三島市観光PRキャンペーンブログ

  アイラブみしまキャンペーンのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> スタッフ日記 > 光安寺 パート1  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光安寺 パート1

2012 - 10/29 [Mon] - 17:29

こんにちは!秋の風が心地よく、お散歩がしやすい季節になってきましたね
これでおもいっきり三島散策を楽しめます
先日、スタッフのみつりんと落書きっ子で日の出町にある『光安寺』に行ってきました。


DSCF2903.jpg DSCF2943_R.jpg


光安寺はもともと三島川原ヶ谷にあった真言宗のお寺だったそう。
その後、時宗二祖真教上人に帰依し、1308年時宗に改宗しました。
また光安寺は【駿河一国百地蔵菩薩霊場】百ヶ所目のお寺でもあります!

DSCF2953_R.jpg


駿河一国百地蔵菩薩霊場とは・・・
静岡市研屋町にあった顕光院の加藤道順師という方が、由緒ある地蔵尊をまとめて巡拝するのが良しとして創ったものです。
地蔵尊の信仰はあついけれども、個々の存在であって一連の関係がないと考え、
自分で巡拝をとげ、御詠歌があるものは、それを使い、無いものには新たに作歌して、駿河一国百地蔵菩薩御詠歌を編集したといわれています。

ちなみに前回ご紹介した言成地蔵尊もこの駿河一国百地蔵菩薩霊場の99ヵ所目に数えられています。
中には100ヵ所すべて回ってきました。なんて方も来られるそうですよ!




こちらには市指定文化財の【鼻取り地蔵(地蔵菩薩座像)】と【板碑(いたび)】があります。



DSCF2908.jpg 

【鼻取り地蔵(地蔵菩薩座像)】

鼻取りとは・・・牛馬を使って田畑を耕す時、牛馬の鼻をとって誘導する事。

このお地蔵様にはこんな伝説がありました。
『昔々、光安寺近くののどかな場所での事。
農繁期の忙しい時期にどの家も田植え仕事に追われていました。
牛馬を使って畑を耕したいが、鼻取りが居ないため仕事がはかどりません。
それはそれは忙しく、お百姓さん達は困り果てていました。
そんな時、どこの誰かも分からない小僧が現れ、慣れた手つきで鼻取りをし、
仕事ははかどりお百姓さん達は大助かり。
日が暮れ、気づいた時にはその小僧の姿は見当たりません!
そんな事が続いたある日、お百姓さん達は小僧の後をつけてみました。
するとその小僧は光安寺の境内に入り、まっすぐ本堂に向かいました。
人々が灯りをともして本堂に駆け込むと畳にはたっぷりと泥の足跡が、
そこに祀られていた地蔵菩薩の象の下まで続いていました。
そう、鼻取り小僧は地蔵菩薩の化身だったのです。
慈悲深いお地蔵様が、正直に一生懸命働くお百姓さん達に手を貸してくれたのです。
それから光安寺のお地蔵様は鼻取り地蔵と呼ばれるようになったそう。』

鼻取り地蔵は『まんが日本昔話の~田植え地蔵~』のモデルになったと
言われています。
昔にテレビで見た!なんて方もいらっしゃるかもしれませんね


像の顔を覗くと何でもお見通しだよそんな顔をしているように思えました。
見る人によっては来る度に顔が違う、そんな印象を受けるそうです。
中には合格祈願や恋愛成就の神様として崇めに来る方もいるそう。
その度に「あっ今渋い顔をしたような、この恋は前途多難なのかしら?」
なんて事もあるかも


私はお地蔵様といえば、石で造られているイメージがありましたが、
鼻取り地蔵は寄木造りでできているんです!みなさんご存じでしたか?
その昔、奈良県春日にいた仏師(仏像などを作る人)が伊豆に来た時に
作ったと言われています。とてもまろやかな、つるんとした光沢があり
安心感を与えてくれます。






IMG_0260_R.jpg

【板碑】

板碑とは・・・
鎌倉時代から安土桃山時代(13世紀から16世紀)にかけてつくられた供養塔で、
死者の追善や後世の安楽を願って、造られました。

石塔の一種で板石塔婆(いたいしとうば)ともいうそう。
光安寺にある板碑は緑泥片岩(りょくでいへんがん)という
緑色の緑泥石(りょくでいせき)や
緑れん石という鉱物のつぶでできている結晶片岩です。

関東地方で多く造られ箱根の西側に残るものは大変珍しく貴重なものなんだそう。


珍しい故に石に詳しい方が、譲って下さい!と訪ねて来ることから、
もともと外にあった板碑を中に入れられたなんてお話しも聞けました


拝殿の中にある板碑、さらにその奥に祀られている本尊の地蔵菩薩座像、
お近くに行った際、ぜひ拝見に行かれてみてはいかがでしょう

さて、パート1はココまで!
パート2では阿弥陀如来像や光安寺の恒例行事をお伝えいたします!


光安寺

〒411-0851
静岡県三島市日の出町6−3
055-972-1102


参考資料:光安寺時報、尊観法親王御詠詩歌(光安寺略縁起)



大きな地図で見る









スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://lovemishima.blog.fc2.com/tb.php/283-4c9f2700

 | ホーム | 

プロフィール

アイラブみしま

Author:アイラブみしま
三島市民みんなが、PR大使。
アイラブみしまキャンペーンPRスタッフが三島市の情報などを発信していきます。

静岡県三島市

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ツイッター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。