三島市観光PRキャンペーンブログ

  アイラブみしまキャンペーンのナビゲーター   topページ > 2012年10月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊まつり

2012 - 10/31 [Wed] - 16:52

三島の秋の風物詩といえば『菊まつり
今年も10月30日~11月30日の1ヵ月間、楽寿園で『菊まつり』が開催されますよー
ということを聞きつけたアイラブスタッフは、早速開催初日に行ってきました。

CIMG7998.jpg CIMG8007.jpg

今年で60回を数える『菊まつり』。
楽寿園の職員の方々の手によって、歴史的な建造物が菊を用いて表現される『大型盆景』が、毎年注目を集めています。
そして、今年の大型盆景を飾るのは『久能山東照宮』です。
平成22年12月、当時の最高技術と芸術をもって造営された社殿が国宝に指定されたことは、皆さまも記憶に新しいかと思います。
徳川家康を祀る全国初の神社として、静岡市駿河区内の久能山に鎮座されている久能山東照宮。
なんと平成27年をもって、御鎮座400年周年を迎えるとのこと

IMG_0273.jpg CIMG8015.jpg
CIMG8012.jpg IMG_0274.jpg
(参考までに、久能山東照宮HPも合わせてどうぞ。)

残念ながら、屋根に施されていた菊は未だ花を咲かせてはいませんでした
とはいえ、建物の風格は圧巻そのもの
細部まで再現された『久能山東照宮』は、まるで本物を目の当たりにしているかのよう。
色鮮やかな装飾は、きっと屋根の菊が咲いた頃には一段と映えるに違いありません。
見応えるのある菊で表現された『久能山東照宮』は、一見の価値はありますよー

ちなみに、大型盆景を始めたのは平成5年からだそうです。
その年から、毎年楽寿園の職員たちの手で作られています。
4・5月から準備に取り掛かり、9月末から設置し建設を行うという大きなプロジェクトのもと、目にも美しく楽しい大型盆景』が出来上がるというわけですね。
そういえば、誇らしげな職員の方々の顔をお見受けしました
菊まつりが終わってしまうと解体してしまうらしいのですが、大型盆景にかける職員の皆さんの情熱がひしひしと大型盆景から伝わってくるような気がします。

11月7日から13日はライトアップもしているそうです


この他にも、園内には鉢に植えられた菊が多く飾られていました。
その数、約6000
10月30日から11月15日まで、菊まつりと並行して園内では『第60回東海菊花大会』も行われるため、市外からも多く出品されます。

CIMG8035.jpg IMG_0279.jpg IMG_0280.jpg
CIMG8024.jpg CIMG8047.jpg IMG_0277.jpg
(クリックすると写真が拡大するのでどうぞ。)

ここで豆知識

キク科の植物は被子植物(大まかに花の咲く植物のこと)の中で種数が最も多く、日本では野菊が350種類ほど自生していると言われております。
日本でも菊は馴染み深く、春のに対して、日本の秋を象徴する花とされています。
50円玉、パスポート、家紋などにも使用されていたりします。

その中でも、園内で展示されている菊は―…
屋根に使われている菊は『スプレー菊』と呼ばれ、枝分かれてして多くの花をつける菊のことです。
鉢に植えられている菊の大半は、観賞用として好事家に栽培されることが多い『大菊』と呼ばれる菊でした。
大菊』にも種類があり、多数の花弁が中心に向かってこんもりと盛り上がった『厚物』と、花弁が管状になり直線的に放射状にのびる『管物』に分かれています。
他にも『洋菊』などもあり、背格好も色も様々ですが同種でも出品者によっては見た目は異なるため、さらに面白味が増します。


さて、肝心の菊まつりですが、見頃は11月10日から15日だそうです。
ぜひぜひ、皆さまお誘い合わせて足を運んでみてください


CIMG8022.jpg

園内では、良質の菊苗の販売もしていましたよ~



菊まつり

開催期間:10月30日(火)~11月30日(金)
・~11月15日(木):第60回東海菊花大会
・~11月14日(火):栽培技術相談(11月5日/9日/10日は休み)
          菊花、菊苗即売所(11月5日/9日/10日は休み)
・11月7日(水)~13日(火):夜菊鑑賞(ライトアップ)

※休園日:11月19日(月)/26日(月)
 開園時間:10月30日/31日 午前9時~午後5時(最終入園午後4時30分)
      11月1日~30日 午前9時~午後4時30分(最終入園午後4時)
      夜菊鑑賞中のみ、午後9時まで(最終入園は午後8時30分)

その他詳細は、ホームページへ。
楽寿園:http://www.city.mishima.shizuoka.jp/rakujyu/

スポンサーサイト

お歳暮セット、追加で受付中です!

2012 - 10/30 [Tue] - 17:26

この度、三島ブランドアイラブみしまキャンペーンがタイアップし、
オリジナルお歳暮セットを、大好評販売中です

限定250個の販売予定でしたが、おかげさまで大変好評につき、
さらに追加で受け付けております


お歳暮表


三島ブランドとは...
三島における「特産品」や地域素材・技術を活かした「隠れた逸品」、
魅力ある「観光資源」など全国に誇り得る三島の優れた資源を発掘し、
それらを地域ブランドとして三島商工会議所が認定したもの。


受付締切:11月20日(火)
※全て限定商品のため、締め切り前でも無くなり次第終了となります。
発送予定:12月初旬
支払締切:11月30日(金)
※11月30日までにご入金のない場合はキャンセルとさせていただきます。

おかげさまで限定250個(総数)を超えたため追加でご用意しておりますが、
ぜひともお早めにお申し込み下さい。


1 三島贅沢セット ¥10,000 
   三島の最高級特選品の詰め合わせ!
2 JA箱根西麓三島野菜セット  ¥2,000

   三島の豊かな土壌に育まれた新鮮野菜!
3 三島まんぷくセットA  ¥5,000

   三島の特選品、絶妙バランスの逸品!
4 三島まんぷくセットB  ¥5,000
   三島の特選品、絶妙バランスの逸品!   
5 三島得々セットA  ¥3,000
   三島の魅力を散りばめたお得なセット!
6 三島得々セットB  ¥3,000
   三島の魅力を散りばめたお得なセット!


注文票のダウンロードはこちらからどうぞ☆


注文しようか迷っていたあなた!
まだ間に合いますよ~。

皆様のご予約、お待ちしております


光安寺 パート1

2012 - 10/29 [Mon] - 17:29

こんにちは!秋の風が心地よく、お散歩がしやすい季節になってきましたね
これでおもいっきり三島散策を楽しめます
先日、スタッフのみつりんと落書きっ子で日の出町にある『光安寺』に行ってきました。


DSCF2903.jpg DSCF2943_R.jpg


光安寺はもともと三島川原ヶ谷にあった真言宗のお寺だったそう。
その後、時宗二祖真教上人に帰依し、1308年時宗に改宗しました。
また光安寺は【駿河一国百地蔵菩薩霊場】百ヶ所目のお寺でもあります!

DSCF2953_R.jpg


駿河一国百地蔵菩薩霊場とは・・・
静岡市研屋町にあった顕光院の加藤道順師という方が、由緒ある地蔵尊をまとめて巡拝するのが良しとして創ったものです。
地蔵尊の信仰はあついけれども、個々の存在であって一連の関係がないと考え、
自分で巡拝をとげ、御詠歌があるものは、それを使い、無いものには新たに作歌して、駿河一国百地蔵菩薩御詠歌を編集したといわれています。

ちなみに前回ご紹介した言成地蔵尊もこの駿河一国百地蔵菩薩霊場の99ヵ所目に数えられています。
中には100ヵ所すべて回ってきました。なんて方も来られるそうですよ!




こちらには市指定文化財の【鼻取り地蔵(地蔵菩薩座像)】と【板碑(いたび)】があります。



DSCF2908.jpg 

【鼻取り地蔵(地蔵菩薩座像)】

鼻取りとは・・・牛馬を使って田畑を耕す時、牛馬の鼻をとって誘導する事。

このお地蔵様にはこんな伝説がありました。
『昔々、光安寺近くののどかな場所での事。
農繁期の忙しい時期にどの家も田植え仕事に追われていました。
牛馬を使って畑を耕したいが、鼻取りが居ないため仕事がはかどりません。
それはそれは忙しく、お百姓さん達は困り果てていました。
そんな時、どこの誰かも分からない小僧が現れ、慣れた手つきで鼻取りをし、
仕事ははかどりお百姓さん達は大助かり。
日が暮れ、気づいた時にはその小僧の姿は見当たりません!
そんな事が続いたある日、お百姓さん達は小僧の後をつけてみました。
するとその小僧は光安寺の境内に入り、まっすぐ本堂に向かいました。
人々が灯りをともして本堂に駆け込むと畳にはたっぷりと泥の足跡が、
そこに祀られていた地蔵菩薩の象の下まで続いていました。
そう、鼻取り小僧は地蔵菩薩の化身だったのです。
慈悲深いお地蔵様が、正直に一生懸命働くお百姓さん達に手を貸してくれたのです。
それから光安寺のお地蔵様は鼻取り地蔵と呼ばれるようになったそう。』

鼻取り地蔵は『まんが日本昔話の~田植え地蔵~』のモデルになったと
言われています。
昔にテレビで見た!なんて方もいらっしゃるかもしれませんね


像の顔を覗くと何でもお見通しだよそんな顔をしているように思えました。
見る人によっては来る度に顔が違う、そんな印象を受けるそうです。
中には合格祈願や恋愛成就の神様として崇めに来る方もいるそう。
その度に「あっ今渋い顔をしたような、この恋は前途多難なのかしら?」
なんて事もあるかも


私はお地蔵様といえば、石で造られているイメージがありましたが、
鼻取り地蔵は寄木造りでできているんです!みなさんご存じでしたか?
その昔、奈良県春日にいた仏師(仏像などを作る人)が伊豆に来た時に
作ったと言われています。とてもまろやかな、つるんとした光沢があり
安心感を与えてくれます。






IMG_0260_R.jpg

【板碑】

板碑とは・・・
鎌倉時代から安土桃山時代(13世紀から16世紀)にかけてつくられた供養塔で、
死者の追善や後世の安楽を願って、造られました。

石塔の一種で板石塔婆(いたいしとうば)ともいうそう。
光安寺にある板碑は緑泥片岩(りょくでいへんがん)という
緑色の緑泥石(りょくでいせき)や
緑れん石という鉱物のつぶでできている結晶片岩です。

関東地方で多く造られ箱根の西側に残るものは大変珍しく貴重なものなんだそう。


珍しい故に石に詳しい方が、譲って下さい!と訪ねて来ることから、
もともと外にあった板碑を中に入れられたなんてお話しも聞けました


拝殿の中にある板碑、さらにその奥に祀られている本尊の地蔵菩薩座像、
お近くに行った際、ぜひ拝見に行かれてみてはいかがでしょう

さて、パート1はココまで!
パート2では阿弥陀如来像や光安寺の恒例行事をお伝えいたします!


光安寺

〒411-0851
静岡県三島市日の出町6−3
055-972-1102


参考資料:光安寺時報、尊観法親王御詠詩歌(光安寺略縁起)



大きな地図で見る









言成地蔵尊

2012 - 10/26 [Fri] - 17:19

地元の方々は、何度か耳にしたことがあるのではないでしょうか。

齢6才だった幼い少女『小菊』の悲しいお話
私も小学生の時、先生に連れられてお参りしました『言成地蔵尊』です。

DSCF2890_20130323163627.jpg IMG_0247_20130323163628.jpg


小菊は、現在の東本町周辺にあたる三島二日町尾州藩の浪士『尾張屋源内』の一人娘でした。
ある日小菊は、参勤交代で通りかかった播州明石の城主『松平若狭守(わかさのかみ)直明』の大名行列を見物しようと訪れていた母の姿を街中で見かけます。
しかし、そこは大名行列が通る道を挟んだ向かい側。
町の人々が頭を低く下げ、行列が過ぎていくのを待っている最中でした。

そこで気付いた母親は彼女の身を案じ、粗相があってはいけないと慌てて声をかけます。
ところが、名を呼ばれたと勘違いをした小菊はそのまま道を横切ってしまい―…。

当時、大名行列の前を横切ったり、列を乱すような行為は無礼な行ないとみなされ、場合によってはその場での「無礼討ち(切捨御免)」も認められていました。
武士が町人・百姓らから耐え難い「無礼」を受けた時は斬殺しても処罰されないとされ、無礼な行為によって武士の名誉が傷つけられる事を制止するための正当防衛と認識されていたのです。

とはいえ、小菊はまだ幼子。
役人の中には、「犬だ。捨てておけ。」と見逃す声もあったのですが、彼女は供先役人の手によって本陣へ連れていかれます。
町民や玉沢にある妙法華寺の上人が掛け合ったことで一時は難を逃れたはずが、松平が短気であったことや父親が明石藩と不仲にある尾張の国の者であることから、最終的に彼女は手討ちになってしまいました。

そして、そんな無残な我が子の死を知った源内は仇討ちへ。
元尾張藩の砲術の名手でもあった源内は箱根に身を隠し、行列が通るのを狙い鉄砲を撃つのですが、供役人の機転により籠に松平の姿はありませんでした。
まもなく、源内は無念さを噛み締めたまま、自ら命を絶ってしまいます…。

IMG_0249.jpg IMG_0252.jpg

そんな哀れな小菊の霊を慰めようと、人々は地蔵尊として祀り、その後供養に励んだそうです。
言成地蔵尊』という名は、小菊が捕まり命乞いをする際、『何でもお殿様の言うことを聞くから堪忍してください。』と泣き懇願した言葉に由来すると言われております。
その言葉のままに、小菊は大名の言いなりに斬られ、命を絶れたわけですね。
今聞いても、胸が張り裂けそうになります。

しかし、悲痛な歴史があるのにも関わらず、熱心に願い参拝すると『何でも必ず願いを叶えてくれる』と言い伝えられています。
人々の哀れみ労る気持ちが、きっと彼女に届いたのでしょう。
この供養の気持ちが途切れることなく、以後の三島市民にも語り継がれることを願います。


※簡略的なものが市のホームページに掲載されていますので、そちらもどうぞ。


そして、脱線にはなりますが…
映画『十三人の刺客』。
これの題材になったのが、この『言成地蔵尊』ではないかと言われております。

明石藩の暴君藩主、尾張藩との確執、残忍な娘への仕打ち。
映画内では、役所広司さんが演じる『島田新左衛門』の娘が両手両足を斬られていましたが、小菊も斬られていたという見解もあります。
実際、大名が怒り狂った際に放った言葉が、「供先を切りし不届き者。手を切り足を切り極刑せよ。」というものでした。

とはいえ、あくまでも「もしかしたら~」というお話です
その時代が織り成す歴史には様々なものがありますが、今の私たちには理解が追いつきませんね。
どうも、切ないなーと思わざるを得ません。



【参考文献】

・ホームページ

三島市:http://www.city.mishima.shizuoka.jp/ipn000319.html
門前町下田街道祭り:http://www.mishima.info/shimodakaidou/iinari.html

・その他

言成地蔵尊の境内看板(上記写真参照)



言成地蔵尊

静岡県三島市東本町1丁目13


大きな地図で見る

SBSテレビ 『Soleいいね!』

2012 - 10/25 [Thu] - 15:47

本日9:55~の、SBSテレビ Soleいいね! 『いいね!カフェ』 のコーナーで、
三島ブランドが紹介されましたねー

ご覧いただいた方はいますでしょうか?


三島ブランドと言えば、今、好評発売中の 『お歳暮セット』 ですよね
(詳しくはこちら

ということで、アイラブみしまキャンペーンのスタッフも同席させていただき、三島商工会の塩谷さんといっしょにPRをしてきました


写真

こちらはオンエア前のリハの様子。
う~ん、みんな緊張しているのかな


三島で待っているスタッフは、会社の大きなテレビの前にスタンバイ

そして、番組がスタートすると、あっという間に 『いいね!カフェ』 の時間がやってきました。

キャー
R.Sくんと落書きっ子ちゃーん
テレビに向かって手を振るらんなーM(笑)
あ…、先輩としての風格がまるでありません
みつりんは落ち着いて見てます

三島ブランドのポイントを紹介する中、ついに出ましたよ~、
三島の魅力をもっと市外の方にも知ってもらいたい!アイラブみしまキャンペーン

お歳暮セットも、おかげさまで大好評受付中です。
販売セット数を増やしましたので、まだまだ受け付けていますよー
FAX番号・電話番号・ホームページのテロップも出していただきました。

数分間の告知が終わり、CMへ。

はぁ~、終わりましたー。
とっても良い紹介でしたね
らんなーM、出演してないのになんだかホッとしちゃって。

これで、三島ブランドも広く知れ渡り、
お歳暮セットもきっとたくさん売れることでしょうー!



出演された塩谷さん、
マネージャー役のWさん、
アイラブスタッフの二人、
本当にお疲れさまでした


ご覧いただいた皆さま、どうもありがとうございました


アイラブみしまキャンペーンでも、
今後、三島ブランドを取り上げて紹介していきたいと思います。
お楽しみに


みしまコロッケ

2012 - 10/24 [Wed] - 16:58

本日、10月24日より静岡県東部セブンイレブン
みしまコロッケが発売される事となりました
販売に合わせ、本日11時30分より三島市加屋町店で販売開始イベントを催す
ということで、急遽お邪魔させていただきました。

DSCF2871.jpg DSCF2876.jpg

今年で3年目となるみしまコロッケの販売。
昨年、9月に実施した際には、約1ヶ月で完売となるほどの大盛況ぶりでした
そこで、中心地の方以外にもみしまコロッケを味わってもらいたい…
という願い叶って、今年の販売は一味違います。
昨年、三島市・沼津市・函南町など2市3町56店舗で発売だったところ、
今年は御殿場市や伊東市なども加わり、
9市9町136店舗にまでに規模を大幅拡大することとなりました。


その販売開始のセレモニーとして、みしまコロッケ100個が無料配布されることに
これは是非、私たちも参加しなくては…!と意気込み、
飛び入りという形で参加させていただいたというわけです。

IMG_0242.jpg DSCF2875.jpg

店員の皆さんの頭には、
みしまコロッケのキャラクター『ころもっけ』に模したかぶり物が(*゚∀゚*)!!
駐車場で行われたイベント会場だけではなく、
店内も多くのお客様で溢れかえっていました。
無料配布だけではなく、実際に購入してくださるお客様の姿も多く見られました


ところが、静岡新聞の記事でチラリ読んだ程度の私たちは、
事前に配られていた引換券は手元にはなく…。
おずおず尋ねたところ、快くみしまコロッケをいただくことが出来ました。
とはいえ、私たちスタッフ揃ってみしまコロッケのファンですので、店内にて更に購入。
皆で分け合うよりも、丸々一個食べたかったんです

CIMG7957.jpg CIMG7963.jpg

ほくほくとした食感とは対照的な、とろける様な食感が特徴の三島馬鈴薯
製造元であるニチレイの方の話では、
三島馬鈴薯のなめらかな食感を活かすため、あえてあまり他の食材には頼らず、
馬鈴薯の味を存分に味わってもらえるようなシンプルなレシピにした、とのこと。

そのお話通り、原材料は『三島馬鈴薯・玉ねぎ・ひき肉』のみ。
牛肉の味をしっかり残しつつも、
ほんのり食感が残る程度に潰された三島馬鈴薯がそれを優しく包み込む。
それなりの大きさであるはずなのに、重すぎずサラッと食べれてしまう一品でした。
勿論、美味そのものです

販売メーカーによっては味も大きさも異なるみしまコロッケですが、
ちょっと小腹が空いたから…なんて、
ぶらりセブンイレブンに立ち寄って食べるには丁度良いではないでしょうか?
価格も100円と、とってもリーズナブル
しかし、数量限定のため、約1ヶ月間の販売と見込まれております。
皆さま、セブンイレブンに立ち寄った際は是非


更に更に、10月16日から沖縄を除く全国のサークルKサンクスにて
みしまコロッケサンド」が販売されております。
1個230円で、こちらも数量限定ですので最寄のサークルKサンクスにお急ぎください

IMGP6461-thumb-200x132.jpg
(JA三島函南のHPより転載させていただきました)


今日のおやつ~みしま甘藷編~

2012 - 10/23 [Tue] - 18:00

こんにちは!皆様いかがお過ごしでしょうか
何でもおいしいこの季節、今回は秋の味覚さつま芋のおやつです。
三島のさつま芋といえば・・・そう!三島甘藷ですね!

三島甘藷
(写真は三島甘藷.comさんHPより転載させていただきました)

三島市佐野地区の、水はけの良い火山灰土と保肥力のある赤土とが混じり合った畑で作られた三島甘藷。
ほくほく感としっとり感を同時に味わえる一品です。

三島甘藷を使ったメニューやお菓子は沢山ありますね。
アイラブみしまでも『アイラブみしま甘藷スイーツ』として特集をしました。
そんなおいしい三島甘藷を使ったメニューが市外にもありましたのでご紹介します。


東海道線の3つ隣の駅、湯河原にあるパン・洋菓子の住吉屋
湯河原駅から徒歩5分、地元の食材を生かしたスイーツやパンが人気のお店です!
住吉屋では只今みしま甘藷フェアーを開催中!


みしま甘藷スイーツは以下の5種類

みしま甘藷すいーとぽてと 130円(季節限定)

みしま甘藷の渚ロール 500円(季節・数量限定)

みしま甘藷モンブランBOX 600円(季節・数量限定)

みしま甘藷ダイスポテト 380円(販売期間は終了いたしました)

みしま甘藷チョコポテト
 420円(10月25日~10月27日まで





今回は【みしま甘藷ダイスポテト】を頂きました。

IMG_6687_R.jpg IMG_6691_R.jpg
 



さつま芋本来の甘みを生かしたスイーツで、
スイートポテトともまた違うお味です。
こちらでは三島甘藷の紅あずまという品種を使っています。
表面には和三盆糖のカラメリゼが塗られしっとり優しい甘さをプラス。
中には潰していないさつま芋も入っています。
触感の違うさつま芋が楽しめていいですね


ぜひ他の甘藷スイーツも食べてみたいですね。
私がお店に行った時も大人気で、最後の一つをゲットしてきました。
お買い求めの際はそれぞれ販売期間が異なりますので、ご注意下さい!

DSCF2857.jpg

みしま甘藷フェアーは今週10月27日(土)まで開催中です!


普通のさつま芋とちょっと違う、三島甘藷
市外のお店でも食べられる機会があるのがうれしいですね!
住吉屋は湯河原店以外にも熱海本店、モンテ・スミヨシ店・真鶴店
があります!
お近くに行かれた際にぜひ足を運んでみてはいかがでしょう


住吉屋 湯河原店

住所
〒259-0302
神奈川県足柄下郡湯河原町門川497
営業時間
8時30分~18時30分(平日・祝日)
8時30分~18時(日曜日)
電話番号
0465-63-3900
HP http://locoplace.jp/t000231117/
お取り寄せ http://torokeru-de.com/




大きな地図で見る



✤みどりまつり✤

2012 - 10/22 [Mon] - 17:42

良く晴れた気持ちのいい先週末、
長伏公園で開催されたみどりまつりに参加してきました

DSCF2771_web.jpg DSCF2776_web.jpg

こちらはなんと、もう72回目を数え、毎年多くの人でにぎわう大人気のイベントです
花の苗プレゼント箱根西麓三島野菜の直売かかしコンテストなど、
大人から子供まで家族みんなで楽しめるコーナーが満載


CIMG7939_web.jpg CIMG7935_web.jpg

野菜や花・木の苗が安く販売され、
9時の開店と同時にお客さんが次から次へといらっしゃいます!
中でも盛り上がっていたのは、お花の苗の無料プレゼント
30mくらいの行列ができていました。

また、午後から行われたセリ市では、
市場さながらの威勢のいい声が飛び交っていましたよ


CIMG7932_web.jpg CIMG7941_web.jpg

子どもたち大好きな、金魚すくいなんかもあります
10匹以上すくっている男の子を見かけました、スゴイ


DSCF2759_web.jpg DSCF2761_web.jpg

奥の芝生広場ではフリーマーケットも開催中。
緑の芝生とブルーシートのコントラストが眩しい
食べ物ブースでは三島の名産『麩菓子』や、
豚汁、串焼き、焼きそばなどなど、いぃ~香りを漂わせていましたよ


出入り口付近にではかかしコンテストの作品がずらりと並んでます。

DSCF2793_web.jpg DSCF2790_web.jpg

今年の最優秀賞は、沼津特別支援学校の作品に輝きました
(写真右側の作品)


そして
土曜日の午後には、みんなのおまちかね、
みしまるくん」と「みしまるこちゃん」が登場しましたー

DSCF2764_web.jpg

子どもたち、みしまるこちゃんが大好きです
「わぁ~、みしまるこちゃーん」勢いよくダイブです

CIMG7952_web.jpg


市内にお住まいの方はもちろん、近隣にお住まいの方、
遠くからは横浜や新潟からのお客さんもいらっしゃいましたよー。
らんなーMも、柚子の苗木を買って帰りました。
これからがんばって育てて、冬至のお風呂に入れたり、
お料理に使ったり、楽しみたいと思います



そんな大盛況のイベントの中で、
私たちは今回もラーメンマップのアンケート調査をさせていただきました。

DSC_1555_web.jpg CIMG7927_web.jpg CIMG7929_web.jpg

おかげさまで多くの皆さまにご協力いただき、今回も大収穫でした。
ありがとうございました


次回は11月3日(土・祝)の大通りまつりでお会いしましょうー


みしまプラザホテル「カフェレストラン セゾン」のパン

2012 - 10/19 [Fri] - 15:41

美味しいパンはいかがですか


今日は、三島プラザホテル『カフェレストラン セゾン』プチフランスをご紹介します

お店で焼き立てをいただくのが、もちろんいちばん美味しいのですが…、
ちょっと忙しくて時間がない…というあなたに、
とってもとっても嬉しいことに、テイクアウトができるんです


CIMG7893_web.jpg

ジャーン
思い立ったが吉日、早速購入。

事務所に戻るまで、パンのいぃ~香りが車中に広がって、もううっとり

何を隠そうらんなーMは、もう10年以上も、
この「レストラン セゾン」のプチフランスのファンなのです


袋を開けると、やさしくて香ばしい、いい香り~!!

CIMG7906_web.jpg

女性用のこぶりなお茶碗くらいの大きさです。
このままいただいても素朴な味わいで美味しいのですが、
トースターで軽く温めると、さらに美味しさがアップします!

IMG_6680_web.jpg

ほんの2分程度でOK!

こんがり焦げ目がつきました。

IMG_6681_web.jpg

割ってみると~…

IMG_6684_web.jpg

外はカリカリ、中はフワフワ・モチモチ~
ほかほかプチフランス~

小麦粉の香りが豊かで、素朴な中にもしっかりとした味わいがあって、
噛めば噛むほど美味しさが広がります
ちょっぴりバターをつけると、風味が増してまた美味


そしてこれは、『カフェレストラン セゾン』のメニューにもあったと思うのですが、
トーストしたプチフランスのサンドイッチが、
これまた絶品です
ハムやカマンベールチーズなど、ちょっと温まると美味しい食材がよく合います。



皆さんも、週末のブランチにいかがでしょうか
ホテルメイドのパン、ぜひ味わってみてください。



また、『カフェレストラン セゾン』では、
とってもお得なランチコースから、しっかり大人のディナーコース、
季節ごとのプランなど、楽しくお食事ができる企画が満載です!
こちらもぜひ足を運んでみてくださいね~。



みしまプラザホテル
411-0855 静岡県三島市本町14-31
TEL(055)972-2121(代表)
http://www.mishimaph.co.jp/index.html

カフェレストラン セゾン
住所・TELは同上
http://www.mishimaph.co.jp/saison/index.html



大きな地図で見る

今日のおやつ~伊豆村の駅編~

2012 - 10/18 [Thu] - 17:15

こんにちは落書きっ子です!
久しぶりにやってきました、今日のおやつブログ!
今日は伊豆村の駅内にある、
【がんこ豆腐のがんこ屋】の『豆乳ドーナツ』&
【廣瀬農園】の『フルーツトマトジュース』&
『静岡お茶わさび味ポテトチップス』のご紹介です!



136号線沿いにある伊豆村の駅、屋外には小さい畑もあり、
中には様々なおいしいものが売られています。
地場野菜や、三島産のお肉、新鮮な魚介類など1日いても飽きない程
色々な物が売られていました。
今回はおやつを探しに行きましたが、ゆっくりとお買い物をして、
食べたいものを選びながら、その日の献立を考えるのも楽しいかと思います


私達が買った物はこちら

DSCF2721.jpg DSCF2730.jpg

『豆乳ドーナツ』
重量感があり1個食べればお腹がふくれます。
しっかり詰まっていますので腹もちも抜群
時間が経ってもパサパサしない、しっとりもちもちとしたドーナツです!

普通のドーナツと比べ豆乳ドーナツはカロリーも低く、
大豆イソフラボンも多く含まれます。
おいしく体にもいいなんて、いい事だらけですね



IMG_6671_R.jpg IMG_6673_R.jpg
IMG_6677_R.jpg

『フルーツトマトジュース』
サラサラではなくドロっとした濃厚なトマトジュースです。
ジュースというよりトマトソースに近い味わい
色も市販のものより濃く、味は酸味が強すぎません。
煮詰めたのでは?というくらいトマトの濃厚な味と甘みが楽しめます
一般的な大玉トマトは糖度4~6程、こちらの廣瀬農園ミネラルトマト
糖度8.5以上という驚異的な甘さなんです。その味をぜひお試し下さい



DSCF2733.jpg DSCF2735.jpg

『静岡お茶わさび味ポテトチップス』

大きな袋に145gたっぷりと入っています!
一口食べるとピリっとわさびの辛みがしておいしい
抹茶が降りかけてありますが、お茶の風味は強くなく、爽やかさがほんのりと残ります。
食べ出したら止まらないおいしさがあり、注意が必要です



その他にもあれもこれも食べたいというものばかり!
大きな駐車場も完備されていますので、車で来てお土産を沢山買っても安心です
三島の特産品が一挙に集まる伊豆村の駅。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう



伊豆村の駅

〒411-0815 静岡県三島市安久322-1
平日:9:00~18:00
土日祝:9:00~19:00

HP http://www.muranoeki.com/index.html





大きな地図で見る




お歳暮セット 好評受付中です!

2012 - 10/17 [Wed] - 14:23

朝晩の涼しさが、『秋』を感じる今日この頃

ちょっと気が早いですが…、皆さま、冬の準備はいかがでしょうか


この度、三島ブランドアイラブみしまキャンペーンがタイアップし、
オリジナルお歳暮セットを、大好評販売中です

お歳暮表


三島ブランドとは...
三島における「特産品」や地域素材・技術を活かした「隠れた逸品」、
魅力ある「観光資源」など全国に誇り得る三島の優れた資源を発掘し、
それらを地域ブランドとして三島商工会議所が認定したもの。


受付締切:11月20日(火)
※全て限定商品のため、締め切り前でも無くなり次第終了となります。
発送予定:12月初旬
支払締切:11月30日(金)
※11月30日までにご入金のない場合はキャンセルとさせていただきます。

限定250個(総数)で、売切れ御免となりますので
ぜひともお早めにお申し込み下さい。

1 三島贅沢セット(限定20個)¥10,000 
   三島の最高級特選品の詰め合わせ!
2 JA箱根西麓三島野菜セット(限定50個) ¥2,000

   三島の豊かな土壌に育まれた新鮮野菜!
3 三島まんぷくセットA(限定40個) ¥5,000

   三島の特選品、絶妙バランスの逸品!
4 三島まんぷくセットB(限定40個) ¥5,000
   三島の特選品、絶妙バランスの逸品!   
5 三島得々セットA(限定50個) ¥3,000
   三島の魅力を散りばめたお得なセット!
6 三島得々セットB(限定50個) ¥3,000
   三島の魅力を散りばめたお得なセット!


どれも素敵な内容で、目移りしてしまいますね~

おかげさまで、どのセットも大好評
間もなく売り切れの商品も出てまいりました!


注文票のダウンロードはこちらからどうぞ☆


皆様のご予約、お待ちしております


フリーマーケットに潜入!

2012 - 10/16 [Tue] - 14:17

10月14日(日)に長伏・浄化センターで行われたフリーマーケットに行ってきました

CIMG7866_web.jpg


このフリーマーケットは、環境市民部生活環境課が主催するもので、
年に10回ほど、楽寿園や長伏浄化センターで開催されています。

開催についての詳細はこちらをご覧くださいね



私たちは今回、このフリーマーケットの出店者やお客様に、
ラーメンマップのアンケートにご協力いただきました

IMG_6632_web.jpg CIMG7867_web.jpg

おじいちゃま・おばあちゃまからチビッ子まで、
やっぱりみんなラーメン大好きなんですね~、
おかげさまで、たくさんの方にご協力いただき、大収穫でした
ありがとうございました。


それにしても、このフリーマーケット、すごい盛り上がりなんです

朝8:30の開店を前に、浄化センターの入場門周辺にはたくさんの人が並びます
こんなに!

1014.jpg

『8:30分です、どうぞ~』の掛け声と同時にお客様は走り出し、
場内はあっという間に大賑わい

IMG_6641_web.jpg IMG_6642_web.jpg

子供服やおもちゃ、バッグや靴、食器類や日用品などなど、
豊富な商品が目白押し
お値段も、フリーマーケットですから、とってもお買い得
書籍や漫画などを大人買いされている方も、ちらほら見かけました~

また、ご家族で出店されているグループも多く、
お父さんや子どもたちも大張り切りなんですよ
子どもたちの『ものを売ること・買うこと』の良い勉強にもなるのかな~と思います。


皆さんもぜひ一度、足を運んでみてください!

素敵な掘り出し物がみつかるかも

沢地 龍澤寺

2012 - 10/15 [Mon] - 15:48

こんにちは。スタッフR.Sです。

以前、参拝に訪れた時は「修行期間中につき部外者立入り禁止」となっており、ご紹介できずにいた
「龍澤寺」
IMG_6559.jpg CIMG7747.jpg

先日ようやく参拝に伺えたので、ご紹介いたします。

龍澤寺は沢地にある臨済宗妙心寺派の禅寺。

宝暦10年(1760年)、白隠慧鶴禅師が小さな荒れ寺だったところを買い取って開創されたそうです。

CIMG7756_20121015134233.jpg CIMG7774.jpg IMG_6564.jpg

白隠禅師は、当時衰退していた臨済宗の中興の祖と称される江戸中期の禅僧であり、「駿河には、過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠」と俗謡が謳われている、五百年間に一人と言われるほどの高僧。
地元の原(沼津)の松蔭寺に出家してからは、禅と修行により悟りを開き、悟りを開いた後も修行を続け、それまでの公案(禅問答)を独自に洗練させました。
また、独学で禅の教えを表した絵(釈迦、観音、達磨)を数多く描いたことでも知られています。

白隠禅師の没後、再び荒廃してしまう龍澤寺でしたが、
その白隠禅師の再来と言われている山本玄峰老師によって再興することとなります。

IMG_6585.jpg IMG_6607.jpg IMG_6577.jpg

和歌山県湯の峰温泉で生まれた山本玄峰老師は、生後すぐに旅館の前に捨てられてしまったそうです。
それを通りかかった岡本善蔵に拾われ、岡本家の養子となることに。
岡本芳吉と名付けられました。
小さい頃は暴れん坊で、感が鋭かったことから「感応丸」というあだ名がついていたそうです。

10代前半から肉体労働に従事し、17歳で結婚し家督を継ぐものの、19歳の時に病気が原因で失明寸前に陥ったことから、弟に家督を譲り、目が見えるようになるようにと願をかけ、四国八十八箇所の霊場巡りに旅立ちました。
「盲目」と「裸足」での厳しい遍路の途上、高知県の雪蹊寺で山本太玄和尚と出会います。
「心の眼は一度開けばつぶれることはない。死んだつもりになれば、本当の坊さんになれる」という和尚の言葉に諭され、芳吉は仏門に入ることに。
出家の後は、その熱心な修行ぶりを見込まれ、山本玄太和尚の養子となり、山本玄峰として太玄のあとを継ぎ雪渓寺の住職となりました。

雪渓寺に入り20年、43歳で雪渓寺を太岳和尚に譲り、全国の名だたる禅僧の下でふたたび修行に励む日々を送るようになった玄峰老師。
龍澤寺、松蔭寺、瑞雲寺など白隠慧鶴の古刹を再興し、50歳で、ここ三島、龍澤寺の住職となりました。

IMG_6563.jpg IMG_6566.jpg IMG_6589.jpg

そして時は太平洋戦争末期。
絶望的な状況下に置かれた日本の首脳陣は、戦争の行方に頭を悩ませていました。
このまま突き進めば間違いなく日本は滅ぶ。
しかし、当時の状況下で戦争を止めるべきである、とか、降伏すべきだ、と公言するものは誰もいませんでした。

こうした状況の中、戦況悪化の責任をとる形で総理大臣を辞職する小磯國昭の後任に、時の海軍大将・鈴木貫太郎が天皇陛下直々に懇願され、推薦を受けます。
「武人、政治に関与すべからず」を信条としてきた鈴木は引き受けるべきか否か、頭を悩ませていた時に、山本玄峰老師に助言を求めます。
そこで玄峰老師は「戦争を止めるために引き受けなさい」と鈴木を終戦に向かわせるための助言を与えることになりました。

これを機に日本は、無条件降伏を主旨としたポツダム宣言を受諾し、終戦を迎えます。
この時の天皇の肉声による終戦の詔勅「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び…」は玄峰老師の授けた言葉であり、戦後の幣原喜重郎首相に「象徴天皇制」の案を授けたのも老師だったといわれています。

玄峰老師の英断により、日本は救われたのです!
(といっても過言ではないですよね?)

IMG_6593.jpg IMG_6590.jpg IMG_6591.jpg

随分と話の筋が脱線してしまった様な気もしますが(汗)、龍澤寺の歴史を遡ると、現在の日本の根底を覆すような歴史があることがわかりました。

歴史を動かしてきた僧侶たちがたどり着いた場所、龍澤寺。
龍澤寺がこのような場所に成りえたのも、三島の、沢地の持つ静かで緑豊かな里山の土地の力があるのだと思います。
IMG_6587.jpg IMG_6578.jpg
IMG_6573.jpg DSCF2523.jpg
私たちが訪れた際も、鳥のさえずりと木々が風に揺れる音以外は何もない、修行に耽るにはこれ以上とない環境であるように思えました。

程よく広い、手入れされた境内を散策すると、生き生きとした彫刻が美しく、均整のとれた伽藍や鐘突き堂に目を奪われます。

DSCF2524.jpg CIMG7754.jpg
CIMG7766.jpg CIMG7780.jpg


龍澤寺の名にふさわしく、龍の彫刻は今にも動き出しそうな生命力さえ感じます。
門の天井を見上げれば、力強く羽を広げた鳳凰の彫刻。
忙しそうに駆け回るお坊さんの姿も見られ、人気の無い里山のせいもあってか、普段生活している世界とは違う場所に来たような感覚を覚えました。

IMG_6597.jpg IMG_6596.jpg IMG_6604.jpg
IMG_6599.jpg DSCF2539.jpg DSCF2542.jpg
DSCF2544.jpg DSCF2545.jpg IMG_6600_20121015134723.jpg

少し先の話ではありますが、毎年11月23日は1年に1度の一般公開の日で、掛軸などの貯蔵品の虫干をする、観楓祭が行われます。

紅葉が美しいことでも知られる龍澤寺。
過ぎ去った歴史に思いを馳せつつ、紅葉狩りに訪れてみてはいかがですか?

IMG_6595.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

龍澤寺

所在地 三島市沢地326番地
電話 TEL:055-986-2206
参考url http://www.mishima-kankou.com/msg/midokoro/10000019.html


大きな地図で見る

みしまラーメンマップを作ります!!

2012 - 10/12 [Fri] - 17:13

みなさーん
食欲の秋、楽しんでますかー?


美味しいものには目がないアイラブスタッフ。
最近は、若干「顔が丸くなったかも~」という心配をよそに、
美味しいものを求め、日々食べ歩き、写真を撮り…

気づくと、アイラブみしまのfacebookには、
『ラーメン食べ歩き』のアルバムが出来上がっているではありませんか
おかげさまでこちらのアルバムは大変好評をいただいております。
どうもありがとうございます
アルバムの一部がこちら

DSCF2558_web.jpg IMG_5717_web.jpg
IMG_6619_web.jpg CIMG7364_web.jpg


そんな、アイラブスタッフの食欲とラーメン熱が実を結んだのか…
(実際は違います)、
アイラブみしまキャンペーンでは、
みしまラーメンマップ(仮名)を作成することになりましたー

早速今月から、アンケート調査を開始してます。
アンケートは、
 ①三島市内の企業の皆さま・学生の皆さまにご協力いただいてます。
 ②三島市内のイベントに出かけ、イベント参加者の皆さまにご協力いただいてます。
どこかでこのアンケート調査に遭遇しましたら、
ぜひ、あなたの好きなラーメン店を教えてください。
よろしくお願いします

アンケートの回答をもとに、
みんなが大好きな有名店から、知る人ぞ知る地元の老舗店まで、
三島市内のラーメン店(ラーメンを食べられるお店)を30店舗ほどピックアップし、取材させていただく予定です。

そして、みしまラーメンマップは、来年3月完成予定
ちょっと(だいぶ?)先ですが、みなさんのご期待に沿えるようにがんばりますので、少々お待ちくださいね。


また、取材と並行して、
『市内ら~めん食べ歩きブログ』で、店舗をご紹介していきます。
ラーメンマップ(紙面)の完成は3月ですが、
ブログでのご紹介はもっと早い時期に始められると思いますので、お楽しみに

banner.png




あ~、この記事を書いていたら、またもやラーメン食べたくなってきましたー

私たちの『食欲の秋』は、まだまだ続きます…。



手打ちそば いしどう

2012 - 10/11 [Thu] - 13:03

先日、晴れてそばビューをしましたみつりんです
突然ですが
今日はそんな素晴らしき出会いを果たせていただいた『いしどう』さんに
感謝の意を込めまして、今日は記事をしたためさせていただこうと思います。



―――――


DSCF2503.jpg IMG_6551.jpg

閑静な住宅地にひっそり佇む『いしどう』。
山々に囲まれ、自然豊かな恵を一身に受ける『いしどう』。

そんな店内では、鳥のさえずりとお客様の楽しそうな談笑の声しか聞こえません。
ときおり届く風は優しく私たちを撫で、
その心地の良さに思わず長居してしまいそうになります。
(まさにエアコンいらず!!)

勿論、そんな自然豊かな立地環境もさることながら、
店内の雰囲気も負けず劣らず素敵でした

CIMG7733.jpg IMG_6544.jpg CIMG7707.jpg IMG_6520.jpg


ご亭主の石堂和夫さんはサラリーマン退職後の第二の人生として、
この手打ちそば屋を始めたそうです。
そば打ちの修行に出向いた際、店の外装や内装に至る細部まで学んだご主人。
(修行の詳細は一茶庵さんHPへ。)
看板をご自身で作り、店内の椅子や机、小皿等も店の雰囲気に合わせているため、とっても趣深い雰囲気となっております。

IMG_6543.jpg IMG_6542.jpg




そしてそして、皆さま待望の主役のそば
取材当日、私たちは揃ってランチセットを注文したわけですが…。
そばのみを語るには勿体ないほどに添えられていた天ぷらや雑炊、
デザートがそばを一層引き立てているため、総じて"美味しい"という一言に尽きます。

CIMG7718.jpg CIMG7714.jpg IMG_6530.jpg DSCF2491.jpg

当月は変わり種の天ぷらでした。
ふわふわの南光梅の梅干し。大ぶりの銀杏。ほろ甘い巨峰
各々口に広がる風味は異なるものの、
その後にそばを食すと、また違った味が楽しめます。
私一押しは梅干しです
上品な酸っぱ味が後を引きながらも、そばの甘味を存分に味わうことができます。

添えられていた雑炊は、そばの実を煮てから脱穀したそば米が使用されたそば雑炊
そば同様初めて食したのですが、その優しい舌触りとホッとさせてくれるつゆの味―…
頬は緩みっぱなしです

そして、デザートのかぼちゃの羊羹
実は中台の息子さんが以前和食職人をしていたとのことで、
そば以外は息子さんの担当。
この羊羹も手作りされ、かぼちゃ本来の甘味が全面的に出ております。
もはや、かぼちゃをそのまま食べているかのよう


IMG_6536.jpg IMG_6529.jpg

つゆも甘すぎず、しょっぱすぎず。
絶妙なお味であると同時に、何度すすっても飽きがこない。
そばの風味を邪魔することもないので、そばが進む一方です。

そんなつゆとそばの素晴らしさは勿論のこと、
三島を愛するご主人のこだわりがここにもチラリ

お茶碗は、『三島茶碗』でした。
茶碗の模様が三島暦の文様に似ていることで知られている三島茶碗。
皆さんに少しでも三島市を知って欲しい、
触れて欲しいというご主人の心意気を感じます。



短い営業時間ながら、日によってはそばが完売してしまうことも。
三島市を愛するご主人が経営されているからか、
地元住民に愛される店として浸透しているようですね。
私たちが店を出た際にも、『準備中』の看板が…。

夏の夜には、も見ることができるそうです。
(ただし、夜は予約制ですのであしからず。)

ゆっくり時の流れを感じながら、静かにそばをすすってみてはいかがでしょうか。



―――――――


いしどう

〒411-0043
静岡県三島市沢地251-3

電話:080-5294-1951

営業時間:11:00~15:00
     18:00~21:00(予約制

定休日:毎週火曜日/第一・第三水曜日

HP:http://web.thn.jp/ishido/



大きな地図で見る


三島ブランドお歳暮セット発売プレス発表!

2012 - 10/10 [Wed] - 17:23

10月9日より販売がスタートしました、
三島ブランドお歳暮セット発売のプレス発表が行われました

DSCF2621.jpg DSCF2622.jpg



場所はアンテナショップ『芝本町Begin』!
豊岡市長をお迎えして15時にスタートにしました
静岡新聞に記事が掲載されご覧になっていただいた方も
多いかと思います!


せっかくこんなに素敵なおいしい物に囲まれた三島です、
お世話になった方達にもこの味を知ってもらいたいですよね

今回は少しだけ三島ブランドお歳暮セットをご紹介いたします!

DSCF2638.jpg DSCF2636.jpg DSCF2637.jpg


写真左
三島得々セットA
『みしまコロッケ((有)かなめ5個入り×2、
山本食品の金造りわさび漬け120g×1、三島山竹の粕漬け(時鮭)×2、
三嶋ベーコン×200g』
 ¥3,000

中央
三島得々セットB
『みしまコロッケ((有)かなめ5個入り)×2、
山本食品の農兵漬け150×1、箱根山麓豚500g、まんぷく芋どら焼き×2』
 ¥3,000


三島まんぷくセットA
『三島うなぎ(冷凍真空パック1人前)×1、
三島恵比寿豚(ロース)×400g、みしまコロッケ(山本食品6個入り)×1、
カメヤ食品の農兵漬け(経木樽)200g×1』
 ¥5,000




いずれも三島のおいしいものがぎゅっと詰まったグルメセットになっております

上記以外のセットもありますので詳しくはコチラをご覧ください!

またお歳暮セットのチラシは三島駅前の観光協会、
三島市役所、そして芝本町Beginにも置いてありますので
お出かけの際はぜひご覧になって下さい



*****************************************




記者の方から「この中でおすすめの一品は何ですか?」
豊岡たけし市長に質問が入り、
「三島にはおいしい食がたくさんあり、一品だけ選ぶのは難しい。
どれもこれも味わっていただきファンを増やしたいです。」

と笑顔で答えてくれました。


大変嬉しい事に市外からもご注文を頂いております。
三島っ子もそうでない方も、日頃の感謝と真心を込めて、三島のおいしい、うれしいものをお届けいたします。
ぜひご利用下さい。

DSCF2629_R.jpg



オリジナルお歳暮セット販売します♡

2012 - 10/09 [Tue] - 10:56

今日の記事は、mahalohaが退職前にしたためた、
とっておきの情報です


***************


Aloha

三島大好きなみなさんに朗報!

この度、三島ブランドアイラブみしまキャンペーンがタイアップし、
オリジナルお歳暮セットの販売が決定しました。

三島ブランドとは...
三島における「特産品」や地域素材・技術を活かした「隠れた逸品」、
魅力ある「観光資源」など全国に誇り得る三島の優れた資源を発掘し、
それらを地域ブランドとして三島商工会議所が認定したもの。


受付締切:11月20日(火)
※全て限定商品のため、締め切り前でも無くなり次第終了となります。
発送予定:12月初旬
支払締切:11月30日(金)
※11月30日までにご入金のない場合はキャンセルとさせていただきます。

限定250個(総数)で、売切れ御免となりますので
ぜひともお早めにお申し込み下さい。

1 三島贅沢セット(限定20個)¥10,000 
   三島の最高級特選品の詰め合わせ!
2 JA箱根西麓三島野菜セット(限定50個) ¥2,000

   三島の豊かな土壌に育まれた新鮮野菜!
3 三島まんぷくセットA(限定40個) ¥5,000

   三島の特選品、絶妙バランスの逸品!
4 三島まんぷくセットB(限定40個) ¥5,000
   三島の特選品、絶妙バランスの逸品!   
5 三島得々セットA(限定50個) ¥3,000
   三島の魅力を散りばめたお得なセット!
6 三島得々セットB(限定50個) ¥3,000
   三島の魅力を散りばめたお得なセット!

詳しい内容は、チラシをご覧下さい

お歳暮表

お歳暮裏


お歳暮選びって、なかなか頭を悩ますところですよね。
そもそも若い世代はあまりお中元やお歳暮に縁がないかもしれません...。

かく言うmahalohaも、実はお中元もお歳暮も送ったことがありません

実家では毎年必ずmahaloha mummyが送られた相手が喜びそうな贈り物を
考えて考えて考えて
「今年は○○にしたわよ~と嬉しそうに、
お送りしたりお届けしたりしているのを見てきました。
その考えるという行為も、それはそれで楽しそうですし、
お中元・お歳暮を送ることで
遠方でなかなか会うことのない親戚や知人から
お礼のお手紙やお電話をいただいたりして、
お互いの近況を報告したり、様子を伺い知る姿をみていると
なかなかいい文化だなぁと思います。

でもやっぱり何を送ったらいいかわからない…。
そんなときにオススメなのが、オリジナルお歳暮セットです。

三島の美味しいものがいっぱい詰まっていますので、
みなさんの大好きな三島に「ぜひ遊びに来てね」という気持ちも込めて
お世話になったあの方へ贈ってみませんか?



焼き菓子 tent 【Part2】

2012 - 10/05 [Fri] - 17:54

お待たせしました

この1週間、私たちは毎日のように、購入したお菓子を少しずついただき、
写真を撮り、あの空間を思い出しては幸せに浸っておりました

『焼き菓子 tent』 Part2をお届けします。



15:00の閉店時間を迎え、私たちがお店に戻ってくると…、
あらあらこんな看板が。

IMG_0183.jpg

そうかぁ~、売り切れなんですねー。
ちょっと嬉しいような、残念なような…

でもこれってすごいことです!
3時間の間に、あのたくさんのお菓子たちが全て売れてしまったとは

お店に入ると、気持ちいいくらいにお皿やカゴが空っぽになっていました。

IMG_0186.jpg CIMG7602.jpg IMG_0184.jpg


早速、『焼き菓子 tent』のオーナーであり、お菓子職人の須山さんにお話を伺いました。


こちらのお店で販売を始めたのは、今年の3月から。
それ以前は、雑貨屋soraさんに卸していただけで、ご自分での販売はしていなかったそうです。
でも、soraさんを始め、たくさんのお友達や先輩の皆さんに背中を押され、
今のお店をオープン

お菓子作りから販売まで、すべてお一人でやっているので、
準備に1週間くらいかかるそうです。
現在、営業日は月1回。


       CIMG7564.jpg
       ブルーベリーマフィン
        ブルーベリーたっぷりで、シナモンやナツメグがスパイシー!
        オイルを使っているので軽い食感。

       CIMG7565.jpg
       ピーカンパイ
        ピーカンナッツがザクザク!
        定番の大人気商品。

       DSCF2301.jpg
       スノーボール
        ほろほろサクサク。なのにしっとり。
        何個でも食べられちゃうやさしい味。


昔からお菓子作りが好きで、趣味程度に楽しんでいたという須山さん。
本格的に勉強を始めたのは7年くらい前のことで、
月に1~2回、東京の教室に通ったそうです。

本やインターネットで見つけたいろいろな教室に行ってみて、
自分に合うところ、自分の大好きなものを見つける。

周囲は、本当にお菓子作りが好きで、真剣に学びたい人が集まっていたので、
目標を持ってがんばっている雰囲気がとても刺激的だったと、
今でも興奮気味に話してくださいました。


        CIMG7558.jpg
        ヴィエノワ
         かわいらしい絞り出しクッキー。
         子どもにも大人気!

        CIMG7560.jpg
        トスカケーキ
         バターと生クリームを使った、トスカ発祥のケーキ。
         上にのったアーモンドスライスの香ばしさが、
         しっとり生地を引き立てます。

        CIMG7561.jpg
        ガトーショコラ
         大人味のほろ苦チョコレートの生地に、
         オレンジピールのアクセントがたまりません。


教室で習ったお菓子は、復習のために自分で作ってみる。
買ってきたお菓子で気になるものがあれば、本で探して作ってみる。
出来上がったものを、お友達にプレゼントすると、とっても喜んでくれる。
それが本当に本当に嬉しい…!

喜んでもらえると、もっと…!って思いますよね。

美味しいお菓子を口にした瞬間、人は笑顔になる。
美味しくて、楽しくて、ワクワクする。

『tent』というお店の名前の由来、まさにそのとおりですね。


        CIMG7562.jpg
        黒糖とクルミのサブレ(左)…
         焼くと黒糖が溶けてカリカリに!
        チーズサブレ(右)
         今回唯一の塩味のお菓子。
         しっかりチーズ味とコショウがきいて、
         お酒のおつまみにもGOOD!

        DSCF2304.jpg DSCF2298.jpg
        チョコビスコッティ
         チョコレートの香り豊かなサクサクビスコッティ。
         もろいのでカットが大変。
         割れてしまったら少しお値引です。

        CIMG7557.jpg
        ブロンディ
         ブラウニーによく似たアメリカのお菓子。
         バター・チョコチップの風味と、
         クルミのゴロゴロ感が最高。

        CIMG7546.jpg
        ココナツサブレ
         ココナツとアーモンドパウダーがたくさん入った、
         ほろほろサクサクで人気の定番商品。


お店をオープンすることになってからは、
たくさんのお友達や先輩方が応援してくれたそうです。
看板やハンコ、紙袋などもお友達の手作り。

また、それまで、同業者はライバル的な存在なのかな、と思っていたそうですが、現実はぜんぜん違いました。
みんな、「一緒にがんばっていこう!!」と、あたたかく声をかけてくださり、とても励みになるそうです。

応援してくれる人がいる、励ましてくれる人がいる、
それだけで、前向きにがんばっていけますよね。


        CIMG7547.jpg
        ぶさいくスコーン
         なぜ「ぶさいく」?
         焼く時に、どうしても形が崩れてしまうのだとか。
         でも、お味は最高!スタッフ一押し!

        CIMG7548.jpg
        あんずのタルト
         夏の終わりに、季節の果実を使ったタルトを1品。
         甘酸っぱいあんずと甘さ控えめのクリームが
         良く合っています。

        CIMG7549.jpg
        カヌレ
         フランスのお菓子、プリンを焼いたような感じだとか。
         表面のカリカリ感は、1日という短い命。

        CIMG7555.jpg
        グラノラバー
         麦・アーモンド・ドライフルーツなどを、
         はちみつとバターを溶かしたもので固めてあります。
         美味しさギッシリ!ホワイトチョコがアクセント。


お店を始めるときは、まさかこんなに混雑するようになるとは
想像もしていなかったそうです。
商品の量と、開店の時間や頻度の調整どのようにしていくか、
悩むところだ…とおっしゃっていました。

それだけ、須山さんのお菓子がみなさんの心に『ワクワク』感を与えてくれる!
ということなんですよね。
私たちスタッフも、本当に本当にどれも美味しくて大好きで、
幸せを噛みしめながらいただきました


☆今回並んでいた商品を紹介させていただきました。
 毎回、季節のものを入れて、7割程度が定番商品、3割程度が新商品とのこと。


静かな住宅街にある、素朴でかわいらしいお菓子屋さん。
須山さんの素敵なお人柄と、そのお人柄そのもののお菓子たち、
これからも、静かに人気が広がっていくことでしょう。



*****


焼き菓子 tent
三島市徳倉5-13-29
tel・fax 055-987-1511
open 12:00  close 15:00
営業日・・不定(その都度ブログでお知らせがあります)
ブログ http://okashitent.exblog.jp/


大きな地図で見る


新顔となります。

2012 - 10/04 [Thu] - 18:03

初めまして(♡ ὅ ◡ ὅ )
mahalohaさんにバトンタッチされる形で入りました、みつりんと申します。

約半年という、とっても短い間になってしまいますが…
既存のメンバーさん。
また、今までアイラブみしまに携わってきていただいた方々に負けぬよう、
三島を愛する一市民として邁進していきたいと思います、ので!!
暖かく見守ってくだされば幸いです


そして、昨日・今日と先輩方に連れられるがままに三島市内を散策してきました。
その中で最も印象的だった手打ち蕎麦屋の『いしどう』さんにて、
私はお蕎麦デビューを果たせて頂きましたΣ(ノ≧ڡ≦)

DSCF2503.jpg CIMG7718.jpg

とっても印象深く、皆様に少しでもこの美味しさを伝えるべく!!
後日、改めて詳細の記事をUPさせていただきます
皆様、どうぞ楽しみに待っていてください。



それでは、軽いご挨拶ではありますが、この辺にて失礼させていただきます。
これから私も微力ながらスタッフとして活動していきますので、
皆様とご一緒に、この彩豊かな三島を盛り上げていければと思います。

 

ナガクボケンジ展(さんしんギャラリー善)

2012 - 10/03 [Wed] - 19:11

10月1日から、さんしんギャラリー善で開催中
【ナガクボケンジ展】に伺ってきました。
DSCF2443.jpg DSCF2442.jpg

入口を入ると床一面に約10センチ四方の台座が無数に置いてあります!

DSCF2405.jpg


そう今回の主役は『台座』です。
台座とはものを載せて置く台のこと。
規則的に並ぶ無数の台座が緻密に構成された空間です。



************************

~作者ナガクボケンジさん~
1958年東京都生まれ
1976年静岡県立韮山高校卒
1980年広島大学卒業
1982年東京学芸大学修士課程修了
現在埼玉県在住

*************************


今回の個展のため1年がかりで準備されたという台座たち。
その数およそ1400~1500点にものぼります!
空間をどう生かすかを考え、あえて床に置く事にしたそうです。


台座の上にはナガクボさんの気になったものたちが乗っているそう。
しかもよく見ると時計のように動いているんです。

これは一つづつ手作りで作った台座の下に時計の機械部分を
入れ込んであります。

DSCF2415.jpg

1周して止まりまた10秒程すると動きだす仕組みになっています。

木を削りジェッソという水溶性の白亜下地を塗っていきます。
2か月程かけて繰り返し、この白い台座が出来上がります。
あまり主張しすぎず上に付ける物とマッチするように
作り上げていくんだそう。





台座の上に付けるものは道に落ちているような
木の葉や木くずでもいいそうで、
昔よく遊んだという沼津の牛臥海岸からひろってきたもの達を作品にされています。

DSCF2406.jpg DSCF2408.jpg
DSCF2412.jpg DSCF2420.jpg
DSCF2409.jpg DSCF2410.jpg

海ならではのカニや海藻などをはじめ、流れ着く様々な台座の上に乗る部品たち。
意識しなければただのゴミで終わってしまうものもこうして飾ると作品ですね。


DSCF2375.jpg DSCF2397.jpg DSCF2403.jpg
DSCF2377.jpg DSCF2378.jpg DSCF2381.jpg

『この窓の外をひろう』と題されたものは、
その名の通り、さんしんギャラリー善の外にあったものを拾い作り上げられました。
普段見ないような隅の方のものも
台座に乗せる事で回ったり、動いたりと
愛着がわくかもしれない。
そんな思いからできあがりました。


学校の先生をされているナガクボさん。
図工室に生徒さん達が残していった、針金や金具の部品も作品になります。

DSCF2389.jpg DSCF2390.jpg
DSCF2391.jpg DSCF2392.jpg DSCF2393.jpg




ほとんどの作品は床に並ぶ中、壁を生かして広々とした空間を構成。
『稲穂をふたたびゆらす』と題され、
まるで本物の稲畑のように台座上で風にゆられる稲穂が並びます。

台座下にできる光りと影のコントラストも素敵です。

DSCF2432.jpg DSCF2428.jpg DSCF2433.jpg




そしてこの緻密な配置は等間隔で並べながら作るそう。

DSCF2400.jpg


スッキリしながらもとても濃い空間になっています。
「身近な日常から選んだものを台座に置くと、そこに新しい息吹が誕生します。」
まったく違うものに見えるから不思議ですよね。


*************************************



DSCF2440.jpg


最後にこの作品はお母さんの病床時、
ヘルパーさんが取ってきてくれた南天の実が
2年以上たった今でも赤い色を保ったままでいることから
作品にしようと思ったそうで、題名もそこから
『病床の南天は未だ赤を』とされました。

ここだけ時間が止まっているのかもしれませんね。



みなさんも個々の台座が刻む音に耳をかたむけては
いかがでしょうか?






~ナガクボケンジ展~

さんしんギャラリー善にて開催中
10月1日(月)~24日(水)
10時~18時最終日は17時まで
木曜休館


〒411-0857
静岡県三島市芝本町12番3号
三島信用金庫 本店営業部 4階(G階)



ナガクボケンジHP
http://www.geocities.jp/nagakubokenji/index.html


さんしんギャラリー善HP
http://www.sanshin-zen.jp/index.html















焼き菓子 tent 【Part1】

2012 - 10/02 [Tue] - 11:58

子どもの頃、初めてテントに入った時の、あのワクワク感。

あんな狭い空間なのに、
果てしなく広い宇宙につながっているような、
ここだけはすべてが自分の自由になるような、
それはもう嬉しくて楽しくて、興奮して、
頭のてっぺんから足のつま先まで「ワクワク」でできているみたい。

そんな無邪気なワクワク感を感じられる場所、
笑顔でいられる場所。

IMG_0092_20121001153749.jpg CIMG7585.jpg


素敵な想いが詰まった『焼き菓子 tent』さん。


*****


営業日は月1回という貴重なその日、
私たちもワクワクしながら取材に伺ってきました

12時の開店を前に、お店の前には行列ができ…、

IMG_0132.jpg CIMG7581.jpg
IMG_0138.jpg IMG_0142.jpg IMG_0090.jpg

開店と同時に、お店に入りきらない人がたくさん訪れる…

IMG_0128.jpg IMG_0135_20121001142438.jpg

まさに、「知る人ぞ知る」隠れ家的お菓子屋さんです。


並んでいる人々の手には、なぜか『カゴ』

IMG_0119.jpg IMG_0123.jpg

なるほど~、これにお菓子を入れるわけですね。

定番の人気商品からどんどん売れていく様子。
お店の中でも、
「あれが美味しかったよ! これも食べてみようよ!」
といったお客様同士の会話が弾んでいました

お店から出てきたお客様の満足そうなご様子…
それはもう、心躍る瞬間でしょうね

CIMG7589.jpg


*****


あらあら、そんなに大人気なら、
お菓子はすぐに売れちゃって、取材できたのー??

はい!もちろんですよ

開店前に伺って、店内の様子を撮影させていただきました。
IMG_0115_20121001152432.jpg IMG_0101_20121001152414.jpg IMG_0111.jpg
CIMG7569.jpg CIMG7543.jpg CIMG7573.jpg

ほらもう、夢のようです!

なんて素敵な空間なんでしょう!

所狭しと、手作りのお菓子たちがひしめき合って並んでいます。

あぁ…、ぜんぶ食べたい…

そんな気持ちを抑えながら撮影を終え、
私たちも行列に並び、お菓子を購入しました。



さぁ、あとは閉店を待ちまして、
オーナーでありお菓子職人の須山さんに、たくさんお話を伺いたいと思います。

Part2をお楽しみに



*****


焼き菓子 tent
三島市徳倉5-13-29
tel・fax 055-987-1511
open 12:00  close 15:00
営業日・・不定(その都度ブログでお知らせがあります)
ブログ http://okashitent.exblog.jp/


大きな地図で見る

三島市公式ホームページがリニューアル!!

2012 - 10/01 [Mon] - 13:22

皆さん、こんにちは

昨晩の台風、雨こそあまり降らなかったものの、
風がビュービューと強かったですね~

皆さんのご自宅周辺は、大丈夫でしたか


今日は、まさに「台風一過の青い空
秋らしい、いいお天気になりました

CIMG7663_web.jpg

あの雲、クジラの親子みたい~



ところで皆さん、
わが街・三島市の公式ホームページ、よくご覧になる方も多いと思います。
私たちアイラブみしまスタッフも、貴重で豊富な三島市の情報源として、
常に拝見し、活用させていただいております

そのホームページが、なんと今日からリニューアルするそうなんです

主な変更点は、以下のとおりです。
(三島市のホームページより転載させていただきました

トップページの掲載内容を約半分に整理します。
 新着情報や人気のある情報、くらし・手続きなどの
 大項目のボタンなど主な情報に整理します。
 その代わりに、三島市の魅力を発信するページや、
 豊富な情報をわかりやすく探すための
 「情報ナビゲーション」ページを新たに開設しました。
モバイル端末専用のトップページを用意します。
 ipadなどのモバイル端末でも文字が小さくてならないように、
 専用トップページを用意します。
ソーシャルメディアと連携した情報発信ができます。
 facebookやtwitterなどに情報が連携できるように、
 ソーシャルボタンをページの上部に配置します。
三島の魅力をわかりやすく発信します。
 三島の観光やガーデンシティ、スマートウエルネスなど
 市が主に取り組んでいる施策やまちの魅力をビジュアル的に紹介します。
地図情報を使った情報提供を積極的に行います。
 googleマップを活用して施設案内などの情報を発信します。

ということで、見やすく素敵なページになることは間違いなさそうですね
今日の朝から作業をされているそうですので、
夕方頃には新バージョンが見られるようになるのでしょうか。
楽しみですね



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


最後に…
個人的なことではありますが、
mahalohaは、9月をもってアイラブみしまを卒業いたします
今までお世話になった皆様、ブログを読んで応援してくださった皆様、
みしまを愛する皆様からたーくさんの愛をいただきました。
本当にどうもありがとうございました

これからは、いちみしまLoverとして陰ながら応援していきたいと思います。
まだまだ「アイラブみしまキャンペーン」は続きます。
どうぞこれからも末永く「アイラブみしまキャンペーン」をよろしくお願い致します。

それではまたいつかどこかでお逢いする日を楽しみに。。。
See you, someday, somewhere...

Aloha & Mahalo


 | ホーム | 

プロフィール

アイラブみしま

Author:アイラブみしま
三島市民みんなが、PR大使。
アイラブみしまキャンペーンPRスタッフが三島市の情報などを発信していきます。

静岡県三島市

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ツイッター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。