしたきっかけから、『高橋神社』にも訪れました。
農兵節_web 農兵節_web
自分と同じ苗字の神社があるなんて…!
これはほかの苗字も調べてみたくなりますよね。

芸術の秋は続きます…。
『ハネハンズ革作品展』 『左甚五郎の大黒さま』
『さんしんギャラリー 善-ZEN-』 『Cafe&Gallery RAKU』
農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web
芸術に触れるということは、人の心に触れること。
良い出会いをたくさんいただきました

そして、富士山に魅かれた頃でもありました…
『三島市内で富士山を眺める』絶景スポットをお届けしましたね。
それでは物足りず、宝永山に登ったスタッフもおりました〈Part1Part2
農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web
霊峰富士…いつまでもその美しい姿を見られることを願います

嬉しいお祝いごとにご一緒させていただいたのは、こちら!
『祝!! せせらぎ一服処 12956人目ご来店☆』
農兵節_web 農兵節_web
いつもお世話になっていた一服処さん、2月いっぱいで休業となりましたが…
素敵な出会いをありがとうございました。

9月も引き続き、三島の美味しい食べ物をたくさんご紹介しました。
『みしまるくん銀杏サブレ & みしまるこちゃん三島桜サブレ』
『三島ざくら』 『源兵衛川ロール』
『茶房 廣』 『彩食 茶の間 Coo 』
農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web
農兵節_web 農兵節_web 農兵節_web
ついに、みしまるくんとみしまるこちゃんがお菓子に…!
三島の名所にちなんだお菓子も美味しかったですよ
昔ながらの喫茶店も、美味しいランチも、まだまだ発掘できそう



怒涛のように過ぎ去った…でしたが、
三島市民の皆さんとたくさん触れ合うことのできた、充実した季節でした。
ありがとうございました


そして、季節はすっかり秋に突入です

2012年度アイラブみしま総集編~~ に続きます。
お楽しみに~

2012年度アイラブみしま総集編~春~

2013 - 03/25 [Mon] - 14:21

皆さんこんにちはいかがお過ごしですか
気が付けばあっという間に3月の下旬ですね。
気持ちの良いお天気が続き、桜も見頃を迎えています
そんな春の陽気とは裏腹に、ちょっぴり寂しい卒業シーズンがやって参りました。。。

昨年5月から新メンバーで再出発したアイラブみしまキャンペーンですが、3月いっぱいをもちまして現在のスタッフは卒業いたします。

図1

いつもアイラブみしまキャンペーンをご活用いただきありがとうございます。
また様々なキャンペーンへのご参加、ご協力をいただきまして誠にありがとうございました。


おいしいものかわいいもの美しいもの
魅力いっぱいの三島をより好きになっていただけるよう、少しでも多くの方に伝えられるよう、スタッフも全力でやって参りました。
日々散策に出かけてみると、発信する側である私達も、新しい三島の魅力にふと気づく毎日でした


そんなアイラブみしまの活動を簡単ではございますが、の4季に分けて振り返ってみたいと思います。

題して『2012年度総集編』

アイラブみしまオリジナル暑中見舞いハガキや、三島夏まつり、オリジナルお歳暮セット、また現在進行中のみしまラーメンマップのお話しなど盛りだくさんでお届けいたします。
「懐かしい」なんてものや「これは初めて知った」なんて記事もあるかもしれません。
ご存じの方も初めての方も、どうぞ最後までお付き合いください~

それでは2012年度アイラブみしま総集編~春~のスタートです!!



**********

2012.5上旬

新メンバーを加え『Mahaloha*らんなーM*R.S*落書きっ子』4人で“新制アイラブみしまキャンペーン”がスタート。


まずは三島の街を散策です!
豊かな自然がいっぱいの楽寿園~源兵衛川等~公園巡り。
DSCF8623.jpg DSCF8633.jpg
楽寿園: ガーデンシティ三島の一環でリニューアルされた入園口。


写真 12-05-11 14 02 27 写真 12-05-11 14 19 24 IMG_0047.jpg
左から源兵衛川:三島梅花藻の里:隆泉苑: まだ少し肌寒い5月の水辺。


6-4 007 DSCF9200.jpg CIMG3410_R.jpg
上岩崎公園: マンションの建ち並ぶ街中に大自然が残る公園です。


DSCF8790_20130319132846.jpg DSCF8798_20130319132845.jpg CIMG3537_R.jpg
白滝公園(左,中): めぐみの子が掛け声と共に、湧水を汲みあげてくれる嬉しい仕掛けも。
季節毎に変わる手作りの衣装も見どころの一つですね。
菰池公園(右): ここから湧き出る源泉が桜川となり白滝公園と接します。


三島の豊かな自然を存分に知り、さらに街の散策が楽しくなりました!
ちょっと一休み…なんて公園で休憩している方もたくさんお見かけします。
街中にも自然が溢れているのも三島の魅力の一つですね。




@@@@@@


5月下旬
“三島夏まつり”とコラボレーションした『アイラブみしまオリジナル暑中見舞いハガキ』の発売が決定しました。
暑中見舞いハガキチラシ表_R
市内外のお友達やご親戚宛てに三島からのお便りをだしてもらい、届いたハガキを夏まつり当日に持参して抽選会に参加。
その場で箱根西麓三島野菜や素敵な三島グッズが当たるという企画でした!
発売前から沢山の反響をいただきスタッフ一同感激していました。


@@@@@@


そして食いしん坊であるスタッフ達は三島のおいしいもの特集を始めました。
『アイラブみしま食いしん坊~グルメ特集~』
グルメ図  
IMG_0045_web.jpg 5.16 008_web DSCF9325_R.jpg tamago2.jpg 写真(9)_R DSCF9879.jpg DSCF9096.jpg 6-4 059_web
気になるあのお店を直撃。
三島のおいしいもの情報を皆さんにお届けいたします。
内容も和洋中のみならず、インド料理や素敵なカフェなど沢山の店舗を巡りました。
会社の打ち上げに、お友達とのご飯に、素敵なあの人とのデートに、ぜひぴったりな場所を探してみて下さい。


@@@@@@@@


6月上旬
HP、ブログ、Twitterと合わせface bookでの情報発信も始まりました!
フェイスブック_R
より多くの方に見ていただく機会が増えました。
「いいね!」が増えるたびにまた良いものを書くぞと気が引き締まります。
コメントも沢山いただいてうれしい限りです~!


@@@@@@@@@


社寺にも沢山伺いましたよ!
古く昔に三島は伊豆国に属していました。
伊豆国=一つの国、三島はその中でも国府といわれる都市であったとされています。
重要な都市としても、信仰の地としても栄えた三島には多くの社寺が存在します。
季節毎に違う美しさを楽しめるスポットでもありますね!

DSCF8936.jpg CIMG3774_web.jpg CIMG3773_web.jpg
玉澤妙法華寺(左): 春は桜の名所でもあります。
圓明寺(中央,右): 孝行犬の言い伝えも有名です。


@@@@@@


また市内を探してみるとおもしろスポットも無数にあります!
三島といえば…そう、うなぎです!
DSCF9315_20130322173601.jpg  
DSCF9317_20130322173600.jpg DSCF9312_20130322173600.jpg
うなぎの生態が観察できる『うなぎのお宿』には、数百万匹に数匹しかいないといわれるマダラ模様のうなぎがいるんです!
消費するだけではなく、資源としても大切に守って行きたいですね。


@@@@@@


『三島 街中カフェ』は昨年6月のオープンに合わせ取材を行いました。
6-9 018 6-9 034
6-9 045 6-9 043
1階では三島産の野菜やお惣菜、駄菓子などを販売。
2階は憩いの場としても利用できるカフェになっています。
そして今年2月には2号店もオープン。
地元のお年寄りから要望の多かった、日用雑貨や化粧品などを取り揃えています。
遠出をしなくても必需品が揃うのはとても便利ですね~。



@@@@@@@@@@


暑中見舞いハガキと同様に“三島夏まつり”を盛り上げる『同窓会応援キャンペーン』の受付が始まりました!
チラシ表
夏まつりの期間中に同窓会を開催して抽選で“つまみぐいチケット”が当たる!というもの。
故郷三島で夏祭りと同窓会を一緒に楽しんでもらえるかな?


@@@@@@


湯治場としても知られる“竹倉温泉”にも伺いました。
お湯は赤茶色の鉄泉で別名〝赤湯〟とも呼ばれています。
6-26 017 6-26 016 6-26 031
錦昌館: 1回500円の入浴料が嬉しい。

変換 ~ CIMG4343 変換 ~ IMG_0842 変換 ~ CIMG4361
みなくち荘: 目の前にはのどかな田園風景が広がります。

またすぐ近くには夏梅木川が流れ、その南側には『屏風岩』が続きます。
6-26 042 DSCF9648.jpg 6-26 038
岩面には明治の初め頃に刻まれたという、谷田山の所属についての仲介文があります。



@@@@@@@@


7月初旬
“みしまコロッケのお誕生日(7月1日)”を祝うイベント『ボンジュールみしまコロッケ』に取材に行きました。
またこの日は“三島馬鈴薯の日”でもあるため、取扱い店舗で一斉に販売が始まりました。
tochuken_shop006.jpg 7-5 004 馬鈴薯
DSCF9841.jpg IMG_0078.jpg IMG_0073.jpg
コロッケの無料配布あり、みしまコロッケの曲、“コロッケンロール”のLIVEあり、とイベントは大盛況となりました!


@@@@@@@


5月に発表した『アイラブみしまオリジナル暑中見舞いハガキの引き換え』がスタート!
おかげさまで用意したすべてのハガキが完売いたしました。
暑中はがき-うら 暑中はがき-おもて
三島の風物である農兵節や源兵衛川などもプリントされています。
IMG_1182_R.jpg IMG_1177_R.jpg
*三島市役所商工観光課(大社町別館)と*三島市観光協会(南口 総合案内所)で1週間引き換えを行いました。
お暑い中たくさんの方に足を運んでいただき、本当にありがとうございました。
アイラブみしまスタッフも直接皆さんとお会いできた貴重な機会でしたね!
三島からお届けする暑中見舞い、皆さん素敵なお便りになりましたか~?


@@@@@@


暑中見舞い引き換えも無事終了し、ここからまた三島の散策にでかけますよ~!
7月は市民参加型のイベントもたくさん行われましたね。
6-28 003 IMG_0026.jpg IMG_0050_20120702162229.jpg
富士山開山式: 今年も皆さん無事に登山できますよう、三島大社の神職による安全祈願。
富士山と関係が深い農兵節も披露されました。

CIMG4552_R.jpg CIMG4549_web.jpg CIMG4542_R.jpg
水辺の文学碑:ここの景観は“静岡まちなみ50選”にも選定されています。
三島にゆかりのある文人達の言葉を記した石碑が並びます。
ぜひお気に入りを見つけてみてください~。

向山古墳全景 DSCF9580.jpg 6-26 003
向山古墳群: 消滅してしまったものもありますが、現在までに16基の古墳が確認されています。
古墳群公園として来月4月の開園に向け整備が進んでいますよ。
また市街地と富士山を一望できる眺望スポットとしても有名ですね。


@@@@@@


7月中旬
1ヶ月後の“三島夏まつり”を盛り上げる『三島夏まつり応援ブログ』を開設しました!
アイラブみしま 三島夏祭り応援ブログ
毎年様々なイベントがおこなわれる三島夏まつりの歴史や楽しみ方をご紹介。
また参加する団体に取材を行い、パンフレットでは伝わらない、参加者の生の声をお届けしました!
祭の熱さを凝縮したブログとなりました!


@@@@@@


そしてあっという間に7月中旬
『同窓会応援キャンペーンの締切日』です。
ご応募いただいた皆さんありがとうございました。
tsumamigui_2.jpg
果たして市内の飲食店で使える“つまみ食いチケット”は誰の手に!!

またつまみ食いチケットはJR三島駅南口「三島市総合観光案内所」で常時販売もしています。
三島からの富士山風景写真ハガキもついてとってもお得ですよ~。
三島の散策や観光にぜひご利用してみてくださいね!



**********


駆け足でお送りしました『アイラブみしま総集編~春~いかがでしたでしょうか?
今回は昨年5月上旬~7月中旬までの記事を抜粋してみましたが、春だけでも色々な場所に行き、おいしい食べ物をたっくさんいただきました。
もちろん素敵な方達との出会いもたくさんありました
皆さんの思いでの詰まった土地やもの、風景はありましたか?

1年前と今とではその時その時感じるものも見える景色も変わってくるのでは。。。
なんて浸っていると目がうるうるしてしまう落書きっ子でした!


次回はいよいよ三島に熱い夏がやってきます!
三島っ子の血がたぎる三島夏まつりのお話しも盛りだくさん!

2012年度アイラブみしま総集編~夏~をお楽しみに



旅立ちの時、卒業式です

2013 - 03/21 [Thu] - 10:25

気温がグッと上がり、冬の肌寒さはどこへやら。
春満開!とでもいうかのような温かい日差しに、自然と心踊ります

CIMG7516.jpg


気付けば3月も半ばが過ぎ、新生活の準備に追われている、なんて方も多いのではないでしょうか?
と同時に、一つの区切りを終える方も沢山いらっしゃいます。

春といえば、別れと出会いの季節です。
また、新しいスタートを切る季節でもありますよね。

今まで共に歩んできた友人や先生、校舎との別れ。
新しいことへの期待と、終わってしまう事への心寂しさ。
そして、我が子の成長の証でもある晴れ舞台に涙ぐんで喜ぶ親御さんたち。

3月19日、市内の多くの小中学校で「卒業式」が行われました。

IMG_0901.jpg

当日は前日の嵐が嘘であったかのような、雲一つない青空が広がる快晴。
富士山もみしまの未来を担う子どもたちの門出を祝うように、当日は綺麗な姿を見せてくれていましたよ~

ちなみに三島市内には、14の小学校と7の中学校があります。
今回私たちはその中で、小学校にお邪魔してきました
その様子を写真のみですが、お伝いしたいと思います!


向山小学校

DSCF5068.jpg DSCF5070.jpg CIMG7562_20130319160827.jpg

錦田小学校

CIMG7564_20130319160828.jpg IMG_0905.jpg

東小学校

DSCF5085.jpg IMG_0908_20130319162418.jpg DSCF5083.jpg

午後からは中学校の卒業式。
下の子の卒業式が終わったら、今度は上の子の卒業式だわ~
と、一日中バタバタしていた親御さんはいらっしゃいませんでしたか?

仕事を休んで来てくれたお父さんや、この日のために数日前から準備をしていたお母さん。
普段とは異なる装いに、卒業生たちも心なしか背筋が伸びて、自信に満ち溢れた表情をしていました。
そんな子ども達の表情にホッと安堵し、その頼もしい姿に誇らげな親御さんの様子がとても印象的でしたよ~。
一体式中にどれほどの親御さんが涙を流したのだろうと思うと、おめでとうと拍手され出てきた卒業生や親御さんたちの姿に人知れず心がホッコリしました

ご卒業、おめでとうございます


そんな心温まる卒業式を取材しながら、時の流れの早さに物思いに耽っていた私たち。
なぜなら、「卒業」ということは他人事ではないからです!!

小中学生が卒業をしたように、私たちアイラブみしまスタッフも今月末をもって卒業、退任します。
それに伴い来週は「総集編」と題して、この1年間お伝えしてきた情報をぎゅっと凝縮し、季節ごとに分けて振り返りたいと思います
乞うご期待!お見逃しなく!!



明日は春分の日 -ぼたもちのはなし-

2013 - 03/19 [Tue] - 14:30

こんにちは。スタッフR.Sです。

明日、3/20は春分の日
昼夜の長さが(ほぼ)同じになる日であり、
この日の前後3日間、計7日間のことを"お彼岸"といいます。

日本では「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として知られていますね。

この彼岸の期間に行われる先祖供養を目的とした儀式のことを"彼岸会(ひがんえ)"と言いますが、これはインドの仏教の習慣には無いそうです。

一方、仏教用語の"彼岸"は、人々が欲や煩悩から解放された世界とのこと。


う~ん、どうも「彼岸」という言葉の持つ二つの意味が結びつきが見えてきませんね?


zazen.jpg

この現代の"お彼岸"の風習は、
浄土思想で信じられている、極楽浄土は
「西方の遥かかなたにある(西方浄土)」

という考え方によって結び付けられます。


春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、
日想観(にっそうかん:西方にある極楽浄土の
所在を思い浮かべる修行)を行うには最適

であるとしています。



今、私たちが住んでいる現世は"此岸(しがん)"、欲や煩悩から解放された世界=極楽浄土、すなわち仏となって向かう場所のことを"彼岸"

我々日本人にとっては「仏様=ご先祖様」という考え方があるので、現在の「お彼岸の日はご先祖様に感謝し、供養する」風習に結び付いたと思われます。

では、今日の本題に入りましょう。

「なぜ、お彼岸にはお萩(牡丹餅)を食べるのか?」

ohagi_2.jpg

これには、先に述べた仏教・日想観に加え、民間信仰である"日願(ひがん)"、すなわち、太陽信仰(たいようしんこう:植物の成長に必要な太陽への信仰)や稲魂信仰(いなだましんこう:お米への信仰/五穀豊穣祈願)が関わってくるようです。

春分・秋分は日本古来から非常に重要な節目であり、「日に願う」日願の日。
春には豊穣を祈り、秋には収穫を感謝する日でした。

このお供え物として作られたのが、お萩です。
お萩は秋。
牡丹餅は春。
同じ食べ物でも名前が変わるのは、それぞれの季節に花を咲かせる姿をイメージしたことが名前の由来であるそうです。

お萩は、もち米とうるち米を混ぜて蒸し、米粒が残るように捏ねた後、小豆の餡で包んだもの。

材料となる米や小豆は、秋のお彼岸頃に収穫されたものが使われたので、水分量の多い旬の小豆は皮も柔らかいので、加工の簡単な"つぶ餡"に、乾燥の進んでしまった春には、皮を取り除かないと食べにくかったことから"こし餡"になったという説があります。

しかし、秋には旬の小豆のお萩を供えるというのはわかりますが、春にも旬を過ぎた小豆を使った牡丹餅を供えるのはなぜでしょう?

この問題を解くヒントには、お萩(牡丹餅)の形にあるようです。

古来から、小豆には、その赤色自体に呪術的意味合いがあって、魔除けや穢れ払い、厄除けの祭祀に用いられてきました。
おめでたいことがある日にお赤飯を炊くのも、こういった理由からですよね。

でも、お赤飯ではなく、なぜ団子状のお萩(牡丹餅)が供えられるようになったのでしょうか?

これには、お月見の日に団子を供えるのと同じ理由が垣間見えてきます。

月見団子は満月を模して作られています。

では、お萩(牡丹餅)はというと・・・

ohagi.jpg sun.jpg

いかがでしょうか。

球体の部分が米、そこから発せられる光が餡、太陽に似てはいませんか?

小豆の赤は太陽の放つ光、そしてはその光のエネルギーから得られた産物。
お彼岸の成り立ちに関係している日願=稲魂信仰・太陽信仰と、大きく関わり合いを持っていると言えないでしょうか?

また、先に述べた"日想観"ですが、これを行う方法に、
「心を堅くとどめて乱すことなく、一すじに想いつめて他のことに触れず、こうして夕日がまさに沈もうとして、ちょうど空に鼓をかけたようになるありさまを見る」
とあります。

太鼓のような形をしていて、太陽に似ているもの・・・

これこそ、旬の季節を問わず、お萩(牡丹餅)がお彼岸のお供え物として捧げられている理由かもしれません。


明日はお彼岸の中日、春分の日。

沈む夕焼けを眺めながら、ご先祖様、そして太陽に感謝して、牡丹餅をほおばると、実りある春を迎えられると思いますよ~。


それでは皆様、よい休日を。




◎=マメ知識=◎

江戸後期の国学者 谷川士清(たにかわことすが)編、『和訓栞(わくんのしおり)』によると、「牡丹餅は春の名、夜船は夏の名なり。萩の巻は秋の名なり、北窓は冬の名なり。夜船は着くを知らず、北窓は月入らずとぞ。」とあるそうです。

お萩(牡丹餅)は、餅の様には搗かないことから「着く-搗く」「月-搗き」と言葉遊びになっているようです。
昔の人は粋ですね~。

※今日のブログは広島県普門寺副住職 吉村昇洋さんのブログを参考にさせていただきました。
ありがとうございました。


♡開花状況をお知らせします♡

2013 - 03/15 [Fri] - 17:04

今日はいいお天気で暖かく、過ごしやすかったですね~

春を身近に感じると、そろそろあのことが気になってきますよ
桜の開花状況です


今日はこのお天気に誘われて、市内のお花見スポットの様子を取材してきました。

もちろん…ソメイヨシノはまだ咲いていませんでしたが、早咲きの桜や枝垂桜など、すでに可憐な花を楽しめる木々もありましたよ~

写真でご紹介したいと思います。


上岩崎公園
CIMG7471_web_20130315171909.jpg 
IMG_0849_web.jpg IMG_0850_web.jpg
IMG_0864_Web.jpg CIMG7493_web.jpg IMG_1838_web.jpg 
川沿いが桜並木になっていて、満開の頃はそれはそれは見事でしょうね。
ソメイヨシノはつぼみがふくらみ、今にも開花しそう。
そして、芝生エリアには1本だけ枝垂桜があり、こちらが3分咲きくらいでした。
薄いピンクが可憐でした。


末広山
CIMG7500_web.jpg 
CIMG7508_web.jpg IMG_1844_web.jpg IMG_0882_web.jpg
CIMG7517_web.jpg CIMG7503_web.jpg
こちらも、ソメイヨシノはまだ蕾が固そうです。
早咲きの河津桜でしょうか、満開でした!
濃いめのピンクと葉っぱの黄緑、青空のコントラストがとても綺麗でした!


塚原IC付近からの旧国一

CIMG7527_web.jpg DSCF5035_web.jpg
こちらは車から撮影。
今はまだつぼみが固そうですが、満開の時期は素晴らしい桜のトンネルですね!


谷田桜ヶ丘の桜並木と遺伝研
CIMG7531_web.jpg IMG_1860_web.jpg
こちらも有名な桜並木ですね。
1本だけ早咲きの桜が咲いていましたが、ソメイヨシノはもう少し先のようです。
遺伝研の中は、ちらほらと咲いている木々がありました。
今年の公開も楽しみですね!


向山古墳群
CIMG7545_web.jpg IMG_1869_web.jpg DSCF5059_web.jpg
CIMG7541_web.jpg IMG_0896_web.jpg
IMG_0898_web.jpg CIMG7552_web.jpg
こちらは、今年の4月末に「向山古墳群公園」としてオープンします。
今日も整備が行われていました。
歩道の桜並木はまだつぼみが固そうでしたが、三島市の眺望地点も指定されているので、眺めは最高です。
そして、今は梅も見頃でした。
日々のお散歩コースとして楽しめそうですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


早く咲かないかな

楽しみでたまらない、アイラブスタッフです。

咲いたらお花見に出かけましょう~



春の午後

2013 - 03/13 [Wed] - 17:00

皆さんこんにちは

暖かい午後です
これから、お天気は下り坂のようですが…

CIMG7406_web.jpg
田んぼのあぜ道は、もう春の予感満載です。

3月も中旬になり、いよいよ年度末の慌ただしさが目立ってきましたね。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。





さてさて、近頃アイラブみしまでは、ラーメンマップの作成やら、1年間の活動報告の作成やら、4月以降の引き継ぎ書の作成やら…で、デスクワークが続いておりました

ということは…、はい、
取材に出かけておりません

ついに恐れていたこの日が…
ブログネタがなくなってしまいました

ということで駄文になってしまいますが、どうかお付き合いください

今日は3月13日。
3・1・3 で、『サンドイッチの日』
3で1を挟む…ということだそうです。

ご存知の方もいるかと思いますが、サンドイッチは、英語「sandwich」からの外来語で、18世紀のイギリスの貴族サンドウィッチ4世ジョン・モンタギュー伯の名に由来するのだとか。
サンドウィッチ伯爵はトランプゲームが好きで、ゲーム中でも片手で食事が出来るよう、パンに具を挟んだものを作らせたことから、このスタイルの食べ物が「サンドイッチ」と呼ばれるようになりました。
しかしこの話はゴシップで、サンドウィッチ伯爵がだらしない人物だと思わせるように流されたデマであるとか、一方で伯爵は海軍や政治や芸術に傾倒していたから、最初のサンドイッチは仕事机の上で食べられたのではないかという説もあります。
果たして真相はいかに?
そもそもこの料理は伯爵が生まれる以前から存在しており、当の伯爵はこの料理を開発したわけではありません。
とはいえ、サンドウィッチ伯爵が【サンドイッチ】の由来に関わっていることは間違いないようです。
伯爵は、この料理をよほどお好きだったのでしょうね。


さて、とある調査機関によると、「好きなサンドイッチの具ランキング」アンケート結果は

1位 タマゴ
2位 ハム
3位 ツナ

とのこと。

う~ん、納得がいくような、いかないような?!
みなさんは如何でしょうか?

そこで今日は"アイラブみしま的"に食べたいサンドイッチの具を考案してみました!
三島には美味しいものがたくさんありますからね!
それではいってみましょ~

その1.BLTサンド

B:三嶋ベーコン
L:箱根西麓レタス
T:廣瀬農園のミネラルトマト

「だいいちはむ」で作られている、三嶋ベーコン←詳しくはこちらをクリック
ハーブの香りがほんのり漂うベーコンをカリッと焼いて脂を落とし、そこに味が濃く食感も良いと評判の箱根西麓レタスと、海洋深層水で育てられた廣瀬農園のミネラルたっぷりのフルーツトマト、その名も"ミネラルトマト"をサンド!
プロの料理人は、BLTサンドにおけるベーコンは、生でも焼いたものでも構わないが、他の食材の風味を"支える"ために、質の高い肉を使うことをすすめているそうですので、この組み合わせは確実にベストマッチ!

その2.タマゴサンド

三島ブランドに認定されている"日の出たまご"←詳しくはこちらをクリック
箸で持ちあげられる程しっかりとした、日の出の様に鮮やかな橙色の黄身とプリプリの白身が人気の卵ですから、サンドイッチにすれば、その濃厚な味わいと、プリッとした食感に、きっと大満足!


その3.カツサンド

これまた三島ブランドに認定されている"箱根山麓豚"←詳しくはこちらをクリック
繊維質が細かく歯切れの良い食感と、臭みのなく甘みの強い肉質は、カツサンドに絶対に合うはず!
出荷量全国2位を誇る、箱根西麓三島野菜"三島キャベツ"の千切りと一緒に挟めば、三島カツサンドの出来上がり!


う~ん、我ながら美味しそう・・・
おいしいものがなんでも揃う三島ってありがたい場所ですね。

もっとお手軽に三島のサンドイッチを味わいたいという人は、三島駅北口にある"箱根ベーカリー"を利用されてはいかがでしょうか?

箱根ベーカリーでは、現在巷で話題を席巻している三島のグルメ「みしまコロッケ」を使った、"みしまコロッケサンド"が大人気だそうですよ。

CIMG7419.jpg CIMG7436.jpg

オリジナルソースが味の決め手!
三島馬鈴薯のしっとりした食感とシャキシャキのキャベツ、甘めだけどサラッとしたソースが、ふっくら食パンにサンドされて、そのバランスの良さからいくらでも食べられてしまいそうな、飽きのこない味わいですよ



いかがでしたか?

サンドイッチは無限の可能性を秘めた料理ですし、究極の形はありません!

もうすぐお花見のシーズン。
自分だけのお気に入りの具材をたーっくさん挟んで、みんなで食べっこするのが楽しいですよ~

もし皆さんのオススメの具材があったら、是非教えてくださいね!
情報お待ちしていまーす

【お詫び】 ラーメンマップの仕上がりが遅れます

2013 - 03/11 [Mon] - 10:47

皆さんこんにちは

すっかり春めいてきた今日この頃、らんなーMは花粉症に苦しんでおります…
皆さんはいかがお過ごしですか?


さてさて…。

アイラブみしまが総力を挙げて制作しております、『みしまラーメンマップ』。
3月上旬の完成を予定していましたが、作業工程の都合により仕上がりが遅れてしまいます。
楽しみにお待ちいただいている方には、大変申し訳ありません

このキャンペーンの区切りでもある3月中には配布できるように、必ず完成させます!
素晴らしいマップになるよう、スタッフ一同がんばっておりますので、もうしばらくお待ちください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ではここで、完成が待ち遠しいラーメンマップの概要を、もう一度おさらいしてみましょう

 4つのエリアに分け、合計20店舗の詳細情報を掲載
 エリアごとの観光スポットも掲載
 そのほか、おまけ情報も満載!


詳細情報を掲載する20店舗はこちらです

ガッツリ麺ふじもり

CIMG0688_web.jpg DSCF4454_web.jpg

らーめんの一番亭 三島駅前店
IMG_0828_web.jpg IMG_0856_web.jpg

らーめん 煌 -FAN-
CIMG0839_web.jpg CIMG0830_web.jpg

治ちゃんラーメン
治ちゃん-10_web IMG_0394_web.jpg

THEすすきの 麺工房 たいし
DSCF4533_web.jpg IMG_0873_web.jpg

らーめん道場二代目英喜家
IMG_0266_web.jpg IMG_0272_web.jpg

麺房 五轍
IMG_0643_web.jpg 五轍-10_web

グラバー亭
IMG_0300_web.jpg CIMG0802_web.jpg

みつわ食堂
IMG_0658_web.jpg IMG_0665_web.jpg

味の大連
IMG_0347_web.jpg IMG_0372_web.jpg

サッポロラーメン 両国 南本町店
IMG_0892_web.jpg IMG_0888_web.jpg

味のなかむら
IMG_0808_web.jpg IMG_0818_web.jpg

石本家
DSCF4282_web.jpg DSCF4312_web.jpg

次郎長
IMG_0323_web.jpg IMG_0283_web.jpg

大ちゃんラーメン
CIMG0847_web.jpg CIMG0887_web.jpg

麺工房 海練
CIMG0653_web.jpg CIMG0679_web.jpg

めんりすと
CIMG0490_web_20130117174220.jpg CIMG0483_web_20130117174220.jpg

鈴福
CIMG0731_web.jpg IMG_0255_web.jpg

麺処 田ぶし
CIMG0533_web.jpg CIMG0495_web.jpg

めん処 藤堂
IMG_0161_web.jpg CIMG0550_web.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


並行して、『市内ら~めん食べ歩きブログ』でも各店舗を紹介しています!

banner_20130117170638.png

『みしまらーめんマップ』に掲載する店舗の、さらに詳しい情報をお届けしていますので、こちらもどうぞご活用ください



では皆さま、ラーメンマップの完成まで、もう少しお時間をください。
よろしくお願いいたします



三島市の台湾メディア招請に同行してきました!

2013 - 03/07 [Thu] - 17:30

こんにちは。スタッフR.Sです。

2013年の夏から航空ダイヤの増便が決定し、ますます交流の拡大が予想される静岡空港-台湾間。
これを見据え、台湾メディアに対して、県内の観光資源PRを通じ、静岡県の知名度の向上と将来の誘客を目指す招請事業が、現在、静岡県海外誘客推進協議会によって行われています。

県内の中・西部、東部に分けて行われているこの事業には三島市も含まれており、先日、台湾の新聞記者や雑誌記者の皆様を相手に、市役所の商工観光課の担当の方による市内の観光名所の案内が行われました。
我々アイラブスタッフも同行してきましたので、その様子をご紹介します。

それでは、三島市のご案内スタート!

まずは三嶋大社に全員集合。
簡単な自己紹介を済ませて、いざ出発です。
変換 ~ IMG_1640 変換 ~ IMG_1642

この日は日差しも暖かく、小春日和な一日。
境内の梅、桜も咲き始めており、美しい春の息吹に、台湾メディアの方々も喜んでおられました。
やはり日本の春の美しさは万国共通なんですね。
変換 ~ IMG_1649 変換 ~ IMG_1645

市の職員による、三嶋大社の説明も熱心に取材されていました。
宗教の違い・文化の違いからでしょうか、細かいところまで疑問や興味は尽きないようで、

「どうしてここには砂利が引いてあるのか?」
「なぜ真ん中の道だけは石畳なのか?」
「あの彫刻にはどんな意味があるのか?」
「この大社にはどれほどの人が来るのか?」


など、矢継ぎ早に質問が飛んできていました。
我々アイラブスタッフも参拝の方法を教えたり、「お参りしている姿を写真に撮りたい」という要望にお応えして、モデルになることも。

変換 ~ IMG_1653 変換 ~ IMG_1655

中でも台湾メディアの皆さんに喜ばれたのが、三嶋大社といえばコレ、おみくじです。

始めはみなさん眺めているだけでしたが、アイラブスタッフが偶然持っていた以前引いたおみくじを見せると、おみくじの中の縁起物に興味津々!
皆さんおみくじを引いては、これはどんな意味があるのか?かわいい!と言って写真を撮っていました。
台湾にもおみくじがあり、大吉などの運勢は見られるそうですが、主に箱を振って棒が出てくるタイプとのことで、大社の神様からのお言葉や縁起物には、大変喜ばれていました。



大社を後にして向かうは楽寿園
桜川を散策しながらのコースです。

変換 ~ IMG_1659

街の中の様々なものが興味深いらしく、泳ぐ鴨を眺めたり、中にはゴミの集積所の写真を撮っておられる方も!
異国のそういう生活様式って、面白いですよね。

冬の白滝公園。
湧水が枯渇しており、川の水量も少ないのが少し残念でした。
観光客の皆様には、是非、夏に来てほしいですね。
変換 ~ IMG_1662 変換 ~ IMG_1663



楽寿園に到着~

変換 ~ IMG_1667

木漏れ日の中を散策しながら、溶岩流の形成した岩の解説や、小浜池の水が枯れていることなど、不思議がっていましたね。
他には、浮島の名前や「いこいの松」など、各所についている名前の由来に関しても、興味を持たれていました。

変換 ~ IMG_1674 変換 ~ IMG_1676
変換 ~ IMG_1678 変換 ~ IMG_1681


次に向かうは源兵衛川

以前は汚れた川だったこと、そこから住民の努力によって、現在のホタルが飛び、子供が泳いで遊べるほど美しい川に戻ったことをお伝えしました。

変換 ~ IMG_1695 変換 ~ IMG_1687
変換 ~ IMG_1696 変換 ~ IMG_1697

皆さん源兵衛川の美しさには喜んでいただけたようで、何枚も写真を撮っていました。
アイラブスタッフ・らんなーMもウォーキングモデルに!

変換 ~ IMG_1690

台湾の雑誌デビューはあるのでしょうか!? 期待が高まります

ホタル祭りの様子を伝えると、台湾でもホタルを見られる場所はあるが、源兵衛川のような環境では珍しいとのこと。
三島の初夏の風物詩、川辺を飛び交う幻想的で儚い光を味わってもらいたいものですね。



源兵衛川散策も終わると、そろそろお腹が減ってきましたよ~・・・

では、台湾の皆さんに食べてもらいたい、三島の美味しいものと言えば?

「うなぎ!」

確かにうなぎは三島の名産品! しかし今回ばかりは違います。

現在アイラブみしまが心血注いでいる事業、そして台湾でも大人気の日本食。

そう、ラーメンなんです!

台湾にはもちろんラーメンはあるそうですが、現在、日本のスタイルのラーメンがとにかく人気なんだそうです。
今後「ラーメンの街・三島」をアピールしていこうと尽力している我々にとって、これは絶好のチャンス!

ということで、今回は梅名の名店"めんりすと"さんにお邪魔して、日本の多様なラーメンの世界を味わってもらうことにしましたよ!

ラーメン店に着くやいなや、全てに興奮気味の台湾メディアご一行!
ラーメン好きなのは皆さん同じなんですね~ 嬉しい限りです!
メニューを考えるトークにも華が咲きます。 

変換 ~ IMG_1704

現在は市内外の数店舗が競い合う【フルーツラーメン!コラボ】期間中であり、珍しいメニューにも驚きの様子。

変換 ~ IMG_1698 変換 ~ IMG_1715


「これはどんな味なの?こっちは?」という質問が次から次へと!

厨房の中の動きもかなり気になっているようで、「シェフの写真が撮りたいんだけど」など、多様な要望に追われる店主の木下さん。

変換 ~ IMG_1705 変換 ~ IMG_1706 変換 ~ IMG_1711

お昼時のお忙しい中、ご対応いただき誠にありがとうございました。
ごちそうさまでした。

食事中には、台湾のお祭りの話や、今まで行った国の話、中国語を教わったり、富士山のことを教えたり、写真を見せ合ったり・・・
三島の案内をキッカケにお互いの交流を深めることができました。
自動販売機を珍しがって、皆さんこぞって購入しているところも、日本人としては面白いですね。
変換 ~ IMG_1716


そんな楽しい時間も束の間、いよいよお別れのときがやってきました。
台湾メディアの皆さんはこれから伊豆へ向かうとのこと。

アイラブみしまの缶バッヂをプレゼントして、お互いに写真を撮りあって、お見送りしました。
一緒にいた時間は短い時間だったけど、寂しいなぁ。。。

変換 ~ IMG_1718

どうか再び三島の地に観光で訪れてくれることを願います。
その時はまた、アイラブスタッフがさらに詳しく三島をご紹介しますよ!

台湾の皆さん、ぜひぜひ三島にお越しください!
お待ちしております!

三島ブランド特集

2013 - 03/04 [Mon] - 17:50

皆さん~以前予告でお知らせしました、三島ブランド特集ページですが、ご覧になっていただけましたか
少しづつではありますが、ご紹介できる記事も増えていますよ


アイラブみしまでも昨年『オリジナルお歳暮セット』として販売しました、“三島ブランド”を、もっと沢山の方に知ってほしい!と、いう思いからアイラブみしまHP内で三島ブランド特集ページを作りました


三島ブランドロゴ

三島ブランドとは、
 三島における「特産品」や地域素材・技術を活かした「隠れた逸品」、
 魅力ある「観光資源」など全国に誇り得る三島の優れた資源を発掘し、
 それらを地域ブランドとして三島商工会議所が認定したもの。


詳細は商工会議所HPでご覧頂けます。



予告編という事で写真のみの掲載となりますが、まもなくご紹介の逸品はこちらです!


s-0001_R.jpg 三嶋ベーコン

みしまコロッケぱん1_R みしまコロッケぱん

箱根山麓豚1_R 箱根山麓豚

箱根西麓牛1_R 箱根西麓牛



写真を見ただけでも美味しそうですね。
〝もちろん三島ブランドは食べ物だけではなく、景観や伝統芸能なども登録されています〟
その逸品が出来上がるまで、どのようにして育つか、歴史や経緯などなど、アイラブ目線で取材しています!
記事掲載まで今しばらくお待ち下さい。

意外に知られていないものも多く、この機会にぜひ“三島通”になって頂ければ嬉しいです!
「大好きでいつも購入してます。」なんて人や「これも三島ブランドだったの?知らなかった。」
そんな人まで、アイラブみしま三島ブランド特集ページへ今すぐGO!!

春ですよ~。

2013 - 03/01 [Fri] - 17:56

本日より3月となりましたね~
少しずつではありますが、ほんのり暖かい日差しに春の訪れを感じられるようになりました
(残念ながら、今日はどんより曇り空ですが…。)

市内では、続々と梅や桃の花が咲き始、街を淡いピンク色に染め始めています。

IMG_0612.jpg DSCF4704.jpg IMG_0607.jpg

そして、桃の花が咲き始めたな~と思う頃、祝われるのが3月3日の『桃の節句』!
女の子のお子様をお持ちの方、または女性の方には馴染み深い伝統行事。
そう、「ひな祭り」です

IMG_5341.jpg

上巳の節句」とも呼ばれるこの行事は、女の子の健やかな成長と幸せを祈るために行われます。
"上巳"とは、3月初めの巳(み)の日のこと。
元来は人の形に紙を切り抜いた"ひとがた"で体を撫でて、穢れを落とし、海や川に流す祓(はらえ)の行事でした。
この厄払いの行事と、平安時代の貴族の子どもの間で流行していた「ひいな遊び」が結び付き、現代のような「ひな祭り」へ発展したと言われています。

ちなみに、この「ひいな遊び」。
「ひいな」とは「ひな」の古語で、小さくて可愛らしいという意味。
小さくて可愛らしい人形でおままごとをするという遊びだったのですが、ひな人形もお内裏様とお雛様が結婚する様を表しているのだそうです。

IMG_7451_20130228160148.jpg

こうして上巳の節句とひいな遊びが結び付いたことで、女の子が生まれるとその娘にひな人形を用意し、不幸はその娘の身代わりとなって人形に受けてもらい、健やかに成長してお雛様のように幸せが訪れることを願うようになったのだとか。

また、子の厄を身代わりに受けた人形を何日も側に置いてはおけない=お嫁にいけない・幸せな結婚ができないとされているのでご注意を
不幸を遠ざけるという意味合いもあるそうですが、片づけの出来ない娘は良いお嫁さんになれないよ!という躾からも由来しているそうです。


ひな飾りと同様に忘れてならないのが、お祝いを華やかに飾る料理の数々
ちらし寿司やひし餅などは勿論のこと、洋菓子・和菓子屋さんもひな祭りに因んだお菓子を提供してくれるので、子どもだけでなく大人も楽しみで仕方ないですよね

IMG_0726.jpg IMG_0721.jpg
(写真は田子の月の菓子)

とはいえ、お菓子だけに目が眩んではいけませんよ!
きちんとお祝いもしましょう

ということで、三嶋大社で3日10時から「桃節句祭」が執り行われます。
普段の榊に変えて、紅白の桃の枝で八乙女の舞が奉納されるそうです。

桃には邪を祓う力があると考えられていたのだとか
三嶋大社の儀式を見て、普段とは違う「ひな祭り(桃の節句)」を味わうのも良いかもしれませんね。


けれど、そもそもひな人形がない!準備の暇がない!と嘆いている方がいらっしゃいましたらご安心ください

05065010_jpg_2013221_radDDD5A_20130228143443.jpg

可愛いみしまるくんみしまるこちゃんのひな人形が、三島市のHPからダウンロード出来ますよ~
ひな飾りだけでなく、フォトフレームぬりえもあるのでお子さんと一緒に楽しんでみてくださいね。


今年の3月3日は日曜日
折角の日曜日ですから、家族揃ってお祝いしてみてはいかがでしょうか?


【一時休業】せせらぎ一服処【3/1より】

2013 - 02/27 [Wed] - 14:00

これまで、源兵衛川の広瀬橋のたもとで、周辺地域の方々の憩いの場所として、せせらぎルートを歩く市外からの観光客の方々の休憩所として、広く愛され活用されてきた"せせらぎ一服処"ですが、明日2月28日をもって、いったん休業されてしまうそうです。

6-6 039

通りすがりの方々に無料でお茶と休憩所を提供してくださり、市内の観光案内パンフレットの提供、お土産の販売、ところてんやみそおでんなどの散歩途中の小腹を満たすにはぴったりな軽食も食べられたりと、訪れるすべての人の憩いの場であり、また、交流の場としても機能していた一服処。

スタッフのみなさんの暖かい心遣いがとても嬉しく、我々アイラブみしまスタッフも、取材のついでに立ち寄るたびに、いつも声をかけてくださり、世間話から三島市内の有益な情報まで、様々なお話をさせていただきました。

一服処のスタッフの皆さんは、小さなお子さんからご年配の方々まで、どんな方々でも分け隔てなく、訪れる人たちをいつも優しい明るい笑顔で迎え入れてくれました。

今回、休業されてしまうことは、我々にとっても、今まで訪れたことのある方々にとっても、大変寂しく残念なことではありますが、この場所で過ごした憩いの時間はとても有意義なものでした。

休業の後はどういった形で再開されるかはわかりませんが、我々としては、再びこの場所にふさわしい憩いの場ができることを心から願ってやみません。



ということで、せせらぎ一服処にお邪魔できるのは、明日までとなります。
今まで通っていた皆様も、まだ行ったことない方も、ぜひお散歩途中に一服しに立ち寄ってみてはいかがですか?
心温かいスタッフの皆さんが、お茶を用意して出迎えてくれますよ

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
せせらぎ一服処源兵衛川店

三島市本町6-17 
TEL 055-976-6522
営業時間:10時~16時


大きな地図で見る

ボイスキュー、本日放送です!

2013 - 02/25 [Mon] - 14:40

こんにちは!

近頃、だいぶ日が延びてきましたね
夕方も走りたくてウズウズしているらんなーMです!


ところでみなさん、今日は何の日か…覚えていますか?

・・・
・・・
・・・ 



はい、そうです

私たちアイラブみしまスタッフが、ボイスキューに出演する日でーす

voicecue.jpg

CIMG1090_web.jpg


先日、R.Sさんと一緒に収録に行ってきたものがきちんと編集され、いよいよ本日放送となります

FM77.7 VOICE CUE 『ぴたっと。三島』情報局
 ●2月25日(月) 18:40~
 ●2月28日(木)  7:40~

再放送を含め、2回も登場しますよ~☆


らんなーM、自分で自分の声を聞くのは…初めてです
きっと、違う人の声のように聞こえるんだろうな~


先日の伊豆マラソンの様子や、間もなく完成のラーメンマップの話など、盛りだくさんの内容です

そして…こっそり入手した情報によりますと…
アイラブみしまから素敵なプレゼントも当たるようです

なんだろ~気になる~

お時間がある方はぜひ聞いてくださいね~



そして、放送を聞いていただいて、
「ぜひラーメンマップを置きたい」という方がいらっしゃいましたら、
下記までご連絡ください。

アイラブみしまキャンペーン事務局
tel   : 055-970-0551
mail : info-love-mishima@aap.co.jp


マップが出来上がりましたら、スタッフがお届けいたします。



それではみなさま、今日の夕方、そして木曜日の朝、お会いしましょう~


ら~めんブログもぜひご覧ください♡

2013 - 02/22 [Fri] - 17:49

みなさん、こんにちは

まだまだ寒い日が続きますね…、ラーメンを食べて暖まろう…


アイラブみしまキャンペーンでは、みしまラーメンマップ(仮題)の制作と並行して、
『市内ら~めん食べ歩きブログ』で各店舗を紹介しています!

banner_20130117170638.png


『みしまらーめんマップ』に掲載する店舗の、さらに詳しい情報を、
お届けしていますよー

次なるご紹介はこちら…
写真だけちょぴり載せちゃいます。



らーめんの一番亭 三島駅前店
IMG_0828_web.jpg IMG_0856_web.jpg



グラバー亭
IMG_0300_web.jpg CIMG0802_web.jpg



THEすすきの 麺工房 たいし
DSCF4533_web.jpg IMG_0873_web.jpg



らーめん 煌 -FAN-
CIMG0839_web.jpg CIMG0830_web.jpg



サッポロラーメン 両国 南本町店
IMG_0892_web.jpg IMG_0888_web.jpg



大ちゃんラーメン
CIMG0847_web.jpg CIMG0887_web.jpg



今回、「市内ら~めん食べ歩きブログ」でご紹介する店舗は、以上となります。
しかしながら三島市には、今回さまざまな事情によりご紹介することができなかった美味しいラーメン屋さんがまだまだたくさんあります。
みしまラーメンマップの番外編として、皆さんご自身で新しいページを追加していくのも楽しいのではないでしょうか。



アイラブみしまキャンペーン
『市内ら~めん食べ歩きブログ』


どうぞご活用ください

Restaurant Jun

2013 - 02/21 [Thu] - 17:07

久しぶりのランチ取材今回伺ったのは老舗洋食店『Restaurant Jun』

IMG_1315_R.jpg

1955年に先代がバーを開業し、そこから喫茶店に。
さらに発展を遂げ、今のレストランをオープンされました!
開業から58年、昔からの常連さんやそのお子さん、お孫さんまで世代を超えて愛されるお店です


IMG_1290_R.jpg


レストラン入口は2階から!1階はレンタルスペース、〝スタジオJun〟として提供されているスペースで、どなたでもご利用可能です。
バレエやダンスレッスンなどが主に行われていますが、ピアノ設備もあり、フリースペースとして展示会など多目的に使用されています。
詳しくはこちらをご覧下さい。

・・・・・・・・・・


1-IMG_1281_R.jpg 1-IMG_1295_R.jpg 
1-IMG_1282_R.jpg 1-IMG_1285_R.jpg
  
心地のいい色使いと、淡い照明の当たる店内は、老舗洋食店という堅い響きとは異なり、カジュアルで落ち着いた佇まいです。
日の当たる窓側席でも良し、カウンター席でのんびりとお食事も良し、Junでは雰囲気の違う、様々な席でのお食事が楽しめますよ



そして気になるランチメニューはコチラ


1-IMG_1312_R.jpg


コンソメスープ 350円


一口飲むと素材の味が一気に口に広がります!
透明感のある澄んだ色合いからは想像できないような、深みと甘みのある味わいです。
一度ぜひ飲んでみて下さい。

DSCF4791.jpg


コーンポタージュスープ 350円

なめらかな舌触りとやわらかな味わいが特徴的。
コーンポタージュはコックリしたイメージがありましたが、さらっとスッキリ頂けるスープです。


そして迷いに迷ったメインディッシュ・・・

CIMG1055_R.jpg

海老のマカロニグラタン(サラダ・ライスorパン付き) 1,000円

こんがり焼けた粉チーズのサクサク感と、特製ホワイトソースがたまらないですね!
クリーミーなマカロニが絡んでトロトロ~。
たっぷりのソースの中には、パンっと弾力のある海老と、玉ねぎ、ピーマンも入っています。
どこか懐かしさのある味わいは、これが日本の洋食だ!と言わんばかり。


1-IMG_1308_R.jpg

伊豆牛メンチカツレツ (サラダ・ライスorパン付き)1,000円

揚げたてのメンチカツレツは伊豆牛&国産豚の合いびきを使用。
きめが細かく、サクサクの衣に包まれたメンチは口に入れると、肉の旨みがじゅわっと溢れだします。
やわらかく、ふかっとした口当たりが印象的。
じっくり5日間煮込んで作られた〝自家製ドミグラスソース〟にも伊豆牛の骨やスジ、野菜がふんだんに使われていて、濃厚な旨みが詰まった一品。



DSCF4777.jpg

コロコロプレート 1,200円

裏メニューとして時々登場するメニュー。
カニコロッケ・ジャガイモコロッケ・グラタン・サラダもワンプレートに盛った楽しい一皿。
ジャガイモコロッケは甘みが強く、お芋の味が楽しめます。
そのまま食べてもおいしいコロッケ、タルタルソースで味に変化をつけてもいいですね♪


まだまだ満足しないアイラブみしまもちろんデザートも頂きました



CIMG1069_R.jpg

ガトーフランボワーズ&紅茶 550円

ちょっぴり甘目のクリームと、甘酸っぱいフランボワーズのジャムが合いまり、サッパリおいしく食べられます。


DSCF4796.jpg

ティラミス&コーヒー 550円

軽い口当たりのティラミスは、しっかり食べた後でもドンドン入ります。
レトロなデザインがかわいらしいティーカップもいい味をだしています。



メニューにも数多く使用されている伊豆牛とは、伊豆大仁にある“ひらい牧場”で飼育されている牛の事。
年間120頭という生産量のほか、小売店ではひらい牧場直営の〝ひらい精肉店〟でのみ販売が行われている希少な牛肉です。

Junではハンバーグやメンチカツレツ、カルパッチョやステーキとしても頂けます。
足を運んだ際は、ぜひ食べてみてはいかがでしょう。
・・・・・・・・・・


IMG_1289_R.jpg CIMG1044_R.jpg

また入口を挟んで大小様々な部屋があるJunでは、用途に応じて個室なども利用できます。
小さいお子さんを連れてのお食事、気の合う仲間とわいわい騒ぎたい、そんな時もご心配なく。
気兼ねなくお食事に来られるのも魅力の一つですね。
また貸切も可能なそうですので、パーティーにもぜひ


幅広い世代から支持される老舗洋食店。
時代は変わり、お店も形態を変えながら〝たしかなものを〟紡ぎ今に至ります。
時間が経っても、大事な思い出の詰まった場所として、通い続けるお客さんも。
「初めて来た時はまだ若かったわ~」「ほんとよねぇ」なんて穏やかな会話が聞こえてきそうなお店です。
昔食べた懐かしい洋食の味、今も、ここにあります。。。


************

Restaurant Jun

静岡県三島市芝本町11-29
055-975-8787
HP http://www.mishima-jun.com/map.html

【ラーメンマップ】VOICE CUEに出演してきました!【完成間近】

2013 - 02/20 [Wed] - 15:00

こんにちは。
ラーメン大好き、スタッフR.Sです。

今日は、三島市民の皆様は誰もが知っているであろう、FM77.7 VOICE CUEのスタジオにお邪魔して、らんなーMと一緒にラジオ番組の収録に行ってきましたよ!
voicecue.jpg

気になる内容は・・・そうです。
アイラブみしまによるラーメンマップ「みしまラーメン戦国時代」の告知のためです。

3月上旬完成予定のこちらの冊子。

駅、市役所、観光協会など市内の公共施設をはじめ、ビジネスホテルや道の駅などにも置いてもらえたらな、、、なんて考えているのですが、もしこのブログを読んでいらっしゃる方で「うちにも是非置かせて欲しい!」という方がいらっしゃいましたら、下記アドレスまでご連絡をお願いいたします。

アイラブみしまキャンペーン事務局
tel   : 055-970-0551
mail : info-love-mishima@aap.co.jp


なるべく多くの皆様に手に取ってもらいたいと考えていますので、市民の皆様のご協力お待ちしています!

・・・・・・・・・・・

さてさて、ラジオの出演など初めての我々。
いったいどんな流れで話を進めていくのかと、楽しみ半分、不安半分でボイスキューの扉を開きます。
すると、本日我々のパーソナリティーを務めてくれる「まま さちこ」さんと、市民の人気キャラクター「ひさぴょん」がお出迎え!
特にひさぴょん、ド派手なピンクのゴスロリキャラがずっと気になっていた存在だけに、まさかこんなところで絡めるとは思えませんでした~
ラッキー

始めに全体を通しての打ち合わせ 兼 リハーサル。
以前、三島ブランドお歳暮セット販売促進のために出演した、SBSテレビ「soleいいね!」の時は生放送で、しゃべることも無かったくせに緊張しまくりでしたが、今回は収録なので、いくぶん気が楽ですね~。


全体の流れが確認できた後、いよいよ収録スタート!
初めてのラジオ収録スタジオ...ドキドキします。
IMG_1269.jpg
※この日のひさぴょんはとても俊敏だったためカメラに収めることができませんでした

伊豆マラソン出展時のことや、ラーメンマップの内容、三島のラーメン店に関することなど、時折出てくる「残り5分」「残り3分」・・・のフリップにいささか動揺しながらも(汗)、楽しくご紹介させていただくことができました。

まま さちこさん、ひさぴょん、どうもありがとうございました!

この収録は2/25(月)の18:40-2/28(木)の7:40-『ぴたっと。三島』情報局にて放送される予定ですので、みなさん是非聞いてみてくださいね!


伊豆マラソン、走ってきましたー!!

2013 - 02/19 [Tue] - 15:18

2月17日(日)

サイコーのレース日和!
富士山がきれいに見える冬晴れ
らんなーM、伊豆マラソン大会に参加しましたー

IMG_0635_web.jpg

伊豆マラソン大会の日に富士山がこんなに綺麗に見えるのは、らんなーMの記憶では初めてのことですよ。
富士山に応援してもらっている気分で、とっても心強かったです


伊豆マラソン大会は、3kmの部・10kmの部・21.7kmの部の3部門。
3km・10kmは三嶋大社前がスタート・ゴール。
そして、らんなーMが走る21.7kmは、修善寺駅前スタートで三嶋大社前がゴールです。

どちらの会場も、朝からランナーや応援の方で大賑わい
三嶋大社は特に、3kmの部に出場する子どもたちもたくさんいて、熱気ムンムンです

IMG_0615_web.jpg IMG_0622_web.jpg
三嶋大社前スタート地点。
ゲートからはちょうど真ん中に富士山が見えます。
なるほど~、「富士山といっしょに走ろう!」の合言葉どおりですね。


IMG_0626_web.jpg IMG_0631_web.jpg IMG_0628_web.jpg
3kmの部には、日本大学のベンジャミン選手が登場!
とってもやさしくて子どもたちからも大人気!
小学生の参加が多いですね~。親子で楽しめるのも魅力のひとつでしょうか。


P2170206_web.jpg
こちらは修善寺駅前のスタート地点。
はるか先の三嶋大社を目指して、21.7kmの旅が始まります。
らんなーMも、たくさんの声援に見送られて、ここからスタート
ちょっと、ランナー目線で、コースからの景色を載せたいと思います

P2170207_web_20130219141007.jpg P2170211_web.jpg
P2170215_web.jpg P2170219_web_20130219141006.jpg
21.7kmのコースは、田んぼあり・川沿いあり・温泉街ありの景色をとっても楽しめるコースで、常に富士山を見ながら走ることができます
その雄大さ・美しさと言ったらやっぱりハンパなく、まるで富士山からパワーをもらって走っているような気分になります
きっと、遠方からご参加の皆さんはカメラを構えたくなったのではないでしょうか。

そして、沿道にもたくさんの皆さんが応援に駆けつけてくださいました
応援は、何よりも、走る力と勇気になります。
らんなーMも、何度も「おねえさん!がんばって!!」と声をかけていただきました。
本当に本当にありがとうございました

P2170222_web.jpg P2170228_web.jpg
所々では、シャギリの演奏で盛り上げてくださったり…
日大の応援団も盛大でしたね。

P2170227_Web.jpg P2170229_Web.jpg
そして、ゴール手前のゑびす通りに戻ってくると…
本当にたくさんの人・人・人…!
こんなにも応援していただいて、涙出そうで、感激しまくっておりました
みなさん本当にありがとうございます。


IMG_1196_web.jpg IMG_1202_web.jpg P2170230_web.jpg
21.7kmを走ってゴールされた皆さん。お疲れさまでした
そして、らんなーMも10:40くらいに帰ってきました~
お友達と一緒に、無事ゴールです
とても満足そうな顔をしていますね

IMG_0636_web.jpg IMG_0640_web.jpg
こちらでは、ゴール後に記録証を発行してくれます。
すぐに順位やタイムを見られるのは嬉しい♪
給水もバッチリ
この日は晴れていましたから、けっこう汗をかきました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


修善寺から三島まで、たくさんの沿道の温かい応援に勇気とパワーをいただき、給水所の親切なスタッフの皆さんに心を打たれ、狩野川の向こうに見える雄大な富士山に励まされ、感謝してもしきれないくらいの充実したレースを走ることができました。

おかげさまで、年代別女性の部で3位…という信じられないような嬉しい結果が。

IMG_1224_web.jpg
表彰式では、ちょっと(いや、だいぶ)恐縮でしたが、アイラブみしまの幟を持たせていただきました。
「アイラブみしま」のことを、もっともっと知っていただくきっかけになれば…嬉しいです


開催に関わる皆さん、応援してくださった皆さん、ランナーの皆さん、
素敵なレースを、ありがとうございました


そして今回、走りながら撮影したコースの写真を提供してくださったらんなーMの先輩Mさん(Mばっかり…)、ありがとうございました。


また来年の伊豆マラソンでお会いしましょう~


【ラーメンマップ】伊豆マラソンに出展しました!【完成間近】

2013 - 02/18 [Mon] - 17:00

こんにちは。
スタッフR.Sです。

我々がかねてより制作中のみしまラーメンマップ「みしまラーメン戦国時代」ですが、いよいよ完成間近となってきました。
ラーメンマップ‐チラシ

それに伴い、2/17(日)に開催された第6回 伊豆マラソン大会に、完成予告のチラシを持って出展してきましたよ。

しかもこの日はアイラブみしまオリジナル丼・レンゲの当たるスクラッチカードも一緒に配布。
ドンブリ・レンゲ スクラッチ1

マラソンに参加したランナーの皆さんや応援に駆け付けた多くの皆さんに参加していただき、ブースは終始大盛況!
非常に楽しい一日となりました

更に!

アイラブスタッフ"らんなーM"はこの日、まさしくランナーとして参加しており、華々しい結果を得ることができましたので、当日の伊豆マラソンの様子も含めてご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・

気温は低いものの、晴天に恵まれ、富士山もクッキリ姿を現わした大会当日。
早い時間から三嶋大社の境内は、多くの参加者とそのご家族、応援する人々で賑わっていました!

IMG_0634.jpg IMG_0615_web.jpg
IMG_1184.jpg IMG_1186.jpg


アイラブみしまブースは鳥居を入って左手、池の手前に設置させてもらいました。
スタッフ"落書きっこ"ちゃんのイラストポップもいい感じ
IMG_1191.jpg IMG_1193.jpg


伊豆マラソンの参加コースは"3kmコース","10kmコース","21.7kmコース"の3コース。
そのうち、"3kmコース","10kmコース"は大社の鳥居前がスタート・ゴールとなります。

アイラブみしまのブースが組みあがると、いよいよマラソンもスタート間近!
みんな頑張って!!!

IMG_0621_20130218172416.jpg IMG_0626_web.jpg
IMG_0629.jpg IMG_0631.jpg


マラソンがスタートすると、いよいよ我々のチラシ&スクラッチカードも本格的に配布開始!

鳥居横で演奏されていたしゃぎりに負けないように、スタッフ全員声を張り上げて宣伝しましたよ~

みなさん「ラーメン」という単語を聞くと振り返り、関心を寄せてくださる方が多く、小さいお子様からご年配の皆様までスクラッチを楽しんでいただけたようです。


特に、開始1時間を過ぎたころからは、ゴールし終わったランナーの皆様とその応援の皆様のおかげで、大賑わい!
IMG_1217.jpg

我々も対処不可能なほどラーメンマップに興味を持っていただき、またスクラッチも楽しんでいただけたようで、見事当選した方々には「すごい立派だし、かわいい!」と嬉しい言葉をもらえましたし、惜しくも外れてしまった方々の残念賞のバッジやシールも喜んでもらえたようで、企画者冥利に尽きるというもの。
わずか3時間程度の短い時間でしたが、参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

ラーメンマップの完成は3月上旬の予定、どうぞお楽しみに!

また、冒頭でお伝えした通り、この日はランナーとして参加していたアイラブスタッフ"らんなーM"ですが、我々の期待を大きく上回る素晴らしい結果を残してくれたので、こちらはまた別の機会に投稿いたしますので、お楽しみに。

箱根西麓三島野菜のプレミアムカレー Part3

2013 - 02/15 [Fri] - 14:00

三島のおしいしい食材をふんだんに使用した『箱根西麓三島野菜のプレミアムカレー』
パッケージの制作過程を取材したPart1、カレーの食材を追ったPart2
今回は、先日行われた試食会の様子をお届けいたします!

プレミアムカレーパッケージ2


開催場所は三島市役所。
午前中に行われた試食会には生産、制作、販売の関係者に加え、大勢の取材陣で賑わっていました。

試食会はカレーの発売日の前日。
三島のおいしい食材をふんだんに使っている事や、こだわりぬいた製法なども相まり、出席予想人数を超えて行われました。
う~ん、期待の高さが窺えますね。

DSCF4576.jpg IMG_0408.jpg

今日は三島市の豊岡武士市長も試食会に参加。

「楽しみですね。」と出席者の皆さんと共に期待に胸を膨らませていました。


まずは食べてみましょう…と早速運ばれてきました。

DSCF4589.jpg

箱根西麓三島野菜のプレミアムカレー 

とてもレトルトとは思えない程の存在感です!
2センチ角に切ったゴロゴロの野菜と食べごたえ抜群のお肉。
なんといってもプレミアムカレーの目玉はこの具材にあります!

箱根西麓地区で採れた三島野菜『にんじん・たまねぎ・じゃがいも』を使用。
火山灰の積み重なった土壌で育てられた野菜は、ミネラル分たっぷりの土から栄養を吸収していきます。
野菜の味わい、食べごたえをしっかりと主張しています。

お肉は幻といわれる牛肉、箱根西麓牛のすね肉を使用。
大き目にカットされていますが、決して固くはない肉肉しさが味わえます。
赤みと脂のバランスが良く、甘みが強いのが特徴の箱根西麓牛は、現在では生産者が4人程しかおらず、市場に出回りにくい故に幻とまで言われているお肉です。

・・・・・・・・・・


DSCF4561.jpg

-箱根西麓三島野菜のプレミアムカレーを製作された田村商店の担当者滝さん-

「具材本来の味を大切にし、まろやかで甘みのある味に仕上げました。
また大きく沢山入った具材を存分に味わっていただけるカレーです!。
三島市さん、JA三島函南さん、三島馬鈴薯生産者の皆さんにもご協力いただき、協議を重ねながら完成した箱根西麓三島野菜のプレミアムカレー。
身体にいいもの、おいしいものに拘って製作しましたので、レトルトといっても、お店で食べられるような高級感のあるカレーに仕上がっております。」



アイラブみしまも昨年から取材をさせていただき、この日を待ちわびていました!
早速「いただきまーす!」

実際に食べてみて驚きました。
一瞬レトルトカレーだという事を忘れるほど、とにかく具材が大きくて多いのです!
〝新たに具材を足してくれたのかな?〟と思うほどたっぷりの量で、なんと内容量200g中、半分の100gを具材が占めています!!
そしてあまりに具材が多いため、〝既存のレトルトパウチでは入りきらなかった〟なんてお話しも。

開発から素材、内容にいたるまで〝今までにない〟商品づくりのようです!

関係者の皆さんも三島の特産品が、大きく、沢山詰まったカレーに大満足のご様子でした



・・・・・・・・・・


DSCF4580.jpg

「現在三島市では*6次産業に力を入れています。
昨年はみしまコロッケが大ヒットしましたが、新たに素晴らしい商品開発が行われるのはありがたい事です。
合わせて次は三島はカレーの街と言われたいですね。
カレーの味は然る事ながら、具材であるにんじんはジュレのように甘く、じゃがいもは大きく、お肉も味がしっかり出ていておいしいですね。発売が楽しみです!」

と豊岡武士市長も期待を寄せていました。


※6次産業とは…農山村の雇用確保や所得向上、地域ビジネスの展開や新たな産業の創出による地域活性化を目指し、農林業の生産・加工・販売まで一体で行うもの。
今回の箱根西麓三島野菜のプレミアムカレーも〝三島市農政課、JA三島函南、田村商店、三島馬鈴薯生産者〟が事業協力して三島市6次産業化創出事業費補助金を活用して行われたものです。

・・・・・・・・・・

DSCF4584.jpg

50種類以上のレトルトカレーを試食し、原料を足しては引き、試作を続けてきました。
レトルトカレーにありがちなしつこい脂分や化学調味料を極力控え、「雑味のない」「胸焼けしない」を実現させたカレーです。
本来の手作りカレーと同じ過程で作られ、具材の味を壊さず、旨みを引き出すため量やサイズを工夫するなど、試行錯誤を重ねてまいりました。
そして要であるスパイスにもこだわり、次も食べたいと思ってもらえる商品になったと思います!」

商品開発、発売にあたり意気込みを語ってくれた田村商店の滝さん。


そしてここで嬉しいお知らせが
今回の『箱根西麓三島野菜のプレミアムカレー』は、〝ご当地カレーシリーズ第一弾〟として発売されました。
シリーズ、という事は・・・もちろん!第二弾、第三弾のカレーも発売が決定しています。
次回発売予定商品は〝箱根山麓豚〟をたっぷり使った『ポークカレー』と、ほくほくの甘みたっぷり『三島甘藷カレー』です!

詳細はまた後日との事ですが、今夏には4種類程、完成予定との事。
またまた三島のおいしいをたっぷり詰め込んだ商品になるそうですので、皆さんお楽しみに


・・・・・・・・・・

箱根西麓三島野菜のプレミアムカレーはどこで販売しているの?という方…お待たせいたしました!
商品取扱いは以下の店舗となります。

DSCF4721.jpg


地産地消の店「ストランズ」

JAフレッシュ錦田店・北上店・函南店

山本食品 門前せせらぎ店

酪農王国オラッチェ

伊豆フルーツパーク


Honda Cars 静岡 函南店
 三島萩店 裾野伊豆島田店 
(店舗で試乗して頂いたお客様にカレープレゼントキャンペーン中)

フードストアあおき(7店舗での取り扱い)




カレーパッケージ写真_R DSCF4592_20130214100344.jpg

「箱根西麓三島野菜のプレミアムカレー~三島馬鈴薯・箱根西麓牛使用~」 税込 620円
2月8日より絶賛発売中です。
※生産数量が3,600個と少量です。お買い求めの際はお早めにどうぞ!



パッケージ裏面にはさらにおいしく頂けるよう、加えておいしいトッピング例も記載されています。
お馴染み〝みしまコロッケ〟を加えれば生粋のご当地カレーに大変身!
皆さんもオリジナルの食べ方やトッピングでアレンジを加えてみてはいかがでしょう

ご当地グルメが全国各地で話題になる中、「こんなカレーがあったらいいな」から始まったという今回の企画。、わかりやすく、おいしい、全てを詰め込んだ『箱根西麓三島野菜のプレミアムカレー』を皮きりに、これからも地域とコラボレーションをコンセプトに商品が作られていきます。
新たに〝三島といえばカレー〟といわれるご当地グルメになるよう期待せずにはいられません。
三島のおいしいを詰め込んだ、文字通りプレミアムなカレー。。。ちょっとした贅沢に、お土産に、ぜひお試し下さい。




**********************************

箱根西麓三島野菜のプレミアムカレーのお問い合わせ先

〒419-0124
静岡県田方郡函南町塚本276
田村商店株式会社
HP http://www.tamura-syouten.co.jp/
TEL:055-978-1234
FAX:055-978-1215






針感謝祭~三嶋大社~

2013 - 02/13 [Wed] - 16:22

2月8日は「針供養」の日
針供養とは、折れ・曲がり・錆びなどによって使えなくなった古い縫い針を供養し、近くの神社に納める行事です。
全国的に執り行われている行事のようですが、主に淡島神社や淡島神を祀る堂などがある社寺で行われるのだそうです。
三島市では三嶋大社で「針感謝祭」として執り行われます。

IMG_0525.jpg DSCF4701.jpg


ということで、当日我々アイラブスタッフも取材に行って参りました~


IMG_0462.jpg IMG_0465.jpg
IMG_0469.jpg IMG_0467.jpg


境内に入ると、社頭の淡島神では既に準備がなされていました。


IMG_0471.jpg IMG_0481.jpg

本殿では、裁縫に関する様々な方が着物姿で儀式を受けていましたよ~


かつては各々の家庭でも針供養は行われていたそうです。
時代は流れ、次第に家庭内で裁縫をする人が減少していきましたが、現在でも関連する学校や企業などの人たちによって行われています。
そもそも2月8日は「事始め」とも呼ばれ、その年の農作業を始める日とされました。
「事納め」である12月8日と合わせて「事の八日」と呼ばれたりもしますが、ともに心身のけがれを除く「物忌み日」とされ、忌み慎むべき日ということで針仕事を休んでいたのだとか。

DSCF4640.jpg DSCF4641.jpg

そして、自身の手だけではなく、今まで使い古しお世話になった針を柔らかい豆腐やこんにゃくに刺し、楽をさせ休ませるのだそうです。
供養と同時に願うのは、裁縫の上達でした。

昔の女性にとって、裁縫とは重要な仕事の一つ。
また、物を労い大切に扱おうとする日本人ならではの気質が伺えますね。

DSCF4655.jpg IMG_0509.jpg

ちなみに、針感謝祭がなされた三嶋大社の社頭である淡島神。
婦人病治癒を始めとして安産・子授け、裁縫の上達、人形供養など、女性に関するあらゆることに霊験のある神とされ、女性の守護神とされてきました。
そのため、針供養は淡島神を祀る堂または淡島神社でされることが多いのだとか。


-1.jpg DSCF4669.jpg IMG_0528.jpg

針感謝祭が終わると、針が刺さった豆腐は塩と共にソテツという木のそばに埋められます。
塩やソテツによって、針が早く土へ還るそうです!


本殿で儀式を受けていた方々以外にも、針を納めに来られる方もいらっしゃいました。
最近、裁縫全くしてないな~
と豆腐に刺さっていくたくさんの針を眺めながら、しみじみと思ったわけですが
針に限らず、昔ながらの物に感謝して労う日本の風習に倣って、今一度物の扱い方を改めてみる良い機会かもしれませんね~



冬から春の辛いお悩みに…

2013 - 02/08 [Fri] - 16:47

こんにちは
ようやくインフルエンザから復活した、らんなーMです。

DSCF4708_web.jpg


今週月曜日のブログで、R.Sさんが「アイラブスタッフでも1名…」と言っていたのは、そうです、私のことでした
きちんと自己管理できず、お恥ずかしい限りです


しかし…らんなーMは、一応ランナーですので、普段から健康面には心がけているつもりでした。
うがい・手洗いなど、毎日欠かさずやってました
モリモリ食べて、栄養もとっていたハズ
運動だって、毎週走ってるし、毎日歩いてるし

それが…インフルエンザにかかってしまった…。

つまり…そうです。
運が悪かった…のではなく、誰にでもかかる可能性があるということです。


みなさま、風邪やインフルエンザには本当に気をつけてくださいね。
小さな心がけ次第で変わります

特に、マスク
らんなーM、自分が元気だからと言って、会社や人混みでもマスクをしていませんでした。
それが良くなかったんだと思います、反省。
たまたま会社ではインフル流行の兆し…、そして電車の中でも咳をした人が…。

いつ、どこで、どんな人に会うかわかりません。
予防にマスク、大切です

そして、風邪をひいてしまった人、インフルエンザにかかってしまった人も、
これ以上周囲に病気を広めてしまわないために、マスクでガードです

みんなで協力し合ってこの冬を乗り切りましょうー

IMG_0540_web_20130208151609.jpg


さらに…間もなく春がやってきますが、次なる悩みは花粉症です

何を隠そうらんなーM、30代にして花粉症とのお付き合いは20年以上というツワモノです。
昔は、それこそ勉強も身に入らないくらいに鼻水がズルズルと、涙もポロポロと、大変なものでした。
しかし最近…症状が軽くなり、春があまり怖くなくなりました

良い薬を見つけたの…?
いえいえ、薬は症状を抑えているだけで、根本的な改善にはなっていないと聞いたことがありますので、ほとんど飲みません。
体質改善てきなことで、体の中からきれいになろうと、腸を整えました。
腸は「月」と「太陽」と書くように、体の中の陰陽のバランスをとっている組織だと言われています。
ストレスで影響を受けやすい臓器ですが、お腹の様子ひとつで確かに人の気分って変わるものです

花粉症でお悩みの皆さん、カテキンや甜茶といっしょに、今年はお腹を整えるような何かを採ってみることをおすすめします
即効性はないかもしれませんが、きっとジワジワと効いてきます

それと、甘いものやお酒は控え目に。
らんなーMの経験上、ケーキなどを食べた翌日や、お酒を飲んだ翌日は、症状がひどいです。
いわゆる「嗜好品」ですね。
これはお腹の様子にかかわらず、残念、体にはよろしくないものなのでしょう
体が花粉と戦っている時に、足をひっぱってしまう存在なのです。。。
我慢でストレスがたまってもいけないので、少量…ということで。


DSCF4716_web.jpg


便利なもの、美味しいもの、簡単なもの…に頼ってしまいがちな現代ですが、少し身の回りを見直したり昔からの知恵を取り入れるだけで改善されそうなこともいろいろありそうです

アイデアを出し合って、健康な毎日を過ごしたいですね


週末イベント情報

2013 - 02/07 [Thu] - 15:08

2月11日は国民の祝日という事で、今週末は3連休になる人達が多いのではないでしょうか。
せっかくの3連休ですから、外に遊びに出かけるのもいいですよね(o^∀^o)

そんななか三島市でも様々なイベントが開かれます!
市外から遊びに来られる方も、地元市民の方もぜひお出かけ下さいね

・・・・・・・・・・・・・

第13回地口行灯と新春開運初午ツアー

地口
(画像は三島市HPより転載)

本日2月7日から三島広小路駅近くの、三石神社と大通り商店街に地口行灯が飾られます。
地口とは、有名なことわざや格言を良く似た発音の別の言葉に置き換えた言葉遊びの事。
思わず上手い!と言ってしまう作品や、クスっと微笑んでしまう作品もあるかもしれません。

また、地口行灯展示期間中の2月10日には初午ツアーを催します。
三島大社から出発して付近のお稲荷さんをお参りします。
お楽しみ抽選会も行われますよ♪

【地口行灯点灯期間】
・開催日時 平成25年2月7日(木)~12日(火)
       17時半~20時半
・展示場所 大通り商店街、三石神社

【新春開運初午ツアー】
・開催日  平成25年2月10日(日)
・受付時間 10時~11時
・集合場所 三嶋大社鳥居前
・所要時間 約2時間を予定
・お問い合わせ先 三島市商工観光課 TEL983-2655

※新春開運初午ツアーは参加費無料です。

----------

三嶋大社 針感謝祭と紀元祭

明日2月8日(金曜日)の13時より針感謝祭が行われます。
折れたり曲ったりしてしまった針を収納めるこの祭り、日頃堅い布を通す針は、最後は柔らかい豆腐に刺し感謝を込めます。

また2月11日(月・祝日)には午前10時より国の誕生を祝う紀元祭が行われます。
祭典後、建国記念の日奉祝行事が行われます。
建国記念日は、神武天皇が即位したとされる日(紀元前660年2月11日)を、1873年(明治6年)に祝日として定められました。
毎年パレードも行われ、多くの方が建国を偲ばれます。

----------

楽寿園 春の小品盆栽展

bonsai-1.jpg bonsai-2.jpg
bonsai-3.jpg bonsai-4.jpg
(画像は楽寿園HPより転載)

盆栽ファン必見の銘品の展示とチャリティー即売会が行われます。
静神小品盆栽会の協力のもと毎年春と秋に行われる恒例盆栽展です。
会場では栽培方法の指導も行われるそうですので、育て方が分からない、でもこれから始めたい!なんて方も安心です。


・開催期間 平成25年2月9日(土)~11日(月・祝)
・開催場所 楽寿園 園内展示場
・開催時間 9時~16時30分 ※入園は16時まで
・入園料  大人300円/子供50円
・駐車場  82台(有料)
・お問い合わせ先 楽寿園 TEL975-2570 
HP http://www.city.mishima.shizuoka.jp/rakujyu/


----------

2月のフリーマーケット


三島市では毎月フリーマーケットが行われています。
自分ではもう使わないけれど、誰かにとってはお宝かもしれません。
家庭内で眠っている不用品を再利用してみませんか?
会場に出向けば素敵な巡り合いがあるかもしれません。
ぜひお越し下さい♪

・開催日時 平成25年2月10日(日)
       8時半~12時
・開催場所 浄化センター広場
・出店数  60店舗
・駐車場  あり


●フリーマーケットに出店をお考えの方…三島市内に在住で18歳以上の家庭内で眠っている不用品を販売する方(アマチュア)であれば、出店の申し込みが可能です。
ただし、食料品・野菜・生花・動物や昆虫・仕入れた商品・材料を購入した手作り品の販売、及び、政治・宗教・事業活動等のパンフレットの配布や掲示等はできません。
※詳しくは三島市HPをご覧下さい。

----------

第31回三島市民演劇祭

市内および近隣の6劇団が多彩な舞台をお届けします。
趣向を凝らした舞台は、TVやDVDとも異なる生の迫力が楽しめることと思います。


・開催日時 平成25年2月10日
      11時~18時40分
・開場  10時30分
・開会式 10時50分
・開演  11時
・終演予定 18時40分     
・開催場所 三島市民文化会館小ホール
・駐車場  なし
・お問い合わせ先 教育部文化振興課文化振興係
         電話番号 055-983-2672/FAX 055-983-0870
・入場料 大人(大学生以上)1,000円
     学生(高校生以下)500円


※スケジュールはコチラをご覧ください。

内容/
シアター万華鏡
消えた春
作・演出/堀江辰男

 名古屋軍(現中日ドラゴンズ)で剛腕投手として活躍していた石丸進一にも学徒出陣の命、そして海軍に入隊。昭和20年5月10日、石丸の神風特攻隊に出撃命令が下った。ミットを構える本田少尉に向かって、石丸少尉の最後の球が走る。ストライクの声が青空を突き抜けるように響いていった。

市立沼津高校演劇部
胸いっぱいの愛を-頑張っても頑張っても報われないお父さんたちへ-
作/平成19年度市沼演劇部 
潤色/平成24年度市沼演劇部

 頑張っても頑張っても!報われないお父さんたち必見!(笑)「昭和の生きた化石」の異名を持つ44歳堅物高校教師・山田太郎を取り巻くドタバタアットホームコメディを5年の時を超えて市沼演劇部が全力で演じます!

三島かたりべの会
ふるさとの昔話より「三嶋大社の話」「仙人みかん」「親知らず地蔵」
 ~あんたっちと「入れ代わり」をしゃべるべー~

劇団川瀬組
モデルホーム殺人事件
作/鳳いく太
演出/劇団川瀬組

 当社はこの「モデルホーム」システムを画期的な販売方法として開発致しました。当社のモデルホームでは、応募多数の中から選ばれたある家族が、実際に生活をしております。従来のモデルハウス展示場に欠けていた、生活色・生活臭・生活音がここにあります。お客様の大切な住宅購入にあたり、ご検討の一助としていただけたら幸いでございます。

日本大学三島高校演劇部
白雪姫(平成16年度『高校生創作脚本集』より)
作/西岡智美
潤色/日本大学三島高校演劇部

 実は仲が悪かった白雪姫と小人たち。性格最悪な白雪姫に対して小人たちがとった行動とは・・・?

~Mforyou~
楽屋~流れ行く夢よ、女神達に微笑みを~
作/杉山敏

 女優三人の物語。コイバナ、SF、アニオタ、なんでも飛び出す、ちょっと胸がキュンとなるライトストーリー。

----------

プラネタリウム一般公開

美しい冬の星座や天体現象をプラネタリウムで見てみませんか?
大自然の中、箱根の里で開催されるため感動も倍増です。


・開催日時 平成25年2月10日
10時30分からと14時からの1日2回(1回約40分を予定)
・開催場所 箱根の里
・定員    81名
・参加費  1人50円(市外100円)
・申込方法  見学日の前日までに箱根の里(TEL 985-2131)へ


----------

どんぐり'sコンサート

みしまるくんどんぐりズ
(画像は三島市HPより転載)

三島市で活動中のファミリー向けバンド『どんぐり's』のコンサートが三島市民生涯学習センターで開かれます。
主に幼稚園や保育園、地域のお祭りなどで楽しいコンサートを行われています。
今回開催されるコンサートはアニメソングやオリジナルソング、ダンスなども披露してくれるという事で、小さなお子さんから大人まで楽しめる内容となっています。

またお馴染みの三島市のキャラクター『みしまるくんみしまるこちゃん』も遊びに来ます!
ぜひみしまるくんたちと一緒に歌って踊って楽しみましょう♪

※詳しくはコチラをご覧ください!

・開催日 平成25年2月10日(日)
・開催場所 三島市民生涯学習センター3階 講義室
・会場 10時
・開演 10時半
・入場無料
・どんぐり’s HP http://donguris.blog121.fc2.com/




・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたでしょう?
少々詰め込みすぎてしまったかもしれませんが、週末はこんなにも沢山のイベントが行われています。
どこに行こうか悩み中、そんな時少しでもご参考になれば嬉しいです。

嬉しい楽しい3連休、三島も賑わっています~(@^0^@)


このイベントに参加したよ!など、感想やメッセージもお待ちしています。
皆様、楽しい週末をお迎え下さいね

三島駅南口が新しく生まれ変わります!

2013 - 02/06 [Wed] - 16:18

昨年から工事が始まり、完成を今か今かと首を長くして待っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
三島駅南口の工事が着々と進んでいますよ~

IMG_0393.jpg

2月4日から本格的な移転が始まり、改札口などの位置が変わっている事に驚いた!
なんて方も多くいらっしゃったようですね
以前の三島駅の南口の様子といえば―…

05060080_jpg_2006103_rad0BD27.jpg
(三島市HPより転載)

富士山の美しい曲線美三嶋大社をイメージした南口駅舎。
富士山を背にして佇む姿は三島市民にとっては見慣れたもの。
この独特の屋根がどうなるのだろう。なくなるのは寂しいな…
と、三島駅の思い出に思いをはせた方もいらっしゃったことでしょう。
しかし、安心してください。

IMG_0382.jpg IMG_0381.jpg

屋根の雰囲気はそのままに、現代的な装いになる三島駅南口の駅舎。
昔ながらの雰囲気を残しつつ、現代と調和する
三島市の風景には、そんなことを感じさせてくれるような気がします。

ここでちょっとした豆知識
実は私たちの知る「三島駅」とは、二代目にあたることをご存知でしたか?
初代にあたる「三島駅」は、長泉町にある「下土狩駅」となります。
この三島駅(下土狩駅)と区別するために、現在の三島駅は「三島新駅」と呼ばれていました。

800px-Mishima_Station1934.jpg

丹那トンネルの開業にともない、町へ人を呼び込もうと誘致する起爆剤として建設された三島駅。
完成までの道のりは平坦なものではありませんでした。
時代の変遷によって姿形は少しずつ変化してきましたが、よくよく見てみると屋根の雰囲気は現代まで続いているように思います。
あの屋根の形は三島市を象徴しているのかもしれませんね。

IMG_0385_20130205172722.jpg IMG_0386.jpg

そして、建設中の三島駅南口の新駅舎。
以前は、「鉄道の日」の記念行事の一環として、日本の中部地方の特徴ある100の鉄道駅を選出した「中部の駅百選」に選ばれたこともありました。
そんな南口の駅舎の建て替えのキッカケは耐震補強のため。
併せて、様々な改良もされるそうです。

無題
IMG_0388_20130205175509.jpg IMG_0391.jpg
クリックすると画像が拡大されます!

・改札内コンコースを拡大し、階段付近の混雑を解消。
・券売機やきっぷ売り場等のレイアウトの変更。
・多機能トイレを改札内に設置。
・駅舎内外の店舗を、駅舎内に集約。


などの改良が行われる予定だそうです。
駅舎内にはすでに案内板も設置され、点字での表記や音声での案内もされています。

new station

完成は平成25年9月頃とのこと。
完成図のような三島駅南口の駅舎が見られるのは、まだ先のこととなりそうですが楽しみに変わりはありませんね。

三島駅のみならず、三島市では多くの工事がなされています。
佐野美術館の改築・郷土資料館の改築・生涯学習センター屋外立体駐車場・白滝公園街なみ景観整備などなど。
先月オープンした伊豆フルーツパークは、みなさんの記憶にも新しいかと思います。
今後は箱根西麓・三島大吊橋が新たな三島市の魅力として加わってくださることが期待されますね!

より住みやすい町へ。
そして、より多くの人が気持ち良く訪れる町へ。
そんな町になることを願いつつ、新駅舎の完成が待ち遠しくて仕方ないです



今日は何の日~スマートウエルネスみしま~

2013 - 02/05 [Tue] - 17:15

こんにちは!落書きっ子です。皆さんいかがお過ごしですが
2月に入ってからというもの、まるで春のような陽気が続いていますね。
早くこのまま気持ちのいい春に突入しないかな。なんて思う毎日です。


さて本日2月5日は、2(二)5(コ)2(二)5(コ)の語呂合わせで、笑顔の日なんですね!!

皆さんは最近笑っていますか?
毎日色々な事が起こり、心をすり減らしてしまいますが、そんな時こそニッコリ笑っていたいですね。
笑うと気持ちもほぐれて心が軽くなります。
どんな些細な事でもいいので、今日あったおもしろい事、幸せだなと感じた事を笑顔で表現してみませんか。

そこで今日は、笑顔の日にちなみ三島市の推進する『スマートウエルネスみしま』をご紹介します。

スマート
(画像は三島市HPより転載)


スマートウエルネスみしまとは…市民一人一人が健康で・安心して・笑顔溢れる生活をし、「健やかで幸せ」と感じる〝健幸〟都市みしまをつくろうという試みです!

これは心身の健康はもちろんの事、地域の絆づくりや、生きがいを見つけ、地域活性化、産業振興まで行うもの。

平成22年の国勢調査で三島市の人口が減少している事が分かり、その一方で高齢化も進んでいるという結果が発表されました。
三島市では従来と同じように、保険と医療分野のみでの市民の健康づくりを行うのは限界があるとして、もっと広い視野での街づくりを考えていました。
そこで医学博士の久野譜也さんの提唱する『スマート・ウエルネス・シティ構想』を取り入れました。

スマートウ
(画像は三島市HPより転載)


高齢化が進み、人口がどんどん減少してしまうと、医療費を含む〝社会保障関係費〟という国民の生活を保障するために、国から支出される費用が増大してしまうそうなんです!
このままでは自治体の財政を圧迫して困った事になってしまう。
そうならないために、一人でも多く〝健幸〟な状態を保てるよう心掛けたいですね。

でも、運動はめんどくさいな~、一人でやってもつまらない、なんて方もいるかもしれません。


三島市では、ウォーキングイベントを開催するなど、健康づくり普及に力を注いでいますが、まず初めに皆さんに興味を持って行っていただかなければなりません。
無関心な人達が増えてしまうと、「どーでもいいよそんなこと」となってしまいがちですが、「やってみようかな。おもしろそうだから一緒にやらない?」なんて誰かが始め、広がっていく事もあります。
楽しい気持ちを分かち合えば、さらにプラスのパワーとなって自然と人と繋がっていくもの。

緑と水の溢れる街、三島に〝花〟を添えてもっと素敵な街にしようという【ガーデンシティみしま】の取り組みも、生きる中でとても重要な〝食〟をテーマにみんなで楽しく学び育てる【食育】も全て『スマートウエルネスみしま』につながります。

笑顔=みんなの健幸と言っても過言でもない都市づくりを三島市は進めています。
ですから市民の皆さんも少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです。

人、街、自然、全てを含んでの社会です。これからも私達の愛する三島市が、住みやすく、優しい街として発展して行く事を願います

・・・・
詳しくは三島市HPをご覧下さい http://www.city.mishima.shizuoka.jp/mishima_info/swc/

注意!インフルエンザ!

2013 - 02/04 [Mon] - 18:00

こんにちは。スタッフR.Sです。
2月に入り、寒さに耐えるのももうひとふんばり!というところですが、この時期に注意しなくてはいけないのは、やはり「インフルエンザ」ですね。

アイラブみしまキャンペーン事務局のある社内では、今週に入り15人が感染!
アイラブスタッフも現在1名感染中で、回復を待っているという状況です。
まったく恐ろしい感染力をもつウイルスですね・・・

Influenza_virus.png

さて、この寒い時期にインフルエンザが流行する原因としては、
・寒さによる体力の低下
・空気が乾燥することによって、のどや鼻の粘膜の防御機能が低下

などが挙げられるかと思いますが、そもそも「インフルエンザ」って何なのか、皆さんはご存知ですか?発生原因は?
疑問が生じたので、調べてみることにしました。

インフルエンザにはA型、B型、C型があります。
A型、B型は毎年冬期に流行を繰り返し、ヒトのインフルエンザの原因になります。

A型は特に内部での変異型が多く世界的な大流行を起こしやすいようです。A型は人に感染することは稀であり、水鳥などを宿主とします。

B型はA型に比べると流行の規模は小さいのですが、世界的・地域的な流行を毎年繰り返します。ヒトだけを宿主としています。

C型は季節によらず4歳以下の小児に感染するもの。ほとんどのヒトが乳幼児期に感染するが症状が現れないことも多く、病態的にA、Bとの違いが大きいため、C型インフルエンザという別の疾患として区別して扱われることが多いそうです。こちらもヒトだけを宿主とします。

さて、この毎年大流行し、内部での変異の多いA型ウイルスはどこからやってきたのでしょう。
調べていくとすべてのインフルエンザの発生源は"カモ"に由来しているということがわかりました。

カモ、そう、鴨です。

鴨を自然宿主とし、鴨(宿主)には無害なウイルス、それがA型インフルエンザ。
俗にいう"トリインフルエンザ"とはこのことを言うそうです。

このウイルスは通常であれば人間には無害ですが、ニワトリ、七面鳥などに感染することがあり、そうなると鳥を殺すほどの毒性を持ってしまうようです。

この鳥経由のインフルエンザのことを"高病原性鳥インフルエンザ"と呼びます。
このウイルス、人に感染することはあるものの、基本的には鳥と人は種の壁があるため、感染の確立もごく低く、感染が拡大するということも少ないと考えられています。


では、どうして人に感染拡大するインフルエンザが存在するのでしょう?
"ウイルスの突然変異"という言葉は聞いたことがありますが、いったいどうやって?

全てのウイルスは突然変異が起こる可能性を持っているそうです。

"連続変異"といい、簡単な図に示すと下図のようなウイルス構造の変異を繰り返し起こし、まったく別の性質をもった構造に変わること。
こうなると従来のウイルスに対する抗体が対応できなくなり、新型ウイルスの流行に繋がります。
変異

以上がウイルスの基本的な変異のメカニズム。

ところがインフルエンザウイルスにはもう一つ、変異のメカニズムがあるそうです。

"不連続変異"といい、一つの細胞内で、二つのウイルスに同時感染することによって、まったく新しいウイルスが生まれてくるというものです。
この結果生まれてきたウイルスは、原型のものと変異が多く生じるため「ウイルスの大変異」とも呼ばれています。
特に動物由来のものと人由来のものが組み合わさったとき、これまで存在していなかった新型のインフルエンザ流行の原因となるそうです。

では、ヒトに感染する確率は極めて低いはずの鳥インフルエンザが、人類に猛威を振るうウイルスに変化したきっかけは?

原因としては諸説あるようですが"ブタ"の存在が現在での有力説。

ブタの細胞は、鳥インフルエンザ、そしてヒトインフルエンザ、両方のウイルスが同時に感染しうる構造をしているそうです。こうなると鳥インフルエンザの症状を持ち、人に感染拡大する新型ウイルスの誕生。
新型ウイルスに対する抗体を作ったとしても、時間が経つにつれ、この新型ウイルスが変異を繰り返し、また新しい性質を持ったウイルスが次から次へと誕生してくることになるわけです。
これがいわゆる"イタチごっこ"と呼ばれる所以ですね。
変換 ~ かも変換 ~ にわとり変換 ~ ぶた変換 ~ vitrv

いつ起こるかわからない突然変異。
さて、人類が新型インフルエンザに対抗する手段は何があるのでしょう?

答えは至ってシンプルです。
・うがい、手洗い
・マスクの着用
・人混みを避ける

新型インフルエンザが確認されてから、ワクチンの開発、世界各地へのワクチンの流布までは、約半年~1年間ほどかかってしまうそうです。

こちらから先手を打って滅亡させる手段はありませんし、共生という考えもウイルス側には無い、となると、我々人類は、徹底的に守りに徹するしかありませんよね。

まず、感染しないようにする。
先述した方法以外にも、基礎体力をつける、予防接種を受ける、など防御方法はあります。

そしてもし感染しても、完治するまで人との接触を極力避ける。

たまに「インフルエンザにかかっているけど、症状が軽いので仕事に出てきた」なんていう話を聞くこともありますね。
大変忙しい方なのかもしれませんし、勤勉な方なのかもしれません。

しかし、この行為、どういうことなのか、もうお分かりですよね?


どうか皆さん、インフルエンザにはかからぬ様、自己管理をしっかりと行っていきましょう。

そしてもう既にインフルエンザにかかってしまっているという皆さん。
症状はつらいと思いますが、水分をしっかり摂って、十分な睡眠を心がけてくださいね。
早く治りますように。


2月3日は節分です

2013 - 02/01 [Fri] - 17:51

みなさん、こんにちは!
らんなーMです

寒さはこれからが本番ですが…、
次の日曜日の2月3日は節分、そして月曜日の2月4日は立春ですね

img_feb_01.jpg
(写真は三嶋大社のホームページからお借りしました)

らんなーMは、節分というと「豆まきの日」として、鬼のお面のついた福豆の袋が連想されます
豆をまいて悪いものを追い出し、歳の数だけ豆を食べて良いものを取り込む。
これはもう、子どもの頃から慣れ親しんだ風習です。
さらに10年ほど前からは、「恵方巻きを食べる」という関西の文化が日本中に広まり、太巻き寿司美味しいし縁起が良いものなので、ちょっぴりその文化にも乗ってみる…
といったかんじで、お恥ずかしながら「季節のイベント」的な捉え方をしていたわけですが…

今年はしっかりと、日本古来の風習としての節分・立春について調べてみようと思います



節分と立春、どう違うの?

「立春」は、二十四節季の第1節目で、春の始まりの日
冬至と春分の中間です。定気法という太陽の角度を測って二十四節季を配置する方法で、315度になる日のことをいうそうです。今年は、2月4日(月)
そして、立春の前日が「節分」
季節を分けることも意味しているため、二十四節季の各季節の始まり(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことをすべて節分というそうですが、江戸時代以降は立春の前日を指す場合が多くなりました。

☆ちなみに、立春が旧暦の1月1日だと思いがちですが、ほとんどの場合は異なるようです。旧暦は月の満ち欠けが基準になっており、1日は必ず新月。二十四節季は太陽の角度で決まりますので、月の満ち欠けとは関係なく定められます。約30年に1回、立春と新月が重なる年があるそうで、次は2038年と予測されています。

imgstyle.jpg



節分や立春ではどんな行事が行われているの?

古来、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらいの行事が宮中で執り行われていました。
庶民にもその風習が広まったのは室町時代以降と考えられています。

①豆まき
中でも「豆まき」は特に庶民に定着しました。
節分の日に豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないというならわしがあるところもあるようです。
豆は「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがあります。
使う豆はお祓いを行った炒った大豆 (炒り豆) です。節分は旧年の厄災を負って払い捨てられるものなので、撒いた豆から芽が出ては不都合なため炒り豆を使用したと言われています。
元来は家長たる父親あるいは年男が豆を撒き鬼を追い払うものでした。現在ではスーパーなどでも節分にちなんだコーナーが設けられ、厚紙に印刷された鬼の面がついた福豆(ふくまめ)として売られ、親しみやすい行事となりましたね。
また、神社では節分祭、寺院では節分会(せつぶんえ)といい、各地の寺社で年男・年女による豆まきが行われます。

CIMG0896_web.jpg

②節分お化け
節分の夜に立春前夜の厄祓いとして行われる儀式で、普段と違う服装をして社寺参拝を行う異装儀式です。
違う年齢や違う性など「普段と違う姿」をすることによって、節分の夜に現れるとされる鬼をやり過ごすためであったと言われています。
江戸時代末期から盛んに行われていたようですが、昭和初期に民衆の行事としては消えていきました。
近年では町おこしの一環としてお化けを行う町もありますが、信仰面より仮装行列として楽しむイベントとしての面が強調されているようです。

③恵方巻き
節分の夜に、太巻き寿司をその年の恵方に向かって目を閉じて無言で願い事を思い浮かべながら丸かじり(丸かぶり)すると縁起がよいとされている習わし。江戸時代末期から大阪を中心に広まったと言われています。
七福神に因んで商売繁盛や無病息災を願って7種類の具を入れ、福を巻き込むという意味があるそう。
現在では、1980年代から関西のコンビニエンスストアやスーパーでも販売が始まり、1990年代半ばには関東でも見られるようになりました。
今年の恵方は南南東だそうです。
皆さんは召し上がりますか?

20120117.jpg



三島市内で節分の行事やイベントを行うところは?

●三嶋大社 節分祭  2月3日(日)
  午後1時 祭典、年男による豆まき
        厄を祓い、開運を祈る節分祭に続き、年男(73歳以上の崇敬者奉仕)
        による豆まき行事が行われ、福豆が蒔かれます。
        福を授かろうと境内は多くの参拝者でにぎわいます。
  午後4時 追儺祭(ついなさい)・鳴弦式(めいげんしき)
        節分の日の夕刻、本殿に於いて追儺(ついな)祭が、
        引き続き舞殿に移り、鳴弦(めいげん)式が行われ、
        新しい季節を迎えるにあたり、厄災を祓います。
        厳寒の中、身の引き締まる祭典です。

●三嶋大社ゑびす参道夢まつり
 節分祭で賑わう三嶋大社前のゑびす参道が歩行者天国になります。
  日時 2月3日(日)10:00~15:30
  会場 三嶋大社前ゑびす商店街(下田街道)

 【イベント内容】
  ・オープニングセレモニー
  ・門前夢市・軽トラ市
    約40店の露天が並びます。売り切れ御免!
    軽トラで販売しているお店もあります。
  ・パフォーマンス(大道芸および音楽ステージ)
    大道芸はベルーン前駐車場、音楽は大社大鳥居付近
  ・はじめてのチビッコ商人(あきんど)体験
    出店ブースの中に、市内小学生がお手伝いしているお店もあります。
  ・夢札祈願開運スポット巡り ※先着500名様
    夢札に願いを記入して三嶋大社内の開運スポットを巡れば、
    オリジナルのお守りに…。
  ・富くじ ※先着1000名様
    大吉で「ゑびす券」が当たる。
    チラシ裏面掲載の『富くじ』券をご持参ください。
  ・とん汁サービス ※先着500名様 11:00~本部向かい駐車場
    協力:ふじのくに食の都づくり仕事人 田中シェフ(おんふらんす)
 ☆主催:三島商工会議所青年部(TEL055-975-4441)



**********************


行事の由来や意味を知ると、日本の風習は「心」や「願い」と直結しているということがよくわかりました。
今年の節分は、新しい季節を迎える日として、清らかな気持ちで過ごせるような気がします

皆さんもお時間があれば、三嶋大社やゑびす参道に足を運んでみませんか。
うっかり初詣に行きそびれてしまった方も、良いチャンスです
きっと、素敵な1年になりますよ



ラーメンマップの取材が終了しましたー!

2013 - 01/31 [Thu] - 17:10

みなさん、こんばんは

寒い冬…、ラーメンを食べて暖まろう…


アイラブみしまキャンペーンでは、『みしまらーめんマップ(仮題)』の作成にあたり、今月いっぱい市内のラーメン店さんを取材させていただきました~
本日をもって取材終了となりましたので、ご報告いたします。

ラーメン店の皆さま、ご協力いただきまして、本当にありがとうございました


今後はマップの制作作業にとりかかってまいりますが、並行して、
『市内ら~めん食べ歩きブログ』で紹介しています!

banner_20130117170638.png


『みしまらーめんマップ』に掲載する店舗の、さらに詳しい情報を、
こちらのブログでお届けしていますよー

次なるご紹介はこちら…
写真だけちょぴり載せちゃいます。



みつわ食堂
IMG_0658_web.jpg IMG_0665_web.jpg


らーめん道場二代目英喜家
IMG_0266_web.jpg IMG_0272_web.jpg


麺工房 海練
CIMG0653_web.jpg CIMG0679_web.jpg


治ちゃんラーメン
治ちゃん-10_web IMG_0394_web.jpg


味のなかむら
IMG_0808_web.jpg IMG_0818_web.jpg


麺房 五轍
IMG_0643_web.jpg 五轍-10_web


鈴福
CIMG0731_web.jpg IMG_0255_web.jpg


ガッツリ麺ふじもり
CIMG0688_web.jpg DSCF4454_web.jpg



取材させていただいたお店から、順次アップしていきます。


アイラブみしまキャンペーン
『市内ら~めん食べ歩きブログ』


どうぞご活用ください




 | ホーム |  »

プロフィール

アイラブみしま

Author:アイラブみしま
三島市民みんなが、PR大使。
アイラブみしまキャンペーンPRスタッフが三島市の情報などを発信していきます。

静岡県三島市

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ツイッター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。