FC2ブログ

三島市観光PRキャンペーンブログ

  アイラブみしまキャンペーンのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> スタッフ日記 > 日本各地の高橋さんへ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本各地の高橋さんへ

2012 - 09/05 [Wed] - 15:17

皆さんこんにちは

みなさんも周りにも絶対いらっしゃるだろうと思う
日本で多い姓と言えば...
1位:佐藤、2位:鈴木、3位:高橋 なのですが、

なんと4名中3名
アイラブみしまスタッフもが、2位、3位の姓です

そこで、姓の由来などを調べていたところ
なんと 三島市内に『高橋神社』という神社があることを発見しました

高橋姓が2名居ますからこれは行かねば…と早速取材に行ってまいりました。

場所は…三島市松本298番地

三島市松本の交差点から北へ進むと、
一つ目の信号を過ぎてすぐ左側に松本公民館があります。
DSCF1903_20120906133629.jpg

松本公民館の北側の角を左に曲がります。
CIMG7374_20120906133628.jpg IMG_0012_20120906133628.jpg IMG_5647_20120906133627.jpg
↑高橋神社と書かれた石柱  ↑神社へと続く道      ↑鳥居

DSCF1905_20120906133627.jpg DSCF1906.jpg IMG_5648_20120906134122.jpg

比較的新しい社殿のように見受けられます。
早速お参りをします。
IMG_0017web.jpg

社殿の中を覗いてみると、落ち着いた雰囲気の本殿があり、
高橋神社の文字が見えます。
IMG_0021_20120906135710.jpg IMG_0022.jpg


案内板には、
『御祭神の岩鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)は、
 第十二代景行天皇の叔父に当たり、
 その子孫は代々大膳式(宮中の食事を司る職)の長官として宮中に使えた。
 天武天皇の御代に高橋の姓(かばね)を賜り、
 以後高橋姓を名乗ってきたその一族がこの地に住み、
 祖神を祀ったのがその起源である。
  その後の由緒については、ほとんど伝わらないが、
 現在の社殿は寛永元年(1624)の再建と伝えられる。』

と書かれています。

IMG_0016_20120906135709.jpg

高橋姓には、二つの系統があり、
高橋という地名からとった場合も多いそうです。
この「高橋」という地名が神社との関わりが深く、
長野県の諏訪大社で6年に1度行われ奇祭と呼ばれる「御柱祭」などもそうですが
「丸木橋を立てると柱になる。」その柱を
「天と地を結ぶ高い柱(ハシ)」とし、神の降臨を願う場所
から地名→名字と転じたようです。

という訳で、三島の高橋神社のルーツである「朝廷の食膳を司る」高橋氏と
奈良の「高橋神社」に関係のある「物部氏族の軍事、刑罰を担当した地名からくる」高橋氏があるそうです。

みなさんはどちらがルーツかかわかりませんが、
三島近くにお住まいの高橋さんなら、
近場の「高橋神社」一度参拝してみてはいかがでしょうか。

IMG_5660web.jpg IMG_5659web.jpg IMG_5662.jpg

CIMG7379web.jpg IMG_5666.jpg DSCF1916.jpg


高橋神社
住所:三島市松本298番地



大きな地図で見る

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://lovemishima.blog.fc2.com/tb.php/243-efb09931

 | ホーム | 

プロフィール

アイラブみしま

Author:アイラブみしま
三島市民みんなが、PR大使。
アイラブみしまキャンペーンPRスタッフが三島市の情報などを発信していきます。

静岡県三島市

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ツイッター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。