三島市観光PRキャンペーンブログ

  アイラブみしまキャンペーンのナビゲーター   topページ > 2012年11月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペ・ド・ノンヌ 三島広小路店 オープン!

2012 - 11/30 [Fri] - 17:00

甘いものには目がないアイラブスタッフにとって、
またもや、嬉しいスイーツのお店がオープンいたしました

IMG_7184_web.jpg IMG_7188.jpg

Pets-de-nonne(ペ・ド・ノンヌ)三島広小路店

『美味しくて安全なケーキ』をテーマに、ホームメイドにこだわった静岡県東部の人気店が今月いよいよ三島にもオープンしました。

ペ・ド・ノンヌのケーキのこだわりは・・・
・低温殺菌の牛乳
・国産小麦100%
・契約農場の良質な卵
・契約農園のフレッシュフルーツをたっぷり使用
・可能な限り手作業で


食育推進都市宣言をしている三島。
美味しいのはもちろんのこと、安心・安全にこだわりを持つお店が増えることは、とても喜ばしいことですね~

IMG_7186.jpg DSCF3356.jpg

我々が伺った際は残念ながら品切れの商品が多かったのですが、普段はフレッシュフルーツのたっぷりのったケーキやタルトがショーケースを輝かせています。

DSCF3387.jpg 変換 ~ IMG_0446
CIMG8724.jpg IMG_7204.jpg

棚に目をやると、美味しそうで可愛らしいクリスマス商品がたくさん並んでおり、年甲斐もなくワクワクしてしまいました

IMG_7191.jpg DSCF3369.jpg DSCF3365.jpg DSCF3370.jpg

ペ・ド・ノンヌ三島広小路店の面白いポイントは、浜焼きスタイルで人気の「三嶋水産」のセレクトショップが併設されていることです!

そもそもペ・ド・ノンヌは三嶋水産の姉妹店。
その三嶋水産の地元を愛する熱い気持ちからセレクトされた品々が、ケーキ屋さんで購入できるという、なんとも面白いシステムなんです。
三嶋水産名物の「三嶋ふわとろ豆腐」をはじめ、山本食品さんの人気商品や、魚河岸Tシャツまで買えちゃいます

IMG_0438.jpg IMG_0441.jpg IMG_0442.jpg

三島への愛情がたくさん詰まった楽しいケーキ屋さん。

これから街を彩ってくれるお店となることでしょう

////////////////////////////////////
Pets-de-nonne(ペ・ド・ノンヌ)三島広小路店

住所 三島市広小路町1-37
電話番号 055-919-2590
営業時間 11:00~20:00
定休日 毎週月曜日(祝日の場合営業、翌火曜日休み)
HP http://www.petsdenonne.com/


大きな地図で見る

スポンサーサイト

~三島甘藷まつり~

2012 - 11/29 [Thu] - 17:00

11/24(土)にJA三島函南佐野支店にて開催された「三島甘藷まつり」にいってきました!

甘藷祭り

今回で開催7回目となる三島甘藷まつり。

この祭りは、三島甘藷祭り実行委員会の主催で行われたもので、「三島甘藷」を復活させることで、三島の農業振興と地産地消の推進及び、佐­野地域の特色ある地域活性化と農業の発展を図ることを目的に行われているものです。

*三島甘藷とは*
101015205734jdm2.jpg
昔から「山北印」といわれ、日本一味が良いと言われてきた三島甘藷。
静岡県三島市佐野地区は、水はけの良い火山灰土と保肥力のある赤土とが混じり合い、甘藷の生産に最適です。ほくほく感としっとり感を同時に味わえるのが特徴で、糖度も14度と高く、イチゴやマスクメロンの糖度に匹敵するほど。
昭和初期、甘藷の全国一の消費地は、大阪や京都とその周辺の街で、各地で生産された甘藷は大阪・京都の市場に集まりました。
その中でも、当時日本の甘藷の相場は三島甘藷「山北印」で決まると言われていたそうです。



午前9時、会場に到着すると、すでに購入した三島甘藷の箱を抱えて駐車場に戻るお客さんの姿が数多く見られ(みなさん大きな箱を2つも3つも抱えていらっしゃいました)、その人気ぶりを伺うことができました。
販売されていたのは紅アズマという品種で、10月~1月が出荷時期ということです。
※さつまいもは採れたてより2ヶ月ほど貯蔵しておいたものの方が糖分が増えて甘味が強くなるそうですよ。

IMG_0466.jpg IMG_7248.jpg IMG_7314.jpg

あいにくの雨からのスタートとなりましたが、時間が経つにつれ会場内はみるみる内に大盛況!
焼き芋、大学いも、さつまスティックの定番メニューを販売しているブースには常に人だかりができ、みなさんお芋片手にお祭りを楽しんでいらっしゃいました。

たまらずアイラブスタッフも焼き芋を購入!

IMG_0458.jpg

湯気と共に姿をあらわした黄金色のお芋は、ほくほく甘くて、程よいしっとり感・・・
幸せです~

DSCF3395.jpg IMG_7216.jpg IMG_7231.jpg
IMG_7227.jpg IMG_7323.jpg


山北さつま汁の無料配布が始まる頃には会場内を縦断する、長蛇の列ができていました。
IMG_0459.jpg IMG_0455.jpg IMG_0449.jpg

大釜でさつま汁を作っている様子は圧巻!おいしそう~・・・
雨上がりの寒い日にはとても嬉しいサービスでしたね。
IMG_7317.jpg IMG_7232.jpg

滋味深い味わいで、身も心も温めてくれました


さらに!近年盛り上がりを見せている甘藷スイーツも見逃せません!
IMG_0495.jpg IMG_7245.jpg IMG_0496.jpg
IMG_0501.jpg IMG_0502.jpg IMG_0476.jpg

スイーツ大好きなスタッフはあれもこれもと、たくさん手を出してしまいました。。。
食欲の秋、恐ろしいですね(笑)

この他、農産物の直売や、甘藷を使ったメニューが並ぶ市内飲食店の屋台、間伐材を利用したリーズナブルな家具の販売など、出店は多岐にわたり、どこも大盛況!
IMG_7278.jpg IMG_7270.jpg IMG_7324.jpg
IMG_7258.jpg IMG_7254.jpg IMG_7267.jpg

とりわけ、みしまコロッケの人気はすさまじいものがあり、開場3時間ほどで完売となっていました!

IMG_7289.jpg IMG_7326.jpg IMG_7327.jpg

みんなみしまコロッケ大好きです

出店:
キャロット・駒形屋・農産物直売所フレッシュ・ふくらしや・NPO法人三島フォレストクラブ
ヤングカレッジ・みはらしの丘・勝又苑・三島市有機農業推進協議会・レカント
中華料理麒麟・日本大学食物栄養学科室伏ゼミプロジェクトM・桃中軒・山本食品
ブルーベリー・ブラッスリームギ・ローヤル・女子栄養大学


そして、甘藷まつりは食べるだけではありません。

会場中ほどでは「山北甘藷音頭」が披露され、大人から子供まで一緒になって、
みなさん輪になって、楽しそうに踊っていらっしゃいましたよ~

IMG_0542.jpg IMG_0546.jpg

体育館の中では「アンパンマンふわふわ」が子供たちに大人気でした!
IMG_7333.jpg IMG_7336.jpg

大きなバルーンの中で本当に楽しそうに元気に飛び回っている姿を見ていたら、こっちまで嬉しい楽しい気分になって元気をもらいました!
というか、これは大人が入っても楽しそうです


こうして、終了時まで終始にぎわいを見せた第7回三島甘藷まつり。
毎年毎年おいしい甘藷を育ててくださっている農家の方々と、山北の神様に感謝して、
また来年の開催も楽しみに待ちましょう!

ごちそうさまでした

新・三島青果市場

2012 - 11/28 [Wed] - 16:53

11月24日の土曜日。
長らく三島市の農家の方々で賑わいを見せていた『三島青果市場』が市山新田に移転し、『新三島青果市場』として稼働し始めました。

という話を聞きつけたアイラブスタッフは、早速新しく建設された三島青果市場へ。

IMG_0630.jpg

三島青果市場は昭和6年(1931年)に現在の緑町に創立され、後に昭和8年(1933年)に現在の泉町(旧三島青果市場)へ移転されました。
かつては、箱根西麓、愛鷹山麓、田方平野から農作物を一手に引き受け、生産市場として活気づいていたそうです。
しかし、近年の都市化による人口の増加と農地の宅地化などによる地場作物の減少。
なおかつ、旧三島青果市場周辺は道路が狭く、渋滞も起きやすいがためにトラック輸送も困難でした。


そんな課題を打開しようと、今年11月24日土曜日。
満を持して、市山新田へ新三島青果市場として移転されたというわけです。

IMG_0626.jpg IMG_0627.jpg

早朝より滞りなく初競りが行われたらしいのですが、私たちが出向いたのは正午過ぎ。
残念ながら、初競りを見る事は叶いませんでした

とはいえ、そこは青果市場。

IMG_0619.jpg IMG_0622.jpg

トラックの姿を多々見受け、業者の方々が次々と農産品を下ろしていきます。

IMG_7415.jpg IMG_7416.jpg
IMG_7417.jpg IMG_7418.jpg

国道一号線沿い、かつ東駿河湾環状道路が付近を通っているため、以前に比べると格段に交通の便は良くなっています。
さらに、周辺は『箱根西麓野菜』の主産地でもあるため、鮮度を落とすことなく市場に直送できる利点もあります。

箱根西麓野菜』といえば、三島市が市を上げて世に売り出そうとしている地元ブランドの一つ。
三島市や地元農家の方々の期待もさることながら、開場前には静岡県知事の川勝知事も訪問し、『箱根西麓野菜』を前面に出した6次産業化への期待も寄せています。
6次産業=第1次産業である農林水産業が、農林水産物の生産だけにとどまらず、それを原材料とした加工食品の製造・販売や観光農園のような地域資源を生かしたサービスなど、第2次産業や第3次産業にまで踏み込むこと。/コトバンクより参照)

箱根西麓野菜の美味しさも勿論のこと、新三島青果市場の魅力は周囲の風景にもあります。

IMG_0623.jpg IMG_0617.jpg
IMG_7420.jpg IMG_0621.jpg

富士山…は、あいにく見ることはできませんでしたが、天気が良ければ綺麗な富士山駿河湾町並みが一望できるとのこと。
美しい風景を眺めながら競りを行うだなんて、私たち一般消費者からすれば羨ましいことこの上ないですよね
でも、ご安心ください
未だ検討中の話になってしまうのですが、敷地内に一般消費向けの直売所地産地消型の『農家レストラン』を建設しようという動きが出ています。

もし実現すれば、私たちは美味しい地元産の農作物や肉類、あるいはお酒なども楽しめるかもしれませんね
どのような形となるかは未だベールに包まれてはおりますが、私たち地元民としては大いに期待してしまうところです。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

三島青果市場

〒411-0015
三島市市山新田144番地1

TEL:055-971-2500(代表)

HP:http://www23.big.or.jp/~marumi/



大きな地図で見る

三嶋大社 新嘗祭

2012 - 11/27 [Tue] - 17:20

皆さんこんにちは!つい先日、秋になりましたなんてブログでお届けしたのにあっという間に冬ですね。
山々も紅葉が色濃くなり季節の流れを感じさせてくれます!
さてそんな中11月23~25日に三嶋大社で行われた新嘗祭のレポートをお届けします!

IMG_7349_R.jpg IMG_0585_R.jpg IMG_7347_R.jpg



新嘗祭(にいなめさい)とは毎年11月23日にその年の新穀や野菜の収穫を神様に感謝し、お供えするお祭りの事です。
ちなみに全国の神社でも行われているお祭りで、五穀豊穣を祈る春の祈年祭対し、秋の感謝のお祭りにあたります。
夏に行われる例祭を含め三嶋大社では三大祭の一つでもあります。



新嘗祭は歴史書、日本書紀に記述されているほど古くから行われていたそうで、皇極天皇元年(642年)に登場したのが最初といわれています。
明治以降、新嘗祭は11月23日に定められ国民の祝日になりました。
昭和23年より勤労感謝の日と名が変わっても勤労を尊び、生産を祝い、国民が感謝し合う日として定着しました。
新嘗とはその年にとれた新しい穀物の事をいい、農作物を神に感謝する祭りですので、昔は新嘗祭が終わるまでは新米は口にしない習慣があったんだとか。



三嶋大社でも盛大に行われ、寒い日だったにも関わらず多くの人達で賑わっていましたよ!
七五三のお参りに来たかわいらしい子供達もたくさんいて、お祭りをより一層華やかにしてくれていました。

IMG_7406_R.jpg IMG_7382_R.jpg
IMG_7374_R.jpg IMG_7390_R.jpg




鳥居をくぐるとあちらこちらからいい香りが漂ってきましたよ~
24日25日の2日間、【えびす市】という三島の町で商売を営む農業、商業、工業、観光業のみなさんの販売PRブースが軒を連ねていました!

IMG_0571_R_20121127154429.jpg IMG_0574_R_20121127154600.jpg IMG_0575_R.jpg
IMG_0576_R.jpg IMG_0577_R_20121127155137.jpg IMG_0578_R.jpg
IMG_0579_R.jpg IMG_0580_R.jpg IMG_0581_R.jpg 
IMG_0584_R.jpg IMG_7393_R.jpg IMG_0586_R.jpg

出店されたのはこちらのみなさんです

・香香飯店(中華)
・旬彩さん太(居酒屋)
・三島の野菜生産者(出店協力JA三島函南)
・アイティエス(情報システムの設計、制作、OA機器の販売)
・きもののむらき(呉服店)
・高村園(製茶問屋)
・駿豆サービス(車検、保険、タイヤ、カーショップ)
・久保田商店(製麺屋)
・駒形屋(駄菓子屋)
・かわい米や
・おんふらんす(レストラン)
・(有)石川鉄造種苗店(種苗店)
・三島市観光協会・三島商工会議所青年部


色とりどりの花や苗、お茶の葉、乾麺、お赤飯、美味しそうなお弁当から三島ブランドである三島柄を使った手ぬぐい、タイヤの販売など本当にたくさんの品物がならんでいましたよ。
とっても寒い日でしたがお店の方達の熱気にこちらまで温まれました!


********

そして今回の目玉、芸能殿に奉納された三島青年会議所青年部とAmiヨットクラブの皆さんが作った、
三島野菜の宝船です!!

IMG_7359_R.jpg IMG_7360_R.jpg


地元農家さんが丹精込めて栽培した野菜、白菜、キャベツ、大根、にんじん、かぶ、ブロッコリーや米俵など
をこれまた青年部のみなさんが力を合わせ組み上げました
夢と希望と野菜をのせた宝船。それは圧巻の一言でした!
また最終日の25日には【宝わけ】と題し奉納したお野菜を皆さんにお配りしたり、宝船で使用した野菜で作った特製汁、【宝汁】も振る舞われました。
残念ながらアイラブは宝汁、宝わけには間に合いませんでしたが、素敵なおすそわけ、心も体も温まった事でしょうね




IMG_7363_R.jpg IMG_7365_R.jpg

そして宝船すぐ横には『お店を探して、野菜クイズラリー』のブースがありました!
このクイズラリーは三島の町中を歩きながらクイズに挑戦、5つの地区から最低1つを選択し協力店舗に置かれている野菜にちなんだクイズに答えるというもの。
キーワードを書き込み抽選箱に入れると抽選で素敵なお宝が当たるというなんとも素敵な企画です。
次のキーワードは何かな?とまるでゲーム感覚で商店を回る楽しみと、三島の歴史をぜひ知ってほしいという思いから旧町名で表記された地図を手に、現在の町名と比べながら回る楽しさもありますね!

どなたか素敵なお宝が当たった方はいらっしゃいますか?
きっと幸せなお宝に違いありませんね。
来年もまた穀物の大収穫、大盛況の新嘗祭を祈って・・・
まだまだ先週末は楽しいイベントが沢山ありました。
みなさんはどちらに行かれましたか









冬の足音が聞こえます

2012 - 11/26 [Mon] - 18:05

山々が、市内の木々たちが色付いてきました。
皆さま、紅葉の時期ですよ~

IMG_0616_20121126175245.jpg image_20121126174716.jpg image1_20121126174715.jpg
IMG_7436.jpg IMG_7461.jpg

有名な紅葉の観光地に行かれるのも一つの秋の楽しみではありますが、見慣れた風景が秋に彩られるのも中々の見物かと思います。
大社境内、大社前や市内の様々な通り、三島市を取り囲む山々など。
ふと目にした時、大衆の感動は得られなくても、ひっそり一人心奪われるものがありますよね。
三島市には、そんな小さな感動がたくさん散りばめられているような気がします

ちなみに、山の木々の写真は『観音の滝』周辺で撮影したものです。
(残念ながら、滝の方は震災で崩れているらしいのですが…。)
木々の種類もありますし、全ての木々が紅葉しているわけではありませんが、赤々と色づくもみじなんかも見受けられました

IMG_7451.jpg IMG_7455.jpg IMG_7454.jpg
IMG_0650.jpg IMG_7448.jpg IMG_0647.jpg
IMG_7446.jpg IMG_7453.jpg IMG_7463.jpg
IMG_7458.jpg IMG_7459.jpg IMG_0636.jpg



そして、彩る山々の中には三島の冬の風物詩の『大根干しが!

IMG_7430.jpg

昭和の初め、平井源太郎が「農兵節」とともに箱根の大根を大々的に世に売り出し始めました。
元より三島市は古くから大根の産地でしたが、今では静岡県下でも有数の大根の産地となっています。
特に箱根西麓は火山灰土が積もってできた土地であるため、根を深くはる大根の栽培に適していたのだそうです。

IMG_7426.jpg IMG_0632.jpg

たくあんに加工された大根は、戦前の保存食でもあり副食でした。
戦中は特に多く生産され、三島の大根も例外なく軍隊用にと重視されていました。
そのため、1本あたり2~4kgの大型大根が箱根西麓に干され、その光景は三島の冬の風物詩として有名になっていったそうです。

確かに干された大根を見ると、『そろそろ冬だな~』と感じますね。
今年も、あと約1ヶ月。
悔いなく、2012年を終えられると良いですね~


 

~連休中の市内イベント情報~

2012 - 11/22 [Thu] - 17:00

こんにちは
街の木々が次第に秋色づいてきた今日この頃、みなさんいかがお過ごしですか?

明日11月23日は勤労感謝の日
3連休となる方も多いかと思います。

『国民の祝日に関する法律』によると、勤労感謝の日は「勤労をたつとび(尊び)、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨とした日だということです。

日頃の自分の頑張りを慰労したり、周りのいる人たちと一緒に、元気に働けることに感謝する日にしたいですね。

勤労感謝の日というのは、本来、新穀や野菜の収穫を神様に感謝し、お供えする大事な行事として、飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まった新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)の日を、第二次世界大戦後のGHQの占領政策によって天皇行事・国事行為から切り離す形で改められたもの。

五穀豊穣を祈る春の祈年祭に対して、秋の収穫に感謝するお祭りにあたります。
そして、この新嘗祭は三嶋大社の三大祭の一つでもあります。

市内では11月23日~25日の3日間、この新嘗祭に合わせたかのように、イベントが盛りだくさん!
みんなで街に繰り出して、お祭りを存分に楽しんじゃいましょう!

・三嶋大社 新嘗祭 宝船奉納
    日時:11月23日 9:00から奉納・展示
    奉納場所:三嶋大社境内「芸能殿」

        三嶋大社の新嘗祭に、地元生産者が丹精込めて栽培した野菜を
        三島商工会議所青年部が「宝船」にして奉納します。
        どんな宝船になるのかは、来てのお楽しみ!
        25日には使用した地元野菜を先着順で無料配布するそうです
        (AM11:00開始)。
        また同日AM10:00より、芝本町おんふらんすの田中シェフが作る"野菜宝汁"
        も無料で提供されますので、こちらもお見逃し無いように。

・えびす市
    日時:11月24日・25日 9:00-13:00
    開催場所:三嶋大社境内「総門前神池周辺」

・野菜クイズラリー
    日時:11月23日・24日・25日 9:00-13:00
    開催場所:三嶋大社境内スタート

        三島の町中を歩きながらクイズに挑戦。正解者には三島の協力店舗からの
        お宝を抽選でプレゼント!

  以上、詳しくは三島商工会議所青年部まで


・沢地 龍沢寺「観楓祭」
    日時:11月23日
    場所:三島市沢地326番地

        1年に1度の一般公開の日で、掛軸などの貯蔵品の虫干をします。
        普段は見られない文化財を鑑賞できるチャンス!

・第7回 三島甘藷まつり

    日時:11月24日 9:00-14:00
    場所:JA三島函南佐野支店(静岡県三島市佐野160−1)
    URL:http://mishimakansyo.com/free/kmatsuri

        箱根西麓の佐野地区は、甘藷(サツマイモ)の生産に最適です。
        そこで育てられた甘藷は、昔から「山北印の三島甘藷」と呼ばれ、
        高い評価を受けてきました。
        三島甘藷祭りでは、この歴史ある山北三島甘藷を産直価格で販売。
        そのほかにも、さつま汁の試食など生産者ならではのおもてなしを
        楽しめます。
        また、JA三島函南合併20周年記念として、みんなが大好きな
        『それいけ! アンパンマン』のふわふわが登場します。
        ぜひ会場にお出かけください。


・いずはこねふれあいフェスタ2012
    日時:11月23日 9:30~15:00(受付時間は14:00まで)
    場所:伊豆箱根鉄道 本社(静岡県三島市大場300)

        詳しくはこちらをご覧ください。


・みしまのお寺めぐり
    日時:11月24日 13:30~
    参加方法・お問い合わせ:みしまのお寺めぐりの会事務局
    住所:三島市南本町2-26
    電話:090-8132-8394
    コース:本覚寺⇒心経寺⇒願成寺
    参加費:500円(資料・保険料含む)
        ※交通費は別途ご用意ください
    定員:18名
    URL:http://www11.ocn.ne.jp/~m_otera/

・縁日(蓮馨寺・本覚寺)
    日時:毎月23日(蓮馨寺)・24日(本覚寺)
    場所:広小路 笑栄通り商店街
    URL:http://www.mishima-kankou.com/topics/detail.php?id=193

        この二日間は広小路笑栄通り商店街ではお客様感謝Dayとなるため、
        いつもよりお得にお買いものできちゃいます!
        この2日間の縁日には言い伝えがあって、
        その昔、日限地蔵尊の縁日に出会った男女がデートの約束をし、
        翌日のお日朝さんの縁日で再会したという素敵な言い伝えが
        あります。
        大切な人と再会して、縁日を楽しんでみてはいかがですか?


気になるイベントが盛りだくさんですね!
是非、街に出かけて、三島の秋の楽しさを満喫してくださいね

生パスタと煎れたてコーヒー ohdou cafe

2012 - 11/21 [Wed] - 11:22

アイラブみしま事務局の最寄り駅の先に、新たなに生パスタ専門店ができたということで、先日行ってきました。
その名は、『ohdou cafe』。

IMG_7132.jpg

今年の4月29日にお店をオープンしてから、まだ1年も満たない新参のお店。
とはいえ、期待以上の美味しさを私たちに与えてくれる素敵なお店でした

CIMG8661.jpg
(裏面にはデザート・ソフトドリンク等の記載があります。)

『ohdou』の響きから、王道のパスタを提供していただけると思っていたら…!
良い意味で裏切られました。
どれもこれも目移りしてしまうような、8種異なるパスタたち。
さらに、季節限定気まぐれパスタ2種類。
(どうやら『ohdou』とは店主のご苗字が由来しているとのこと

そんな「ohdou cafe」のパスタのコンセプトは―
無農薬野菜を使用した安全で安心のパスタソース・モチモチ食感の生パスタ』。
そんな謳い文句どおり、出されたパスタはモッチモチ

しかも、11時~14時はお得なランチタイム!!

IMG_7124.jpg DSCF3328.jpg DSCF3334.jpg

メイン1皿(780円~)プラス150円で、スープ・サラダ・ソフトドリンクが付いてくる

そのソフトドリンクの中には、店主こだわりの契約自家焙煎コーヒーも含まれます。
コーヒー通常420円することから、このランチセットがいかにお得かが伺えますね

ということで、私たちもランチセットを注文することに。
ちなみに、パスタ大盛りでもお値段はそのままという嬉しいサービス付きです。

IMG_7129.jpg
ドライトマトのさっぱりオイル(ベーコン付き・大盛り)
ドライフルーツの甘味と酸味を際立たせるさっぱりオリーブオイルの香りと風味。
全体的にヘルシーな印象にまとまったパスタですが、もう少しボリュームを求める方はベーコンをトッピングすると、また違った味わいを楽しめます。

IMG_0421.jpg
かぼちゃとマッシュルームの丹那牛乳クリーム
マッシュルームの良い香りが食欲をそそると同時に、三島市民にとっても馴染みの深い丹那牛乳のクリームが魅力的な一品。
丹那牛乳の甘さの中に黒胡椒のパンチが効いていて、かぼちゃと絡めながら食べるとよりマイルドになります。

CIMG8671.jpg
フルーツトマトのミートソース(エリンギ・温泉卵付き)
振りかけられた黒胡椒が良い刺激になりつつも、お肉のジューシーな甘味が口いっぱいに広がります。
トッピングに乗せたエリンギと温泉卵がよくマッチし、裂けてパスタに絡んだ黄身によって更にまろやかに。

DSCF3332.jpg
アスパラとタラコのクリームパスタ(限定・大盛り)
タラコのクリームソースとシャキシャキのアスパラのバランスが絶妙。
こちらも丹那牛乳を使用しているためクリーミーさは勿論のこと、パスタとの相性も抜群の一品。

お好みでトッピングも選べるので、時々の気分で変えて試してみてはいかがでしょうか。
生パスタの他にも、契約農家のフルーツトマトを3日間煮込んで仕込んだトマトソースがふんだんにかけられた『とろとろオムライス』。
デザート類は、14時~17時にデザートセットとしていただくとお得
コーヒーだけでも…なんて欲求も満足させてくれるようなコーヒーもあります。
夜にはディナーコースや様々なイベントをしていたりもしますので、HPなど要チェックですね。

IMG_0417.jpg DSCF3312.jpg

柔らかな日差しが差し込む店内は、店主の明るい気質を表しているかのように和やかな空間を作り出していました。
気さくな店主に、美味しい生パスタ。

リピーターになってしまうのは時間の問題かもしれません。
アイラブスタッフは、既にリピーターになっております

お葉書も、わざわざありがとうございました。
本日もお邪魔します



++++++++++++++++++++++++++++++++++++

生パスタと煎れたてコーヒー ohudou cafe

〒411-0803
静岡県三島市大場146

TEL:055-977-0350

営業時間:11:00~24:00(ランチタイム 11:00~14:00)

定休日:木曜日(祝祭日除く)

HP:http://ohdoucafe.com/index.html


大きな地図で見る

いずはこねふれあいフェスタ2012

2012 - 11/20 [Tue] - 15:21

こんにちは。スタッフの落書きっ子です!

突然ですが、みなさん普段から電車には乗られていますか
私は通勤に、遊びに行く手段に、大変お世話になっている乗り物です。
主に移動手段は電車とバスよ!なんて方も多いかもしれません
そんな電車とバスのスペシャルイベントが、11月23日(祝、金)に行われます!

2_20121119180527.jpg 1_20121119180605.jpg

『いずはこねふれあいフェスタ2012』

日時・11月23日(祝、金)9時半~15時(最終受付は14時までとなります)※雨天決行
参加費用・無料(一部有料イベントあり)
場所・伊豆箱根鉄道本社(三島市大場駅下車徒歩5分)
イベント内容・沼津市よさこいチームぬまづ熱風舞人によるよさこい実演、
IZU・WORLD みんなのHawaiiansによるフラダンス実演、沿線観光協会・
他社交通事業者の特別出店、ミニ電車、バス・電車の洗車・乗車体験、
福祉タクシー車両の展示、南箱根十国館スイーツ販売、
ペンギンも来る伊豆・三津シーパラダイスの移動水族館、鉄道グッズ販売、
バスに落書きができるらくがきバス、天城温泉の足湯体験、バンド演奏、
各種ゲームやフード販売、空クジなしの抽選会など




いずはこねふれあいフェスタは年に一度行われるイベントで、【10月14日、鉄道の日】を記念して1995年から毎年行われています。
2004年に台風の影響でイベントが中止になってしまったため、2005年からは11月のこの時期に開催されるようになりました。
ミニ電車が走ったり、電車運転室の乗車体験や記念撮影など楽しい企画盛りだくさんの内容となっています。
大場駅すぐ近くにある伊豆箱根鉄道本社が開催場所となります!
伊豆箱根鉄道本社敷地内には電車工場とも呼ばれる大場工場があり、ここでは神奈川県内を走る駿豆線、大雄山線のすべての鉄道車両の検査、修繕、改造が行われているんです。


実はアイラブみしま事務局も、大場駅すぐ近くにあるため私達も毎日伊豆箱根鉄道を見ているんです。
そんなに大きい工場があったなんて驚きです


「大きくなったら電車の運転手さんになりたい。バスの運転手さんになりたい。」
そんな素敵な夢を持つちびっこ達もたくさんいるのではないでしょうか?
どうやって動くの?この部品は何?などの疑問もこのイベントで解決です。
もちろんちびっこだけではなく大人も楽しめます!

電車
(画像はゆうゆうネット伊豆HPより転載)

当日は画像のようにミニ電車が走りますよ~!
これにはちびっこ達だけでなく大人だってわくわくしちゃいますね
お一人でも親子でも友達同士でもとっても楽しめる事間違いなし!
そしてそして思いっきり遊んだらお腹も減りますよね?
ご安心下さい!そんな時は同時開催される“駿豆線沿線4市町物産市”でおいしいものをGETしちゃって下さい!

三島っ子にはおなじみのみしまコロッケや、伊豆市のB級グルメ米粉を使ったTHIS伊豆LOVEバーガー、伊豆銘菓の出口の黒玉つかみ放題、函南町の猫踊りキャラしろにゃんの肉球パンと肉球っきー、伊豆の国市から小坂みかん、柿の販売、6店舗の温泉まんじゅう詰め合わせ、源氏ボタルよりともくんグッズの販売などなど、近隣のおいしいものや、楽しいグッズが集まります!

※当日は駐車場がありませんのでバスや電車の公共機関をご利用下さい!


各地でも電車フェスタは数多く行われ、電車好きな方達が詰めかけています。
通常入れない運転室や車掌室に入れたり、主制御機器操作体験、鉄道部品展示やグッズの販売などその場でしか味わえない魅力で溢れています
この機会にぜひ体験しに行かれてみてはいかがでしょう?


********

いずはこねふれあいフェスタ2012

お問い合わせ 
411-8533
静岡県三島市大場300
伊豆箱根鉄道(株)業務管理課(977-1201)
受付時間 8:30~17:30(土・休日を除く)
HP http://www.izuhakone.co.jp/railway/

上記の大きい画像はこちら

いずはこねふれあいフェスタ2012
いずはこねふれあいフェスタ2012駿豆線沿線4市町物産市



大きな地図で見る

- 煮込みハンバーグのえちぜんや -

2012 - 11/19 [Mon] - 17:00

以前ブログで開店をお知らせした、煮込みハンバーグのえちぜんや
IMG_7117.jpg IMG_5984_20121119163434.jpg

とうとうランチにお邪魔することができましたので、ご紹介します。

24年間営業していた街、静岡市を離れ、ここ三島に移転してきたのが8月の終わりのこと。

開店から約3か月。
12:00過ぎにお店に到着すると、お店は既に満席状態!

それもそのはず、サラダ・スープ・ハンバーグ(または週替わりメニュー)・デザート・コーヒー(おかわりOK!)、ライス大盛り無料までついて、880円は破格のお値段です!(オープン記念価格とのことです)
CIMG8638.jpg

今回伺った際のランチメニューは
・2日間煮込んだデミグラスソースが自慢の煮込みハンバーグランチ
・牛蒡,蓮根,大根を使用した、根菜ハンバーグランチ(週替わりメニュー)
から選ぶことができました。

ディナーには、ピザやエスカルゴのグリーンバター焼きなどのサイドメニューとビール・ワインなどお酒も用意されています。
IMG_7069.jpg

洋食屋さんではありますが、これはついつい長居してしまいそう


看板メニューの煮込みハンバーグ。
IMG_7088.jpg IMG_7094.jpg IMG_7097.jpg

2日間煮込んだデミグラスソースはこってり濃厚なのかと想像していたのですが、あっさり、さらりとした味わい。
オーブンで焼いたデミグラスソースの香ばしい香りと、とろけたチーズが、ジューシーな肉汁のハンバーグと一体となって、おいしい!
くどくないので、どんどん箸が進んでしまいます。
お野菜もたっぷり、パスタも一緒に煮込まれているのでボリュームも満点ですよ。

一方、週替わりメニューの根菜和風ハンバーグ。
CIMG8614.jpg CIMG8616.jpg CIMG8618.jpg

薄くスライスし素揚げされた牛蒡、おろし大根、パティに練りこまれたゴロッとした蓮根による、それぞれの食材の触感の違いも楽しめる、あっさりヘルシーな一品でした。

そして食後のお楽しみ、ブラマンジェ。
IMG_7104.jpg IMG_7109.jpg

白を基調とした店内は、センスの良い小物がシンプルに飾られており、秋の暖かい日差しが気持ちよく差し込む、明るくて落ち着いた、いつまでも談笑してしまいそうな空間です。
IMG_7099.jpg IMG_7071.jpg IMG_7113.jpg
IMG_7111.jpg IMG_7081.jpg IMG_7073.jpg

まだオープンしたばかりのお店ですが、これからもっともっと三島の皆さんに愛されるお店となるでしょう!

ご馳走様でした

/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*
えちぜんや

営業時間 11:30~14:00
     17:00~20:00(ラストオーダー)

定休日 月曜日・第3火曜日

住所 三島市北田町6-4

電話番号 055-976-4658

【御礼】お歳暮セット完売のお知らせ

2012 - 11/16 [Fri] - 10:00

この度、三島ブランドアイラブみしまキャンペーンがタイアップして販売していた、
オリジナルお歳暮セットですが、大変ご好評をいただきまして、
全セット完売となりました


お歳暮表


     - 三島ブランドとは -


 三島における「特産品」や地域素材・
 技術を活かした「隠れた逸品」、
 魅力ある「観光資源」など全国に誇り
 得る三島の優れた資源を発掘し、
 それらを地域ブランドとして
 三島商工会議所が認定したもの。



当初販売を予定していた限定250セットから、さらに増産して販売させていただきましたが、増産分も全て完売、計353セットのオーダーを頂きました!
よって、本日16日10時をもちまして、当初の受付締切日である11月20日から繰り上げ、お歳暮セット販売終了とさせて頂きます。

購入を検討されていた皆様には大変申し訳ありませんが、今後の受付は対応することができませんので、ご了承ください。


お歳暮セットは入金確認後、12月の初旬の発送を予定しております。


お申し込みを頂いた方で、まだ支払いが完了されていない方は、
11月30日(金)
までに、指定の振込先にお振込みいただくか、
アンテナショップ「芝本町Begin」
にて、支払いの手続きを済ませていただきますよう、よろしくお願い致します。

*11月30日までにご入金のない場合は、申し訳ありませんが、お申し込みキャンセルとさせて頂きますので、
ご注意ください!



市内の方々はもちろん、三島市外の皆様からも非常に多くのご注文を頂きまして、誠にありがとうございました!!!
三島を愛する皆様の気持ちが、お歳暮を贈られた方々に届きますように

秋の三嶋大社

2012 - 11/15 [Thu] - 15:54

11月15日。

今日は七五三です

素晴らしい秋晴れの下、たくさんの子どもたちが七五三のお参りに来ているのでは…?と、三嶋大社に行ってきました

CIMG8541.jpg CIMG8542.jpg

予想どおり・・・
三嶋大社は、たくさんの家族連れと、
美味しそうな香りを漂わせるたくさんの出店や茶店でにぎわっていて、
世の中ぜんぶで七五三をお祝いしているような雰囲気です

CIMG8543.jpg DSCF3275.jpg


七五三は、子どもの健やかな成長をお祝いし、
これからも元気に育つようにとお祈りする行事ですから、
今日は難しい説明はヌキにして、
かわいい子どもたちの写真をたくさん載せたいと思います。


IMG_7048.jpg CIMG8551.jpg IMG_7052.jpg
IMG_7040.jpg IMG_7045.jpg IMG_7047.jpg
IMG_7037.jpg DSCF3274.jpg IMG_7041.jpg
CIMG8554.jpg CIMG8560.jpg CIMG8555.jpg CIMG8557.jpg
CIMG8558.jpg CIMG8544.jpg CIMG8546.jpg IMG_7044.jpg

ここに載っている子どもたちだけでなく、
日本中の、世界中の子どもたちが、
これからもどうか、元気に、やさしく、たくましく、育っていきますように




秋の三嶋大社、そろそろ紅葉も見頃です。

CIMG8556.jpg IMG_0392.jpg DSCF3266.jpg
IMG_7059.jpg IMG_7039.jpg DSCF3262.jpg


空気が澄んで、空が澄んで、心洗われる良い一日でした。

親のありがたみを感じます。



茶寮 すぎ澤

2012 - 11/14 [Wed] - 17:40

秋が深まってきた今日この頃

心もしっとりと…
『和』の甘味が恋しくなったアイラブスタッフは、
以前から気になっていたお店『茶寮 すぎ澤』さんにお邪魔してきました。


住宅街の細い路地を入ったところにひっそりと建つ、隠れ家的な甘味処です。

IMG_7002.jpg IMG_7000.jpg

看板とまわりのお花たちが和風で相性がよく、
季節が秋ということもありさらに風情があって、
とても落ち着いたいぃ~雰囲気を漂わせています。
なんとも、私たち好みのお店だわ と、心が躍ります。


IMG_7008.jpg

靴を脱いであがる店内は、居心地の良い静かな空間でした。
重厚感ある家具(あえて「家具」と書きます)と、
所々においてある心あたたまる飾り物、
心地よく流れるクラシック。
まるで、素敵なお宅に招待されたような…、安心感をあたえてくれます。

DSCF3241.jpg IMG_0380.jpg IMG_7015.jpg
DSCF3244.jpg IMG_7023.jpg IMG_7009.jpg


お店を始めて15年。
お料理に使われている大粒の小豆は、すべて奥様の手で炊いているそうです。

どれも美味しそうなメニューの中から、私たちはこちらをいただきました。


IMG_7024.jpg
抹茶クリームかんてんあずき
 抹茶の味が濃厚。さっぱり食べられます。
 かんてんは歯ごたえがあり、白玉はもっちり柔らかく。

DSCF3249.jpg
クリームかんてんあずき
 小豆の味が引き立っています。甘さ控えめが嬉しい。
 白玉は大きくてモチモチしてます。

CIMG8507.jpg CIMG8510.jpg
田舎しるこ
 ほどよく塩味がきいていて絶品です。
 大粒のあずきもやわらかくほっこり。
 大きなお餅2個入り。
 ※11月~3月の限定メニューです。

IMG_7031.jpg CIMG8513.jpg
おやき「ひじきくるみ」
 ほかほかで香ばしく、中はしっとり。
 メインのひじきの中にくるみの香りのアクセントがたまりません。

IMG_0385.jpg
特性ココア
 作っている時からお店中に広がるココアの香り。
 お味もとっても濃厚で、クリーミー。


素敵な雰囲気の店内で美味しい甘味をいただいて、
私たちの会話はいつも以上に弾みました

CIMG8517.jpg CIMG8498.jpg

最後にいただいたお茶も美味しかった

心がほっこりするお店です。
皆さんもぜひ、『静かな午後』を過ごしに足を運んでみてください。



********************



大きな地図で見る


茶寮 すぎ澤

三島市安久37-18
055-977-6398
営業時間:12:00~19:00
定休日:日曜日
駐車場あります、3~4台

『熨斗(のし)』の起源を知っていますか??

2012 - 11/13 [Tue] - 17:00

寒くなってきましたねー
皆さん風邪などひいていませんか??

今日は、ちょっぴり生活に役立つ情報をお届けしようと思います
既にご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、
あたたかいお気持ちで読んでいただければ幸いです


大好評だったお歳暮セット。
アイラブみしまスタッフは、お歳暮発送の準備にとりかかっております

受付の時に、
「のしは付けますかー?」 「お名前は入れますかー?」
とお聞きしまして、それぞれに対応させていただいているんですが…、

その『熨斗(のし)』の準備にあたり、
そもそも『熨斗』とは何
ということになり、調べてみましたら、興味深いことがたくさんわかりました

**********

熨斗は、もとは「熨斗鮑(のしあわび)」と言って、アワビが栄養価が高く長持ちするということから、中世には武家の出陣や帰陣の祝儀に乾燥させたアワビが用いられ、戦場の貴重な保存食として噛まれていたそうです。
その熨斗鮑が、祝事や慶事の儀式に高価な贈答品として用いられるようになり、時代と共に熨斗鮑を和紙に包んだ形を「のし」と称し、贈答品に添える風習が確立されたと考えられています。
なので、贈答品が生物(鮮魚・精肉・鰹節など)の場合は一緒にしてはいけないということになっていて、かつお節などにも付けないのが一般的となっています。

(「熨斗と水引」より転載させていただきました)

時代と共に、熨斗鮑を細く切って包んだり、熨斗鮑の代わりに昆布や紙を使うようになったと言われています。
また、「伸ばして平らにする意味の『伸す(のす)』の連用形が名詞化した語」とされる説もあるようです。


なるほどー。
では、現代で言う『のし』とはどれのこと???

nosi.jpg
はい。
図の、赤い丸がついている部分が『のし』だそうです。
確かに、綺麗な紙に何か包まれているような、高級な雰囲気が漂っていますよね。
そう言われてみると…いわゆる『のし紙』や『のし袋』には、
この『のし』がついているものとついていないものがあります。
前述のような使い分けがされているのですね。

**********

そして、その下の、紅白の飾り紐が『水引』ですね。
これにもいくつかの色と形があります。

mizu01.gif
花結び(はなむすび)
結び目が簡単に解け何度も結び直せるとの意味合いから、何度も繰り返したいとの願いを込めて、婚礼以外の一般祝事を初め、お礼・ご挨拶・記念行事などのご贈答に用います。

mizu03.gif
結切り(むすびきり)
固く結ばれ解けない(離れない)ことを願い婚礼関係に、二度と繰り返さないようにとの願いを込めて弔事関係や傷病のお見舞・全快祝い、災害見舞いなどに用いられます。
赤色の部分が、用途によって金色や黒色で使われます。

mizu02.gif
鮑結び(あわびむすび)
結び目が複雑に絡み合っていて、解こうとすれば解けるが容易には解けない意味合いと、互いの輪が互いに結びあっていて長生きと長持ちの印と昔から重宝がられた鮑の形に似ていることから、いついつまでも良きお付き合いをとの願いを込めて慶事と弔事の双方に用いられます。また、その昔「干し鮑」が携帯食として大変重宝がられ、祝儀ものとして大変めでたいものとされたことにも由来しています。
黒色の部分が、用途によって金色や赤色で使われます。

**********

また、「お歳暮」と「お名前」を書く部分のことを『表書き(おもてがき)』と言い、
どんな贈り物か、贈り主は誰か、を記したものですね。

**********


以上のことを総合しまして、アイラブみしまキャンペーンのお歳暮セットの熨斗紙は、
『熨斗を入れずに、水引は花結び』ということに落ち着きました。
表書きについては、それぞれに対応いたします。
心を込めて準備させていただきますね


そして、いろいろと調べてみてわかったことは、
お歳暮セット受付の際、お客様に「のし」についてのお尋ねの仕方を間違っていたということです
大変お恥ずかしいことでした、申し訳ありません。


由来や歴史を知らないと、「なぜこうするの?」という疑問もありましたが、
調べてみるとなかなか面白く、納得なことばかりです

このような贈答マナーの知識が乏しかったアイラブスタッフも、
興味深く勉強させていただきました


ちなみに、こちらのサイトもとても詳しく載っていたので、ご紹介します。
冠婚葬祭の贈答マナー情報「ご贈答マナー」 『熨斗(のし)
冠婚葬祭の贈答マナー情報「ご贈答マナー」 『水引について



お歳暮セットの発送は、12月上旬を予定しています。
全国の皆さま、お楽しみに~



【続報】菊まつり、見ごろです!

2012 - 11/12 [Mon] - 17:00

以前ブログでご紹介した、楽寿園で開催中の『菊まつり』

見頃は11月10日から15日とのことだったので、
またまたお邪魔してきました。


現在の菊の開花状況は五分咲きとのこと!
10月30日に訪れた時と比べると、随分と彩り鮮やかになっていることが実感できました。

このように↓

CIMG7998.jpgIMG_6893.jpg
CIMG8007.jpgCIMG8348.jpg

そして、一番大きな変化が見られた箇所といえば、もちろん菊まつりの名物である、『大型盆景・久能山東照宮』。

以前ご紹介させていただいたときはまだ屋根には緑色しか見えなかったのですが、このように色鮮やかな姿に変化していました!

IMG_0273.jpg CIMG8015.jpg

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

IMG_6951.jpg IMG_6940.jpg

無数の菊に彩られた久能山東照宮の姿は、見事としか言い様がない美しさです。
思わず溜め息が漏れてしまいます。
しかもまだこれで五分咲きとは・・・
満開を迎えたときはさぞかし華やかなことでしょう!


園内はどこにいてもほのかな菊の花の香りが漂い、それだけで心躍ること間違いなし

歩き回るのに疲れたら、
屋台で三島の名産(みしまコロッケ・箱根西麓牛・三島甘藷)に舌鼓を打つもよし、新たに併設された休憩所『桜』『紅葉』でお茶をすするもよし、
はたまた動物と触れ合うもよし。

CIMG8321.jpg CIMG8324.jpg
CIMG8343.jpg CIMG8345.jpg

いつもの入園料でこんなに楽しめるなんて、行かない手はありませんよー

しかも、明日11月13日まで、夜菊鑑賞のライトアップを実施中です。
同時開催の竹あかりイベントも彩りを加えてくれます。

柔らかい光の中に浮かび上がる菊の美しさは、さぞかし美しい事でしょう。

IMG_6918.jpg IMG_6917.jpg

夜菊鑑賞期間中は開園時間を夜21時まで延長しているので(入園は20:30まで)、仕事が終わった後にもゆっくり楽しむことができそうですね

普段あまり目にすることのない、様々な種類の美しい菊を観覧する、
年に一度のチャンスです!

この機会に是非、足を運んでみてはいかがですか?

CIMG8443.jpg IMG_6929.jpg CIMG8330.jpg
IMG_6896.jpg IMG_6922.jpg CIMG8309.jpg


―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
菊まつり

開催期間:10月30日(火)~11月30日(金)
・~11月15日(木):第60回東海菊花大会
・~11月14日(火):栽培技術相談(11月5日/9日/10日は休み)
          菊花、菊苗即売所(11月5日/9日/10日は休み)
・11月7日(水)~13日(火):夜菊鑑賞(ライトアップ)

※休園日:11月19日(月)/26日(月)
 開園時間:10月30日/31日 午前9時~午後5時(最終入園午後4時30分)
      11月1日~30日 午前9時~午後4時30分(最終入園午後4時)
      夜菊鑑賞中のみ、午後9時まで(最終入園は午後8時30分)

その他詳細は、ホームページへ。
楽寿園:http://www.city.mishima.shizuoka.jp/rakujyu/


秋の山中城跡

2012 - 11/09 [Fri] - 13:19

みなさんいかがお過ごしですか?
いよいよ11月に突入し、寒さが増してきましたね。
お日様がでれば過ごしやすいのですが、夜になると寒さで思わず震えてしまいます
そんななか気持ちのいい秋晴れの日、アイラブみしまスタッフは山中城跡地に行ってまいりました!

IMG_2681_R.jpg


以前散策に行った7月に比べまた違う様子が楽しめます。
秋時期も素晴らしいですね!
前回の山中城跡散策のブログはコチラをご覧下さい!Part1. Part2. Part3. 




~ここで山中城についておさらい昔話~

永禄年間(1558年~1569年)に小田原に本拠地を置く、北条氏康によって築城されました。
山中城は北条氏にとって西の守り最重要砦でした。
当初は武田氏にそなえて造られましたが、その後、豊臣氏との関係が悪化してしまい、豊臣秀吉の小田原征伐に備え城域を拡張したとされています。
整備、増築で現在のような箱根旧街道を取り囲む形になりました。
石垣のない完全な土造りになっています。

map.jpg

前回は北側を散策しましたので、今回は上画像赤枠内の南側、岱崎出丸(だいさきでまる)方面に向かいます!
売店の後方から登っていきますよー

CIMG5293_R.jpg

途中【御馬場曲輪】という場所がありますが、写真を撮り忘れてしまったため今回は省略させていただきます。


DSCF3219.jpg DSCF3222.jpg
DSCF3223.jpg IMG_0377_R.jpg

【岱崎出丸】


とても広大な場所で、岱崎出丸だけで普通のお城1城分はあるとも言われています。
岱崎出丸は本丸、西ノ丸と旧街道を挟んだ向かいにあり、
相手軍を挟み撃ちできるような配置になっています。
高台で見晴も良いため城郭で防御、物見の場所として造られました。
畝(うね)と呼ばれる直線上に高く土を積み上げた堀が長く続きます。
この堀は『岱崎出丸一ノ堀』と呼ばる場所。
堀と畝の高低差で相手軍の動きを防いでいたんですね。
一度落ちると身動きが取りにくく、ましてや重い鎧をつけていたらなおさらですね。
見下ろしてみるとその落差が良くわかります。
さらに堀の上には急斜面が続きます。
よく見るとこの堀の向こう側も絶壁に近いほどの急斜面でした。
現在でも不可能に近いであろう事を当時は命がけの戦中、
崖を必死に這い登り豊臣軍は山中城を攻め落としたのでしょう。


またすぐ横には【すり鉢曲輪(くるわ)】という、すり鉢状に勾配のついた場所もあります。
外側から見えないような造りになった岱崎出丸の最先短防備でもあります!
そしてここ岱崎出丸は急遽増築され、完成前に豊臣軍の攻撃を受けてしまった未完成のままの曲輪でもあります!
構築途中という事で大変貴重な城跡とされているそうです。


また山中城跡はいつもとてもきれいに整備されていてます。
いつも気持ちよく来れるのがうれしいですよね。
管理、お手入れをしてくれる方達に感謝ですね


****

さてお話しは変わりますが、この場所は高台にあり見晴も大変良いため絶好の眺望スポットでもあります。
この日はあいにく雲がかかっていましたが、お天気の良い日は富士山も見えますよ~!

IMG_6885_R.jpg IMG_6883_R.jpg 
IMG_6880_R.jpg IMG_6884_R.jpg
IMG_0374_R.jpg IMG_6889_R.jpg
DSCF3217.jpg DSCF3216.jpg

今日は真っ青な空、沼津市街地、駿河湾が見えました


こんなお天気のいい日はドライブもかねて走り、山の中で思い切り遊びたいものです。
そして秋といえば忘れてはならないのが紅葉ですね!
山の木々の紅葉はもう少し時間が経ってからが見頃かと思われます。


DSCF3226.jpg DSCF3228.jpg

しかしながら、一ノ堀の上に1本だけ素晴らしいもみじを発見しましたよ。
黄緑、黄、橙、赤と見事なグラデーションです。
真っ赤なもみじとまではいきませんが、徐々に色づいていてとても綺麗でした。
堀の中に赤いもみじが散っているのもいいものですね。

食欲の秋、読書の秋、色々な秋がありますが、紅葉の秋もいいかもしれません。
自然の中に秋を感じに行ってみてはいかがでしょう?





山中城跡


所在地 静岡県三島市山中新田字下ノ沢ほか
お問い合わせ 三島市環境協会 055-971-5000
三島市商工観光課 055-983-2656



大きな地図で見る




富桜祭にいってきました!

2012 - 11/08 [Thu] - 16:00

11月2日~4日の間に開催されていた、日本大学国際関係学部・短期大学部の文化祭『富桜祭』にお邪魔してきました。

*写真は全てクリックで拡大表示されます
IMG_6721.jpg

今年度の開催で第62回を迎える富桜祭。

毎年テーマを決め、それに沿った文化祭を展開されているそうで、今年度のテーマは"Connect"

学生同士はもちろん、市民と学生、三島市と日本大学とが、富桜祭をきっかけに結ばれていき、
繋がりを深められる様な学園祭にしたいという思いからこのテーマに決定されたそうです。


IMG_0296.jpg IMG_0297.jpg

会場内は学生達による模擬店が延々と軒を連ね大賑わい!

IMG_6781.jpg IMG_0314.jpg
IMG_0304.jpg IMG_0298.jpg IMG_6736.jpg

出店で定番のクレープ、焼きそば、チュロス等はもちろん、トッポギ、ドイツソーセージ、パエリヤなど、あれもこれもと目移りしてしまうほど、多国籍な料理を楽しむことができました。

DSCF2991.jpg DSCF2985.jpg DSCF2984.jpg
DSCF2983.jpg DSCF2982.jpg IMG_0313.jpg
IMG_0316.jpg DSCF3018.jpg DSCF3011.jpg

各店に売り子さんが元気に声を上げながら料理を売り歩いているのも印象的でした。
その勢いに釣られて、お腹いっぱいなのについつい買ってしまうことも...
ごちそうさまでした!

IMG_6760.jpg IMG_6771.jpg

野外ステージでは各サークルによる演奏やダンス、パフォーマンスが繰り広げられ、たくさんの歓声があがっていました。

IMG_6731.jpg IMG_6735.jpg
IMG_6745.jpg IMG_0323.jpg


中でも一番の盛り上がりを見せていたのが、Mr.Ms.コンテスト。
学校を代表する美男美女を決定するだけあって、学生たちの注目度も高かったのではないでしょうか?


IMG_0319.jpg IMG_6773.jpg
IMG_0324.jpg IMG_0325.jpg


男女8人の出場者たちのアピールを、歓声やら愛のある野次やらで出迎えている会場を見ていると、自分の学生時代もこんな感じだったな、などと懐かしい思いに駆られました


IMG_6842.jpg
IMG_6850.jpg IMG_6852.jpg
IMG_6846.jpg IMG_6847.jpg
IMG_6841.jpg

ネットによる投票も行っていたようで、結果発表は11月9日とのことです。
果たして栄冠は誰の手に?!



この他、屋外の会場では地域物産展が開催されており、三島市(みしまコロッケ)をはじめ周辺地域である沼津(干物)・御殿場(ポークカレー)の特産品が販売されていました。

DSCF2996.jpg

なかでも印象的だったのが、「なじょにかなっぺ」さんの出店。

IMG_6753.jpg

沼津駅北口にある商業施設BiVi内で営業中のこのカフェは、東日本大震災からの避難者をはじめとしたスタッフが、震災時に被災者のお腹を満たしてくれたコッペパンを美味しいサンドイッチにして提供し、避難されている方と地元の方の「絆」を築くための交流スペース。

店舗だけではなく、沼津を中心に様々なイベントへ精力的に参加・出店されている様で、この日も学生に負けず劣らず元気にコッペパンを提供してくださっており、まさに"Connect"を体感した瞬間となりました。

さて、学園祭は演芸だけでは終わりません。
校舎の中へお邪魔して、ゼミやクラブの展示も拝見させていただきました。

IMG_6785.jpg IMG_6784.jpg
IMG_6790.jpg IMG_6791.jpg
IMG_6804.jpg DSCF3025.jpg
IMG_6817.jpg IMG_6829.jpg
IMG_6808.jpg IMG_6807.jpg IMG_6806.jpg

日頃の活動の成果を発表する場とあって、どの展示も工夫が凝らされており、楽しみながら観覧できました。

展示もさることながら、我々アイラブスタッフは久々に入る校舎にテンションUP

IMG_6788.jpg IMG_6835.jpg

ノスタルジックな気分に浸りながら、銀杏並木を帰路に向かう、
ちょっとセンチメンタルな秋の一日となりました。

::::::::::::::::::::::::::::
日本大学国際関係学部・短期大学部
〒411-8555
静岡県三島市文教町2-31-145
電話:055-980-0801(庶務課)
三島駅北口校舎
〒411-8588
静岡県三島市文教町1-9-18

1月オープン!伊豆フルーツパーク

2012 - 11/07 [Wed] - 10:25

現在建設中の、「伊豆縦貫自動車道」

既に、東名沼津ICから、三島塚原ICまでが開通しており、
静岡県東部地域の新しい交通網として活用されていますね。
市街地の渋滞を通らずに沼津~長泉~三島の移動が可能になり、
日頃から利用されている方も多いのではないでしょうか。
また、伊豆方面に遊びに来るたくさんの観光客の皆さんの主要ルートでもあるかと思います。

そして、来年夏の三島塚原ICから函南塚本ICの開通に合わせて、
三島塚原IC周辺では、いくつかの観光施設の計画があります。


その中でも、今回私たちがおじゃましてきたのが、こちら!
2013年1月19日(土)オープン『伊豆フルーツパーク』です!

愛知県蒲郡市にある、「蒲郡オレンジパーク」さんが運営します。

561066_357527704331569_1646396362_n.jpg
(ロゴは伊豆フルーツパークさんのFacebookからお借りしました)

「伊豆フルーツパーク」は、
様々なフルーツ狩りが楽しめる観光農園
団体客が利用できるレストランの大型ドライブイン
地元名産品などの土産販売など の複合施設としてオープンする予定です。

場所は、三島塚原ICと国道1号線との交差点のすぐ近く。
伊豆・箱根地域への新たな玄関口としても多くの集客が見込まれており、
そのお客様がさらに三嶋大社や源兵衛川など三島の中心地に立ち寄ることも期待できます。
今後の三島の発展に大きく貢献する施設となりそうです!



工事中の現場を取材させていただきましたので、ご紹介しますね


まずこちらが、レストランと売店などが入るメインの建物です。
この日も着々と工事が進んでいました。

CIMG8115.jpg

建物内は、今でこそ所狭しと建設資材が置いてありますが、
完成すると、広々と開放感あふれた空間になりそうな予感です

CIMG8097.jpg CIMG8092.jpg

↑写真左側のあたりはレストランになるそうですが、
大きな窓は北西に面していて、晴れた日には富士山が一望できます
素晴らしい景色でお食事を楽しむことができますね
この日は雲が多く、愛鷹山までが見えてました

CIMG8094.jpg

三島市外にお住まいの皆さん、富士山は、
このネットの向こう側の木のさらに向こう側の山の右上あたりに見えますよ~。

このレストランは、なんと1000席もの予定で、
駿河湾特産のしらす・桜えび、そして東伊豆特産の金目鯛などを使った
『釜飯』をメインにお食事を展開していくそうです。
想像しただけでも美味しそうですね~


CIMG8093.jpg CIMG8092_20121106110122.jpg

こちらは売店のフロアーです。
どの面も窓が広く、明るい印象でした。

その場で焼いて販売するチーズケーキや、
駿河湾のとれたて桜えびを使って焼くえびせん
JAさんと協力して地元の農産品など、
魅力的なお土産がたくさん並ぶ予定だそうです!



そして『伊豆フルーツパーク』のメインであるフルーツ狩りは、
季節に応じて、イチゴメロンみかんが提供されます。

1月19日のオープン時には、イチゴ狩りが楽しめるそうですよ。
既にビニールハウスの中では、水耕栽培でイチゴの苗が育っていました。

CIMG8102.jpg CIMG8104.jpg
CIMG8108.jpg CIMG8110.jpg

伊豆地域で大人気の「紅ほっぺ」、静岡生まれの「章姫」、愛知県生まれの「ゆめのか」の3種類を味わえます。

イチゴの季節が終わる頃、ビニールハウスは徐々にメロンに移行していきます。
「イチゴのハウス」と「メロンのハウス」があるのだと思っていましたが、
なるほど~、一つのハウスを上手にローテーションして使うのですね


CIMG8099.jpg

また、春になったら、蒲郡からみかんの木を持ってきて、植えるそうです。
入口のすぐ右手です。
「水はけが良ければ美味しいみかんが育ちます!」と担当の勝田さんがおっしゃっていました。
楽しみですね


CIMG8095.jpg CIMG8098.jpg

ここからの眺めは最高
駿河湾だって見えちゃいます。
大きな駐車場も用意しますよ。



そして最後に、担当の勝田さんに、三島の印象を伺いました。
(勝田さんは蒲郡にお住いです。)

 とってもきれいな街でびっくりしました!
 ノスタルジックな雰囲気ですよね。
 三島の鰻もいただきましたよ。
 桜家さん、高田屋さん、どこも美味しいです!
 せっかく三島の水できれいになった鰻なんだから、
 白焼きとかもっと食べられるといいですよね。
 伊豆名産のワサビもあることですし。
 商店街も活発でびっくりしました。
 老舗の専門店がいろいろあって、面白い。
 ぜひ子どもを連れてきて見せてあげたいです。

ということで、勝田さんは三島をとても気に入ってくださっているようです


三島の新しい観光地として、
『伊豆フルーツパーク』が賑わいますよう、
アイラブみしまキャンペーンでも応援してます

1月のオープンがますます楽しみになりました



*******************


伊豆フルーツパーク
三島市塚原新田字舟ヶ久保181-1(現在建設中)
facebookはこちらです

第57回秋の三島大通り宿場まつり

2012 - 11/06 [Tue] - 17:40

文化の日の11月3日、『第57回三島大通り宿場まつり』が開催されるということで、私たちアイラブスタッフも参加してきましたー
(ラーメンマップ作成のためアンケートに答えてくださった方、お歳暮のチラシを受け取ってくださった方々、ありがとうございました

当日、大通り商店街と呼ばれる広小路駅の踏切から大社町西交差点約700m歩行者天国となり、まつりは大賑いでしたよ~

CIMG8186.jpg CIMG8185.jpg

専用駐車スペースがないながらも、
次々と溢れるように人が集まる様は以前の三島宿を見ているかのよう。
その昔、伊豆の中心地として栄え、
さまざまな地域の文化や産業の交流地点として賑わっていた三島宿。
まつりをキッカケに、三島のメインストリートである大通りの活気が更に増していけたら良いですね
なんて目的のもと、毎年開催されております


三島大通り宿場まつりはイベントが目白押し

・秋の雅 花嫁道中
・三島甘藷スイーツ販売
・うちのわんこ フォトコンテスト
・仮装フォトコンテスト(ハロウィンパレードinみしま2012)
・飛龍高校三島スクール『和太鼓同好会』による和太鼓の演奏
・三島北中学校吹奏楽部による演奏
・みしまサンバの踊り大会
・自治会有志による『三島シャギリ』の演奏
・木工体験
・山田野菜市
・毎土あり市
・Eco-1グランプリ
・ワゴンセール
・三島ブランド販売
・マジックショー、猿回し、ジャンボ落書き、輪投げ、竹鉄砲作り、スタンプラリー
・白バイの展示と写真撮影
・さまざまなアーティストによる路上ライブ                   などなど

色々な場所でイベントが催され、多くの出店が所狭しとひしめき合っていました。
目移りしている間にイベントが終わってしまったり、商品が売り切れてしまっていたり

CIMG8218.jpg CIMG8190.jpg 121103_1323~001
CIMG8210.jpg CIMG8207.jpg DSCF3141.jpg
CIMG8200.jpg CIMG8197.jpg 121103_1315~004


そんな多くのイベントが催されるなか、私たちは『第3回Eco-1グランプリ』へ。
受付時間が迫るにつれ、老若男女が列をなしていました

DSCF3109.jpg CIMG8251.jpg
CIMG8239.jpg CIMG8240.jpg

5つの団体が各々エコ料理を作り、来場者に対してエコ料理を無料で振る舞います。
来場者には『味・見た目』と『簡易性・環境への効果』というエコの2つの観点から評価・投票していただき、グランプリを決定するというイベントでした。

投票は計3回行われ、それぞれ先着50名のみ試食・投票することができるとあって、受付開始前から聞きつけた人達が殺到
イベントは大盛況でした
ちなみに、優勝は『チーム シュフゴン 2012秋』の『ヘルシーぎょうざでよろコンブ』。

CIMG8262.jpg

主婦ならではの視点、そして、工夫され手の込んだ味
勿論、他のエコ料理も美味でしたよ~。
私は最後までどこに投票するか悩んだほどです
(実際に感想欄には、『悩みに悩みました。』と記入してました


他にも丹那酪農大国『オラッチェ』、おふらんす、福太郎、グルッペなどなど。
紹介し尽くせないほどのブースが立ち並び、
食以外にも佐野美術館や三島暦の館の方々、
年賀はがきの販売やタスポ発行の案内もしていましたよ~。

きっと私たちの知らないところで、この他にもさまざまなことがなされていたでしょう。
来年訪れた際には、また新しい発見があるかもしれません。
実は一度も行ったことがない…なんて方も、来年こそは是非参加してみてください。

活気ある商店街。
そこは心躍る素敵な場所でした。


三島ブランド列車でGO!!

2012 - 11/05 [Mon] - 17:54

みなさん週末はいかが過ごされましたか
三島は各地でイベントが盛りだくさんでしたよ!
その内の一つをご紹介します!
11月2日(金)に行われた、電車で宴会!『三島ブランド列車でGO!』の様子をお届けします!


三島ブランド列車でGO!とは三島商工会議所企画による、伊豆箱根鉄道三島~修善寺間を往復する中で三島ブランド弁当に舌鼓を打ち、三島のお酒を飲みながら電車内で宴会をしちゃおう!という素敵なイベントです。

IMG_0331_R.jpg DSCF3033.jpg
 


当日は早くから沢山の人達が集まっていました。
18時過ぎに三島ブランド列車が駅に到着!
みなさんとても楽しみにしている様子が伝わってきます!
足早に改札を通り、各々自分の席に着くと、18時寺半に三島駅を出発です!

DSCF3034.jpg CIMG8140_R.jpg CIMG8131_R.jpg


普段乗っている電車も宴会場となると雰囲気は一変!
今日は優先席だってありません(笑)みんなでおいしく楽しく盛り上がりましょう!


三島商工会議所の諏訪部敏之会頭の音頭で全員で乾杯!!
乗客134人、往復2時間半の大宴会が始まりました。

IMG_0350_R.jpg IMG_0351_R.jpg


「かんぱーい!!ゴクゴク・・プハ~」みなさんいい飲みっぷりです。
今回用意されたお酒やお弁当は三島ブランドのものばかり!
まさに三島市民のための三島尽くしの宴会となりました。

今回用意されたお酒は以下の通りです

三島甘藷を使って造られた芋焼酎【チットラッツ】

箱根西麓ニンジンで造られた焼酎【きゃろっ娘】

三島馬鈴薯を使用した芋焼酎【アクアビット】

三島の美しい水を使用した清酒【せせらぎ三嶋湧水】

この試飲会を機にご自分のお気に入りの一本が見つかるかもしれませんね!
さらに伊豆の国市韮山にある『蔵屋鳴沢の地ビール』は飲み放題という
お酒好きにはたまらないラインナップですね


おいしい故に次々におかわりの注文が入るのであっという間に減っていきます!
商工会議所スタッフさんも大忙し!

CIMG8128_R.jpg DSCF3048.jpg

けれどもおいしそうに飲む姿は見ていて気持ちがいいですね!


*****

楽しい列車の旅は丸山さん、山口さん、小野さんという3人の運転手さん、車掌さん達によって進行が進みます!
いつも安全運転ありがとうございます。
ここで普段の車内アナウンスでは聞けない、三島ブランド弁当のアナウンスが(笑)
三島ブランド弁当は桃中軒でこの日のために特別に作られたオリジナル弁当です~
おいしそう!
CIMG8156_R.jpg CIMG8165_R.jpg



三島ブランド弁当

上段から
左・箱根西麓牛のやわらか煮
真中・かまぼこ、漬物、農兵漬け
右・みしまコロッケ

中段
左・三島大根、こんにゃく、はんぺんのおでん
真中・箱根みしまポークのチーズカツ
右・恵比寿豚の野菜巻きと三島甘藷羊羹

下段
左・生ハム巻、海苔巻
真中・日の出玉子焼き、粕漬け
右・生ハム巻、海苔巻


三島のおいしいもの盛りだくさんのお弁当を食べながらお酒も進み、話に花が咲きます。
普段もぜひ販売していただきたいですね!


そういえば、揺れる電車の中でお酒を飲んでこぼれないの?
そう思った方もいるかもしれませんが、ご安心下さい!
なんと机にドリンク用ホールがあるのです!

CIMG8160_R.jpg IMG_0356_R.jpg

これは伊豆箱根鉄道の車掌さんのアイデアによるもので、長机の上に特製の板を付け、
さらに机が動かないように固定もされています。すべて手作りだそう!
この発想が素晴らしいですよね。



伊豆箱根鉄道ではこの他にも企画電車が盛りだくさん!
三島ブランドなどをもっとたくさんの方に知ってもらえる企画が増えるといいな~♪

夏にはビアガー電車(今年で3回目)が運行、
そして今週9日(金)と来週16日(金)には中伊豆ワイン電車が走ります!
参加してみたいなという方詳しくはこちらをどうぞ☆



このイベントに参加されたのは三島商工会議所会員の他に、
仲良し女性グループや会社帰りのサラリーマンなど様々。
停車駅が決まっているためホームで夜風にあたりながら酔いを醒ます姿も!


DSCF3045.jpg

CIMG8173_R.jpg CIMG8174_R.jpg

これから寒さがより一層厳しくなり、お酒がますますおいしい季節になりますね
いつもとは一味変わった集いもいいかもしれません。
皆さんもぜひ企画列車に乗ってみませんか?


三島商工会議所

住所:〒411-8644 三島市一番町2番29号
TEL:055-975-4441
FAX:055-972-2010
HP:http://www.mishima-cci.or.jp/



伊豆箱根鉄道

HP:http://www.izuhakone.co.jp/



週末の予定は決まってますか?

2012 - 11/02 [Fri] - 16:18

皆さんこんにちは

今日も気持ちのいい秋晴れでしたねー

朝はこんなきれいな富士山が見えました!

CIMG8091_web.jpg


さぁ、行楽の秋真っ盛り
皆さんはこの週末、どこかへ出かけますか??

もしまだ予定を立てていないという方、
三島市でもたくさんのイベントが開催されますので、ご紹介しまーす



日本大学国際関係学部 富桜祭
11月2日(金)9:30~18:00
  3日(土)10:00~18:00
  4日(日)10:00~15:00

場所:日本大学国際関係学部
May J.のライブを初めとしたステージイベント、
たくさんの模擬店、さまざまな展示など、盛りだくさん!!


秋の大通り宿場まつり
11月3日(土・祝)11:00~16:00
場所:大通り商店街
毎年恒例、秋の歩行者天国!
広小路駅前踏切から大社町西交差点まで。
アイラブみしまでも、
キャンペーンのPRとラーメンマップのアンケートのため参加いたしまーす


第26回箱根の里まつり
11月4日(日)10:00~14:00
場所:三島市立箱根の里
餅つき体験をはじめ、模擬店、バンド演奏など!
ウォークラリーやフリーマーケットも開催。
こちらもご参考に https://www.at-s.com/event/detail/105135.html


せせらぎの街 ゴミ拾いツアー

11月3日(土・祝)9:00~10:00
場所:JR三島駅南口広場~三島市役所
美しい街は市民の皆さんのご協力もあって成り立っているんですね。


図書館文学講座第5回 「玉沢妙法華寺の一瓢上人と俳聖小林一茶」
11月3日(土・祝)14:00~16:00
場所:生涯学習センター3階・講義室
ふるさと文学の作家や作品について楽しみながら教養を深めましょう。



どうでしょう??
行ってみたいイベントが見つかりましたか?

皆さん、楽しい週末をお過ごしくださいー



光安寺 パート2

2012 - 11/01 [Thu] - 17:28

こんにちは!日の出町にある光安寺、
パート1では【地蔵菩薩座像】と【板碑】についてお届けしました!
(ブログはこちら☆)
今回は金色の光を放つ『阿弥陀如来像』についてお伝えします!


光安寺境内に堂々と鎮座する『阿弥陀如来像』!

IMG_0256_R.jpg IMG_0257_R.jpg


樹齢何百年という樹を丁寧に彫り上げた阿弥陀様です!
こちらは京都の仏師によって造られ、今から10年程前の
平成14年3月27日に光安寺に来たそうです。

そして阿弥陀様の肩にかかる艶やかな金色の部分が見えますでしょうか?
本物の布のような柔らかな質感をしていますが、
これは金箔を貼り重ねて造られる切金造り(きりがねづくり)と呼ばれる伝統工芸で、厚さがわずか0,2マイクロメートル(0,0002mm)程の極薄い金箔を慎重に何重にも重ねていくものです。
切金造りの工芸士は阿弥陀如来を造られた仏師の奥様で、
この阿弥陀如来はご夫婦二人で造られ完成したそう。

限られた伝統工芸のため切金造りを受け継ぐ職人も極わずかだそうです
木の温かみ溢れる仏様、絹のようななめらかさと柔い輝きをぜひ見に行かれてみてはいかがでしょう


また【みしまお寺めぐりの会】という、三島のお寺を通して歴史や宝物を感じてもらい、
多くの人に知ってもらうことで、地域の歴史や文化的価値を知ってもらい、お寺を身近な存在にしていく事を目標にされている会があります。
そのみしまお寺めぐりの会の方によって描かれた阿弥陀如来像画が、
三嶋大社前にある一服処ムラカミに飾ってあります。こちらも合わせて拝見したいですね。
三島市内には56もの寺院があるそうで、街の大きさから比較すると京都と同じぐらい密集しているそう。

************

ここで光安寺豆知識!

パート1に書いたように元は真言宗のお寺でした。
1308年(延慶元年えんきょうがんねん)に時宗に改宗し、現在に至ります。

開祖 宥弁和尚(ゆうべんおしょう)
ご本尊 虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)
山号 南朝山
お経 無量寿経、観無量寿経、阿弥陀経、六時礼賛

現在のご住職で46代目になります!


昭和5年に起きた伊豆大震災で倒壊してしまいましたが、
当時の檀家さん達も一丸となり昭和10年に無事再建されました。

また昔はお寺が学校の役割をはたしていたそうで、明治5年(1872年)に小学校ができるまで教育の中心的な場でもあったそうです。
43代目の龍音和尚が明治40年頃、寺内に私立の学校を創設し、
子弟の教育に当たったといわれています。
この学校は後に現三島南高等学校と合併したということです

************



DSCF2965.jpg DSCF2968.jpg
 

そして光安寺では毎年恒例1月15日(小正月)におたきあげ供養を行います!
同日、焼き芋もやります!お近くの方はぜひ遊びに行かれてみては?
1月1日は(大正月)、1月15日は(小正月)といいます。
現在は1年の始まりは1月1日とされています。
しかし大昔は月の満ち欠けで満月から次の満月までを1ヶ月としてました。
よって新月から次の新月までを1か月とする新しい暦とはズレが生じます。
一般庶民の間では古い暦の習慣が抜けず、どちらも祝おうという事で大正月と小正月ができました!
月の満ち欠けと暦のお話は以前ブログでご紹介した『三嶋暦師の館』もぜひ合わせてご覧くださいね!

いつどこで何を基準とするかでこんなにも違いがでてくるのですね~


また大正月には初詣に行ったりお雑煮を作ったりと
1年間健康に安らかに過ごせるよう色々な行事があります!
もちろん小正月にも行事がたくさんあります。
1月1日が正式な正月になると大正月では行われない特殊な行事が中心となったそうです!
その中の一つが光安寺でも行われているおたきあげ(ドンド焼)です!
檀家さん達から集まった位牌用紙やおふだ散華(法要の際に仏を供養するために撒く花)などを火で燃やし供養します!
ドンド焼の火にあたったり、焼いたお団子を食べると1年間病気をしない!
そんな無病息災、五穀豊穣を祈る伝統行事です!

取材に伺った日は丁度ドンド焼で焼く、さつま芋の収穫の日でした!
たくさんのお芋が境内で天日干しされていましたよ

DSCF2961_R.jpg DSCF2962_R.jpg DSCF2960_R.jpg

九州の鹿児島から持ってきたお芋をご近所の方と協力して栽培されています!
ドンド焼の残り火で焼き芋にして遊びに来た方にどーん!っと振る舞うのだそう!
「たくさんありますからぜひ遊びにきて下さい」
そうご住職が仏様のような笑顔で答えてくれました!
ちなみにおたきあげの日は午前9時より法要がありますが、12時前後に焼き芋はできあがるとの事ですよ



DSCF2969.jpg DSCF2970.jpg

また夏休み時期などは宿題に光安寺を調べに来る子共達が多いんです
歴史や宝物などよく聞かれる内容をまとめて資料にして配っていますとの事!
その内容はとてもわかりやすく、伝わりやすいようマンガで説明がされています。
これは大人が読んでも楽しいですよ。

寺院は何となく格式が高いかもしれない、漢字がたくさん書いてあり難しそうなイメージがありますが、とても丁寧にわかりやすく説明してくれます。
皆さんもお寺巡りしてみては?

DSCF2950.jpg DSCF2952.jpg DSCF2947.jpg 




光安寺

静岡県三島市日の出町6-3
055-972-1102


参考資料:光安寺時報、尊観法親王御詠詩歌(光安寺略縁起)


大きな地図で見る







 | ホーム | 

プロフィール

アイラブみしま

Author:アイラブみしま
三島市民みんなが、PR大使。
アイラブみしまキャンペーンPRスタッフが三島市の情報などを発信していきます。

静岡県三島市

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ツイッター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。